子どもが自分の気持ちを言えるようになるには | 母親失格 自信がなくても親になっていい 子育ての「しんどい」を「楽しい!」「幸せ!」に変えるコツ

母親失格 自信がなくても親になっていい 子育ての「しんどい」を「楽しい!」「幸せ!」に変えるコツ

親になる こわい 不安 自信がない 育児 子育て 妊娠 出産 楽しむ 悩み 相談 東京 カウンセリング 夫婦関係 親子関係


テーマ:

こんにちは。

メンタルコーチ 砂羽美佳です。

 

我が家の長男13歳は

自分の意見を主張するのが苦手。

 

「どう思っているの?」 

と、聞いても 
「う~ん」とか 
あやふやな答えしか返ってこないあせる

 

 

せっかちかつ

白黒はっきりつけるのが好きな私は

それがもうじれったくて!

 

ついつい


「話してくれないとなんにも分からない」 
「黙っていられるのが一番困る」 


と、詰めては

余計彼を黙らせてしまうとゆー。

 

完全あかんヤツえーん

 

 


ほんとは分かってるの。

 

そうさせてしまっているのは

私だってこと。

 

彼はなにも考えてないわけでも 

まして自分の意見を持っていないわけでもなくて 

ただ 

「何を答えれば正解か?」 

そう考えてるんだよね。



間違ったこと言って

余計私を怒らせるのもイヤだし

色々言われるも面倒くさい。

 

だから

本音より

 

 

親の求めている正しさや

その場しのぎの言葉を探す。

 

 

 

 

 

 

これを私に教えてくれたのが

5/12に講演をしてくれるこの方でした

 

 

 

大人が正解を捨てないと

子どもは本音を喋れない

 

 

 

もー!もー!

本当にそのとおりだと

最近は気を付けているのだけれど

 

それでもつい前のクセが

頭をもたげがちになる。

 

 

「何を言っても正解だよ」

 

なんて言いつつ

無意識のオーラで自分の正解を押し付けないように

日々修行中です。




今年中学生になった彼。

 

この先どんどん自分の世界が拡がり

親の知らない顔も増えてくるだろう。


でも

 

困った時

しんどい時

友達に相談できない時

 

頼れる最後の砦でありたい。

安全安心の場所でありたい。

 

 

そのためには

私自身がもっと成長しないと!

 

あなたも一緒に

バージョンアップしませんか?ウインク

 

 

 

5/12(日)「みんなの学校」初代校長
木村泰子先生講演会@東京半蔵門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産前産後のメンタルサポート事業を、新たに始めました!
ブログはこちら

 

 

お知らせ
右差し 2,900人が読んでいる!【ブレない自信を育てる無料講座】
イベントの先行案内、メルマガ読者限定特別企画、ブログやSNSには書かない、赤裸々プライベートも
無料メルマガ

右差し 【メルマガ読者時別割引価格】初回限定、体験セッション 

右差し 砂羽美佳プロフィール

 

 

 

↓応援クリックありがとうございます!

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

砂羽 美佳(さわみか)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント