不登校や暴力「困った子」は、まわりの決めつけが生み出す。5/6「みんなの学校」 | 母親失格 自信がなくても親になっていい 妊娠 出産 子育て 育児 母娘関係 解決 相談 東京

母親失格 自信がなくても親になっていい 妊娠 出産 子育て 育児 母娘関係 解決 相談 東京

親になる こわい 不安 自信がない 育児 子育て 妊娠 出産 楽しむ 悩み 相談 東京 カウンセリング 不妊 妊活 母子関係 親子関係


テーマ:

●「困った子」は、「困っている子」

 

 

こんにちは。

情熱ライフ ナビゲーター® 砂羽美佳です。

 

私の大好きな仲間、HSPの方向けのお茶会や交流会を開催している、HSP専門ナビゲーターのますともちゃんが、5/6の「みんなの学校」上映会のことを、ご自身のブログで紹介してくれました!

 

ありがとう!!

 


 

 

不登校の子や、学校が苦手な子の中には、HSPの子もきっと少なくないのではないかなと想像します。

こちらで、大空小学校の元校長 木村先生が、インタビューの中で、物音がすごく苦手な子についてのエピソードを話されているので、是非読んでみて。

 

 

 

 

文中から、木村先生の言葉を引用しますね。

 

 

2006年にできた新しい学校ですが、いわゆる「ややこしい子」への白い目が、地域にありました。子どもは敏感ですから、大人たちの目線から直感で「味方か、敵か」「いっしょにいて安心か、そうじゃないか」を感じます。

 

 

ますともちゃんもブログで書いてくれていたけれど、子どもは、まわりの大人からどう見られているかというのを、敏感に察知します。

 

 

もし、「ややこしい子」が、あなたの学校や園やまわりにいるのだとしたら、それは、まわりがその子に「ややこしい子」というレッテルを貼っているから、「ややこしい子」にしてしまっているのだと、私は思う。

 

 

長男の小学校にもいたのね。

言葉じゃなく、すぐ手が出ちゃう子が。

 

 

でも、その子がどんなに良くなろうとしていても、頑張って頑張って手が出そうになる衝動を抑えようと思っていても、もしまわりが

 

「どうせ●●くんは暴力ふるう子だから」

 

という見方をしていたらどう?

 

 

もしその子がどれだけ葛藤して努力して、衝動を抑えようとしていても、まわりがそういう見方をしていたら・・・

 

「どうせ努力したってムダ」

「自分のことなんてどうせ誰も分かってくれない」

 

そう思って、努力を諦めてしまっても、仕方ないんじゃないかな。

 

 

「わが子を守る」という気持ちから、「あの子は暴力をふるうから、いっしょに遊んだらダメ」「勉強できない子がクラスにいたら、授業が遅れて、うちの子が迷惑する」と言う親御さんもいると思います。私は、大間違いだと考えています。そんなことで、自分の子どもが育つことはありえない。そんな教育をしていたら、その子も他者を否定して、自分を守っていくすべを知る大人になってしまうと思います。

 

 

「困った子」は、「困っている子」

 

大事なのは、排除することじゃない。

 

自分と違う個性や資質の人を、知ること。思いやること。

 

「もしかしたらこういう事情があるのかな?」と、想像すること。

 

そういうやり方を、大人が背中を見せることで、教えること。

 

その子の「やり直し」の力を、信じること。

 

 

大空では、サポーターからの“文句”を受け付けません。そのかわり、どんなに耳の痛い内容でも“意見”には耳をかたむけます。意見には「こうしたい」という主体性があり、未来につながります。文句には、それがありません。文句をどう、自分のなかで意見に変えるのか。ここに地域や社会を変える力があると思います。

 

映画をご覧になる方は、皆さんそれぞれの立場で、価値観で、感じてほしいです。そして、すべての子どもが安心して学べ、子どもも大人もみんなが「いっしょがいいね」と思える地域の学校を、ご自分のできるところから、つくっていってほしいです。ちいさな一歩でいいんです。その一歩が点となり、つながり、学校を、地域を、社会を変えていくんです。

 

 

私ね、この映画は、今の学校や教育や社会に、不平や不満を感じていたり、もの申したい人にこそ見て欲しいのです。

 

ただ不平や不満を言うだけなら、あなたもこの不満だらけの学校、教育、社会を生み出しているひとりで終わるのよ。

 

 

それをどう変えていくか?

 

一緒に考えない?

 

自分に出来ることはなにか?

 

一緒に見付けない?

 

 

こちらでお待ちしています!!

 

 

 


 

お知らせ
右差し 登録数2,900以上!読むだけでぐんぐん自信が育つ。ブログやSNSには書かない、赤裸々プライベートも
無料メルマガ

右差し 5/6(日)@半蔵門 すべての大人と子どもに見て欲しい
「みんなの学校」自主上映会

 

 

 

↓応援クリックありがとうございます!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

 

砂羽 美佳(さわみか)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント