中1で親と別居、コンビニ飯、ゲーセン通い・・・そんな子育て、ありなの?! | 母親失格 自信がなくても親になっていい

母親失格 自信がなくても親になっていい

親になる こわい 不安 自信がない 育児 子育て 悩み 相談 東京 カウンセリング 不妊 妊活 

●母子家庭、中学からひとり暮らし、コンビニ飯、ゲーセン通い・・・それでもめちゃ自己肯定感高く育っている男の子の話。

 

 

こんにちは。砂羽美佳(さわみか)です。 

 

 

ただいま、小学6年生と1歳児の子育て真っ最中のわたしですが、ほんと子育てって、迷うことの連続ですよね。 


例えば 


どんな習い事をさせたらこの子の将来に役立つのかとか 

子どものやる気を引き出すには、どんな言葉かけをすればいいのかとか 

自分と違う個性の子どもに、イライラしないで済むにはどうすればいいのかとか。 


平成25年に厚生労働省が発表した調査でも、実に7割の人が、子育てに不安や負担を感じているんだそう。 


私もこれまで、さまざまなお母さんのご相談にのってきましたが、なんでみんな迷ったり、悩んだりするのかというと 



「子育ての正解を求めるから」 



子どものために、何をしてあげることが正しいことなのか? 

どう行動したら親として正解なのか? 



・・・でも

 

正解なんて、どこにもないじゃない・・・? 



だって「正しさ」は、己の価値観の物差しで測るものだから。 

価値観が違えば、それぞれの思う「正しさ」も、違ってくるよね。 



そして、子どももお母さんも、ひとりひとりみんな違う。 

有名なカウンセラーさんが書いた本や育児雑誌に書いてある方法が、自分たち母子にも合うとは決して限らない。 


100組の母子がいたら 
100通りの子育てがあっていい。 


そんな風に私は思うの。

 

 

 

 


私の仲間に、すっごいぶっ飛んだ育児をしているお母さんがいます。 

世間一般からはおそらく、「非常識」と後ろ指をさされるであろう彼女の子育て。 

でもね、そうして育てられた息子くんは、とても愛情深くて、とても自己肯定感の高い子に育っている。 



今度そのお母さんと、トークショーをすることにしました!! 



一番は私自身が、彼女の子育てを聞いてみたいってのがあるんだけれど(笑)きっと良い意味で普通じゃない、彼女の母親としてのスタンスを聞いたら

 

「え?そんなんでもいいの?」って

 

気持ちがスッとラクになるんじゃないかなあと思うんです。 


私たちが伝えたいのは 

「正しい子育て」じゃない。 

自慢じゃないが、私も彼女も、世間一般でいうとこの正しさからは、激しく逸脱してますからね。笑 


「正しさ」ではなく

「多様性」。 


「こんな子育てもアリなんだ!!」と、笑って、目からウロコ落としてもらって、「それだったら出来るかも」と、安心してもらうこと。 

それが私たちの目指すゴール。 


片親、母と離ればなれ、コンビニ飯、ゲーセン通い、、、 

いわゆる「子育てのタブー」 


すべてひっくり返します! 



以前、LGBT(セクシュアル・マイノリティ)の方から、「虹色虹」は多様性を示す色だって教えていただいてね。 

国籍、肌の色、性別、価値観、、、いろんな人との違いを、受け容れることを示す色だと聞いて、素敵だなあと思い、今回のタイトルに「レインボー」を入れました。 

子どもがいてもお家で聞けたり、遠方でも参加できるように、オンラインでも参加可能です! 



そもそも子育てに迷うのも悩むのも、恥ずかしいことでも、未熟なことでも何でもなくて 

すべては子どもに対する、からだよね。 

私たちはその愛を、応援します^-^ 


「子育ては、みんなちがって みんないい」 

レインボーマザー トークショー Vol.1

 

 

 

 

 

お知らせ
右差し 登録数2,900以上!読むだけでぐんぐん自信が育つ。ブログやSNSには書かない、赤裸々プライベートも
無料メルマガ

右差し 砂羽美佳がお役に立てること

 

 

 

↓応援クリックありがとうございます!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

 

砂羽 美佳(さわみか)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント