断乳?卒乳?悩んだ時に、大切にして欲しいこと。 | 母親失格 自信がなくても親になっていい 子育ての「しんどい」を「楽しい!」「幸せ!」に変えるコツ

母親失格 自信がなくても親になっていい 子育ての「しんどい」を「楽しい!」「幸せ!」に変えるコツ

親になる こわい 不安 自信がない 育児 子育て 妊娠 出産 楽しむ 悩み 相談 東京 カウンセリング 夫婦関係 親子関係

 

 

 
 
こんにちは。
メンタルコーチ 砂羽美佳(さわみか)です。
 
 
我が家の次男2歳
ただいま手足口病真っ最中~。
 
園で流行っていると聞いた翌日にはもらってきたから
流行先取りだなもう!爆  笑
 
 
口の中が痛いらしく
「いたいいたい」と言って食べる事を拒むので
おっぱいが超絶役立ってます。
 
こんな出がらしにおっぱいに
どんだけ栄養があんのかは知らんけどw
少なくとも精神安定的にはめちゃくちゃ役立ってる。
 
1日中コバンザメのようにひっついているので
ただでさえ伸びている乳が
さらに伸びてアレですが
まあ後処置は卒乳してから考えよう。
 
 
ところで授乳していると
いつ断乳するのか?
それとも卒乳を待つのか?
悩みどころだと思います。
 
まあ色んなデータが出ていますが
基本は
 
 
自分たち母子が
一番心地よいカタチを選べばオッケー。
 
 
↑実はこっそり青空授乳中
 
 
 
うちは、現在中1のおにいちゃんも
4歳になる直前まで飲んでました。
 
その日は突然にやってきて
彼が風邪をひいて
おっぱい飲まない日が数日続いたのを機に
いつの間にか卒乳。
 
あまりにあっさり旅立ったので
私の方が「え?もういいの?」と
ドキマギしてしまったくらいなのだけれど
 
まあもう十分に堪能したから
未練が1ミリもなかったのでしょうね。笑
 
 
授乳しているといっても
後半はほぼほぼ精神安定剤のようなもの。
 
彼が1歳から仕事復帰していたのもあって
昼は離れていても全然平気なのだけれど
夜だけは「心の充電!キラキラ」みたいな感じで
ちゅくちゅくすることが長く続いていたけれど
私も何のストレスもなかったのでね。
 
「まあそのうち卒乳するだろう」と呑気に構えていたら
本当にその時が来たら
綺麗さっぱり卒業していったなあ。
 
 
 
ただ、保育園の先生には
2歳頃かな。
「まだ授乳続けています」といったら
渋い顔をされて
 
「せっかくのなななくん(長男)の自立を妨げています」
 
と言われたことがあったので
以来園では授乳を続けていることは言わんでおきました。笑
 
 
むしろ私は、子どもが満足するまで、めいいっぱい与えた方が
気持ち良く巣立っていく(自立していく)と
自身の経験から思っています。
 
母も子もしんどい思いをして
泣く泣く断乳するくらいだったら
堂々とめいいっぱい堪能すればいーよー!
 

↑この時もJYUNYUなう
 
 
ちなみに昔は
 
「1歳を過ぎたら断乳」
 
がスタンダードだったので
お母さんやお姑さん世代は
そんなことを言ってくるかもしれない。
 
でも、今は、色んなデータが明らかになって
2歳かそれ以上まで授乳を続けることを
WHOでも推奨しています。
 
卒乳平均年齢は、なんと4.2歳ですって!
 
日本で「授乳は1歳まで!」とか
言われていたのは、なんだったんだろう、、、。笑
 
 
 
まあ何が言いたいかっていうとね。
 
断乳、卒乳ひとつとっても
100人母子がいたら
100とおりのベストなタイミングと
ベストなスタイルがあるわけです。
 
まわりの目やデータや
常識に振り回されることなく
 
 
自分たち母子にとっての心地よさ。
 
 
これを大事にして。
 
 
 
自分がどうしたいか
どう在ると心地よいか
 
 
いつだって、立ち返るべきはココです。


授乳していることで
子どもの眠りが浅かったりして
母が眠れない事がストレスであるのならば
母子の笑顔のために断乳すれば良いし
自分たちのベストは
自分たちが決めて良いんです。

 
 
私は、授乳がしあわせすぎる時間だし
(しかも今世おそらく最後!)
やっぱりグズった時の最強の救世主なので
 
今回も、「もうオレいいぜ」と
次男が自らパイに別れを告げるまで
ラブラブタイムを存分に堪能しようと思ってまーす!爆  笑
 
 
 
image