こんにちは。

メンタルコーチ 砂羽美佳(さわみか)です。

 

 

先日、Clubhouse内でも話したけど、私のモットー

 

 

「親がやりたいことやってる方が、子育てはうまくいく」

 

 

「もっと伝えていかねば!」と、思い新たかにした、忘れられない想い出があります。

 

 

春に就職を控えていたそのクライアントさんは、小さい頃にお父さんとお母さんが離婚し、母子家庭で育ったそうで、女手ひとつで自分を育ててくれたお母さんに、とても感謝をしていました。

 

 

「たくさん苦労をかけた」

「自分たちを育てるために、母は犠牲になった」

「今度は私が、母を幸せにする番」

 

 

そう話してくれる彼女に、「私も今は結婚しているけれど、シングルマザーだった時代があるよ」と伝えたら

 

 

「『子どもがいなければ良かった』って思ったことはありませんか?」

 

 

と聞かれて、胸に詰まった。

 

 

そっかぁ・・・ 彼女は、「自分がいなければ、お母さんはもっと幸せだったのに」って、自分の存在を否定したことがあるんだな・・・。

 

 

私がシングルになった当時、長男が6歳。

まあまだまだ、手がかかる頃だよね。

 

シングルマザーって、客観的に見たら

 

「一人で子どもを抱えて」

「大変で」

「経済的にも苦労している」

 

社会的弱者に見えるのかもしれないけれども、とんでもない!

 

楽しくて楽しくて仕方なかった。

 

 

当時もし、元パートナーが彼を引き取っていたとしたら・・・ そりゃあ時間やお金には少し余裕が生まれたかもしれないけれど、それで幸せかといったら、どうかな・・・

 

むしろ子どもを喪って、「頑張る理由」を見失って、お酒や中身のない恋愛でその虚しさを埋める、分かりやすい自堕落生活への転落が、我ながら容易に想像つく笑い泣き

 

 

「子どもがいなかったら」なんてとんでもない。

子どもがいてくれて、幸せでしかなかった。

 

 

 

きっと、彼女のお母さんもそうだったと思うのよ。

 

夕飯の時のたわいもない話題、隣でTVを見ている時に見せるリラックスした横顔、なんの不安もなくすやすやと眠る、小さな頃から変わらない寝顔。

 

そんなのを毎日毎日目の前で見れることが、どれだけ生きる活力に繋がっているか!

 

でも、哀しいかな、それが子どもには伝わってなかったりすることがある。

 

 

↑シングルマザーだった当時の写真

 

 

だからね、これはもちろん、シングルの人だけに限ったことじゃないんだけれど、親である私たちが

 

 

しあわせな背中を見せること

「しあわせ!」って、言葉にして伝えること

 

 

とってもとっても大事。

 

 

家族最優先で」

「自分のことは後回しで」

「やりたい事も諦めて」

「お母さんかわいそう」

 

 

そう思って育った子は、どうなるかというと、しあわせ下手になるの。
 

楽しいことをしたり、自分が好きなことをすることに対して、罪悪感を感じ、幸せになることに対して臆病になる。

 

大好きなお母さんが幸せじゃないのに、お母さんを押し退けて、自分だけ幸せになることなんて出来ない・・・!

 

そして、「今度は私がお母さんを幸せにする番」という言葉に表れているとおり、自分のためじゃなく、お母さんのために、生きるようになるの。

 

 

大切な大切なわが子に、そんな生き方をさせたいと思う親なんて、本当はどこにもいないと思うんだよね。

 

 

 

だから、我が子の幸せを願うなら、まずは私たち親が、幸せになろう。

 

子どものためでも家族のためでもなく、自分のために自分の人生を生きよう。

 

子どもがいるからと、遠慮せずに諦めずに、やりたいことをやろう!

 

今を楽しむことに、全力を尽くそう!

 

それが引いては、あなたの一番大切な人が、幸せになることに繋がるの。

 

 



そんなこと急に言われても、やり方が分からない、という人がいたら、いつでも相談にのりますニコニコ


 

右矢印 砂羽美佳が現在提供している個人セッションについて

右矢印 無料で聴けるClubhouse roomなど、イベント最新情報は、facebookにて発信中。フォローよろしく!


 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村