先週末開催した、「誕生学サロン」。
親子でいのちの話を聞いてもらいました!
 
「赤ちゃんってどうやって生まれてくるの?」
 
子どものその素朴な疑問に、あなただったらどう答える?!?!
 
 
「コウノトリが運んできたのよ」って答える?
 
それとも「もう少し大人になったら教えてあげるね」といって、とりあえずその場を逃れる?!
 
 
統計では、5歳になるまでに約8割の子が、この質問を親にしてくると言われている。
 
いのちが宿ることは、決して隠さなければいけないことでも恥ずかしいことでもないけど、「どう伝えていいかが分からない」。そんなお母さんが、恐らくほとんどだと思うんだよね。
 
 
実際私も、きちんと伝えたことがなかったので、10歳の時に次男の出産に立ち会った息子は、「赤ちゃんっておなかから生まれてくるんじゃないんだ」とビックリしてた汗
 
 
学校でも小学校4年生になると保健体育の授業で伝えてくれたりはする。
 
けれども、「受精」や「着床」など難しい言葉で伝えられても、いまいちイメージがしづらいよね?
 
だから、自分事として捉えることが出来ず、予期せぬ妊娠予防などに繋がっていないのが現状なんだ。
 
誕生学では、いのちのしくみを知識として知ってもらうのではなくて、動画や赤ちゃん人形を使って、心で体感してもらうことが特徴です。
 
 

 

 

 

大切なのは、知識としていのちの仕組みを知ってもらうことではなく、いのちの重みを知り、そんな大切ないのちを有している自分は、とても大切な存在なんだと感じてもらうこと。
 
子どもたちの感受性って、すごいよね。しっかりと受け取ってくれたよ。

 

 

 

 

 

 

「こどもって、まわりの人にささえてまもられてるんだなって、わかりました」

 

 

 

 

「命はとても大切で、家族が必死にがんばって生んでくれたから、勝手に『死にたい』『自分なんていなくなればいい』と思ってしまってはいけないと分かった。世界中のだれもがだれかに大切にされているんだから、『私は死にたい』『あんな人死ねばいい』なんて思わないで、誰かのために、そして自分のために、たくさん生きていくことがいいと思った。つらい時は、仲間に相談していけばいいし、成長期のことで問題をかかえそうな時は、人はみんなそれぞれ違うものと思っていけばいいと感じた」

 

 

 
 
「みんなの力をかりて自分の命をまもるということを、よく学べた」
 
 
大人からの感想もご紹介しますね。
 
 
 
 
「3、4年生がベストの時期である意味が、しっくりきました。世の中の変な意味の性情報が入る前に・・・もっともだと思います。みかりんがおっしゃるように、自ら出向いてこない子どもたちに伝えていくことの大切さを感じました。毎日のように殺傷事件があったり、命をおとす赤ちゃんや幼児のニュースを見るたび心をいためているので、このような草の根運動が広がっていきますよう願います」
 
「シンプルに、大事なものは大事、あなたの代わりの命はない、私の代わりの命はない、シンプルに伝えて実感していこうと思えた時間でした。ありがとう!」
 
「親子参加できて、改めてよかったと思います。赤ちゃんも産まれる時に頑張っていることもたけしくん(赤ちゃん人形)を通してよく分かったし、みんな祝福されて生まれてきたことが分かる映像があって、子どもたちの理解をとても深まるだろうなあと感じます。表現の配慮がたくさんあったことも、良く出来ているなあと思いました」
 
「自分を大切に思えないとSOSを出せないというのが、非常に心に残りました。SOSを出せるようにしてあげることの大切さを思います。身内には届かない部分を他者に任せること。子どもという生き物はコミュニティで育てるってことですよね。何かあった時に
話してもらえる大人になりたいです。自分自身、自己肯定感が低いことに苦しんできたので、今の子どもたちにはぜひそれを高めて育って欲しいと切望します。とても分かりやすい言葉でのお話に、安心しました」
 
 
 
最後の方の感想にあるけれど
 
「自分を大切に思えないとSOSを出せない」
 
これを私は、自分の経験を通して実感しています。
 
 
「助けて!って言ってっていい」
「なにかあったら大人に相談する」
 
でもね、それは、自分で自分のことが大切だと思えないと、出来ないんだよ。
 
 
だからこそ、知識でもテクニックでもなく、「自分は大切なんだ」「大切にされてここまで育ってきたんだ」ということを体感してもらえる誕生学は、子どもたちの心と身体と未来を守れるプログラムだと思っている。
 
年間800校の学校がこのプログラムを採用してくれているのが、その証だと思います。
 
 
もし、自分の学校でも話して欲しい!自分の主催する会で伝えて欲しい!
そういうご要望があれば、お気軽にお声がけくださいな。
お邪魔してお話させていただきます!
 
対象年齢やプログラム内容など、ご要望伺って対応することも可能なので、お気軽にこちらのフォームより、ご相談くださいー!ハート
 
 
 
 
image
 
 
 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村