子どもが欲しくなかった私を変えた、あるひとこと。 | 母親失格 自信がなくても親になっていい 妊娠 出産 子育て 育児 母娘関係 悩み相談 東京

母親失格 自信がなくても親になっていい 妊娠 出産 子育て 育児 母娘関係 悩み相談 東京

親になる こわい 不安 自信がない 育児 子育て 妊娠 出産 楽しむ 悩み 相談 東京 カウンセリング 不妊 妊活 母子関係 親子関係

●親になる自信がなかった私が、「いつか子どもを産みたい」と思えたのは、母のあるひとことだった。

 

 

こんにちは。

情熱ライフ ナビゲーター® 砂羽美佳(さわみか)です。

 

 

沖縄浜比嘉レポの番外編。

 

 

沖縄で、子どもたちとゆるゆる過ごしていた時に、急に思い出したことがあるの。

 

 

 

 

今は、ふたりの息子の母となった私だけれど、昔は子どもが大嫌いだった。

 

「夫は要らないけど子どもだけ欲しい」

 

なんて言ってる人を見ると、信じられないと思ったもんなあ。

 

子どもなんて要らない。欲しくない。そう思ってた。

 

 

でも本当は、「子どもが欲しくない」というより、「親になる自信がなかった」と言った方が正しい。

 

 

それってなんでかっていうと、やっぱり、母との関係に立ち返るんだ

 

 

 

10代の時、摂食障害(拒食症)になった時、家にも学校にも居場所がなくて、自分自身が要らない存在に思えて苦しかったけれど、母も同じく、子ども(私)が摂食障害になったことで、苦しんでた。

 

きっと骨と皮だけの骸骨みたいになった私は、母にしてみれば

「あんたの子育ては間違ってるよ」

 

という、烙印のように感じただろう。

だから、病気の私を見る目が、忌々しげだった。


そんな母を見ていたので、「母をこんな風に苦しめる私はダメだ。」そんな思い込みが刷り込まれたのかもしれない。 

親をこんな風に苦しめるような人間が、人の親になる資格なんてあるわけがない、ってね、、、。 



というのは、私が 

「母親になってもいい」 

と、自分に許可出し出来たのは、もう30歳は過ぎていたかな、母がある時メールで 

「あなたが娘で良かった」 

と、言ってくれたことが、大きかったと思うからです。 



ううう、どんだけ母親に囚われてるんじゃー。 

でも、すっごくすっごく嬉しくて、その時初めて 

「こんな言葉を言えるようになるのなら、私も親という存在になってみたい」 

と思えたの。 



それをね、沖縄旅行中に、ふと思い出したんだな。 

これも、創出の愛の神さま、アマミチューのおかげかな。 





 
明日11/25に 

「親になるのがこわい」 

「子どもが欲しくない。けど、そんな自分を変えたくもある」

 

人向け、お茶会やります。 


これ、なかなか申し込むのに勇気が要るのか、お申込み少ないの。 

まあ、それも分からなくはない。 



私ね、自分がそうだったから思うけど、「子どもが欲しくない」と思う人は、多かれ少なかれ、自分の母親の影響を受けているのではないかと思います。

母という呪縛から受ける制限、思い込み(メンタルブロック)は、自分の中に留めておく限り手放せない。 


「話すこと」は、「放すこと」。 


シェアしたり、他の人の話を聞くだけでも、新たな価値観が生まれ、人生が変わることがあります。 


ドタ参でもオッケー。

 

ピンときたあなたのお越しを、お待ちしてます好 

 

 

 

【現在募集中のイベント・セミナー】

 

クリック 【終了】熱ナビ限定 11/18 ときめき片づけセミナー

クリック 【募集中】11/25 「子どもが欲しくない」人の明るいシェア会

クリック 【満員御礼】11月&12月予祝ランチ会

 

 

 

  もうまわりに振り回されない!  

登録数2,900名以上!読むだけでブレない自信が育つ【無料メール講座】

「1ミリ前進メルマガ」
tanpopo05r1@88auto.biz に空メール送るだけでもOK 

 

 

↓応援クリックありがとうございます!
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

 

砂羽 美佳(さわみか)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント