子連れ出勤論争について | 母親失格 自信がなくても親になっていい 子育ての「しんどい」を「楽しい!」「自由!」に変えるコツ

母親失格 自信がなくても親になっていい 子育ての「しんどい」を「楽しい!」「自由!」に変えるコツ

親になる こわい 不安 自信がない 育児 子育て 妊娠 出産 楽しむ 悩み 相談 東京 カウンセリング 夫婦関係 親子関係


テーマ:

●今、ネットを騒がせている子連れ出勤論争。あなたはどう思いますか?

 

 

こんにちは。心理カウンセラーの砂羽美佳(さわみか)です。

 

最初にお知らせ!

 

 

【申込受付中】2/23(土)「どうする?育児とキャリアの両立。人生まるごとキャリアにする秘訣を聞く!」トークショー
Guest:ガミガミ言わなくても勉強する子に育てる!21世紀型教育 かおりメソッド 岩田かおりさん

 

 

さて表題の件。

 

今、ネットで賛否両論渦巻いてますよね。

 

 

 

↑次男出産後、子連れで仕事したり、色んなイベントに参加させてもらってた頃

 

 

 

人それぞれ価値観が違うので、色んな意見があって当たり前だと思います。

 

 

ただ私は、今回のこの論争の発端となった、宮腰光寛少子化担当大臣の視察先 、モーハウスにお邪魔し、社長の光畑さんから直接お話お伺いさせて頂いたことがあるので、「子連れ出勤は子どもにとってストレス」とか、「周りで働く人の気持ちを考えていない」とか、憶測だけで決めつけている意見を見て、とても哀しい気持ちになりました。

 

 

少なくとも、私の見た子どもたちは、接客するママのスリングの中でぴたっとママに密着し、とても幸せそうな満たされた顔していたけどなあ。

 

騒ぐことも暴れることもなく、まわりに迷惑かけるどころか、目じりが下がるような癒しと安らぎを振りまいてくれていた。

 

 

そしてもちろんこれらの事は、社長の光畑さんが、子連れ出勤する当事者はもちろん、そのまわりの従業員、そしてお客様と、すべての人たちの心地よさに配慮したうえで成り立っている場。

 

それを実際に見たことも経験したこともない人たちが、情報の一端だけ捉えてやんややんや言うのも、なんとも浅はかというか。

 

 

部外者の私ですら哀しい気持ちになるのに、光畑社長や子連れ出勤でしあわせを得ている当事者の人たちは、報道のひとり歩きに対し言いたいことがあっても言える場もなく、悔しく、やるせない想いをしてるんじゃないかなと胸中を察します・・・ 

 

 

 

image

↑モーハウスにお邪魔した時の写真

 

 

 

とはいえ、私自身は、子連れ出勤の選択肢があったとしても、保育施設に預けて働くことを選びます。

 

実際2017年6月に次男を出産し、連れて行ける場であれば、仕事先やイベント先に子連れでお邪魔させていただいたり、どうにも預け先がない場合は、先方に都合をお伺いして同伴させてもらったりしたけれども 

基本的には預けて働いています。 

 

 

それは私自身が、仕事と子どもとを切り離して、がっつり集中して働きたい性質だからです。

 

つまりそれが、自分の価値観でありワークスタイルだからというだけであって、どっちが正しい正しくないの話じゃあないのです。

 

 

すべての企業が子連れ出勤を取り入れなくていいし、すべての子を持つ母が子連れ出勤を選ばなくていい。

 

 

大事なのは、この場合で言えば、仕事と育児の両立のための選択肢を増やすことであって、望む人がいるのならば、それが例えどんな少人数であっても、新たな選択の可能性を模索することじゃあないかなと思うのです。

 

 

 

 

 

 

今回のことに限らず、私たちってとかく、ある題材に対して、それは正しいとか正しくないとかの是非を問いがち

 

でも正しさって、立場が違えば変わってくるものなので、それだとどこまでいっても議論って平行線なんですよねえ。

 

 

 

自分の価値観の物差しを押し付けて、相手を否定批判するのではなく、これまでの規範や慣習や常識を少し顧みて、社会に新たな価値観を生み出すにはどうすれいいだろう?と、発展的視野を持つこと。

 

 

きっとこれからの教育に必要だと言われる「考える力」って、そういう力のことを言うんだと思うのです。

 

そして次世代に、より優しく明るい社会を手渡していくのは、そういう創造力なんじゃないかな。

 

 

 

私は子どもたちに、その力を身に付けてもらいたいって思っているけれど、それにはまず、私たち大人がその背中を見せていかなくちゃね。

 

だって子どもたちの意識や思考にもっとも影響を与えるのは、一番身近にいる私たち親だもの。

 

 

 

しかし実際は、 自分の価値観の物差しを振り回したり、エッジの効いた強い言葉で否定批判糾弾することが「影響力を持つこと」だと、
勘違いしている人が多い気がする~ 

はい、もちろん私自身も当てはまることで、気を付けないとそちらに流されがちになるので、常に意識して気を付けねばと思ってます。 



子どもたちに、自分を信じることや諦めないこと、いつからだって成長出来ることを伝えたいなら、まずは自分が成長しつづけること。 

人に一番影響を与えるのは、言葉や知識ではなく、その人の「生き方」だからね。 

そんな自分自身のアップデートの場に、こちらをぜひ使ってもらいたい。

 

 

 

政府の子連れ出勤推進について色々思うとこある方は、ぜひモーハウス 光畑由佳社長のfacebook見てみてね。

 

色々な立場の方が、色々なコメントをされていて、とても勉強になります。

 

 

 

★今後の予定★ 

◆1/26(土)
終了
「しなやかオンラインコミュニケーション」 
プレミアムメンバー限定ランチ会 

◆2月中 
プレママ、妊娠準備中 
子どもが乳幼児のママ向け個別レッスン 
モニター募集予定 

◆2/23(土)子育てはみんなちがってみんないい 
「レインボーマザートークショー Vol.3」
ゲストは ガミガミ言わなくても勉強する子に育てる! 
21世紀型家庭教育を伝える岩田かおりさん! 

 

◆3/31(日)「買い物は投票なんだ」著者 
藤原ひろのぶさんお話会 
NEW

◆3月~ 「しなやかオンラインコミュニケーション」プログラム 
第2期募集予定 

https://www.cloverpub.jp/sawamikaprg/ 

 

 

 

お知らせ
右差し 2,900人が読んでいる!【ブレない自信を育てる無料講座】
イベントの先行案内、メルマガ読者限定特別企画、ブログやSNSには書かない、赤裸々プライベートも
無料メルマガ

右差し 【メルマガ読者時別割引価格】初回限定、体験セッション 

右差し 砂羽美佳プロフィール

 

 

↓応援クリックありがとうございます!

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

砂羽 美佳(さわみか)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント