たんぽぽのブログ

たんぽぽのブログ

ブログの説明を入力します。



facebookで見つけた可愛い写真!何度見ても可愛い!心が温かくなります。


さて、九州から嫁と孫たちが到着。後から仕事が終わった息子が来ますが、賑やかな暮れが始まりました。


24日は、弟と娘と3人で、ささやかなクリスマスパーティーをしました。

その場で話した、弟のプレゼントにまつわる話。今でも思い出すと笑いが止まらない。(^O^)


息子が小学一年くらいのとき、息子の誕生日に何を贈ったらいいだろう、と弟から電話がありました。

その時は、息子はプラモデルに凝っていて、夫似で手先が器用な息子は、休みといえば夫とプラモデル屋さんに行って、飛行機や軍艦などを買ってきて組み立てていました。

「プラモデルって何?どこに売ってるの?」

と弟。驚くべきことに、テレビなど俗な世界に興味がないクリスチャンの彼は、プラモデルというものを知らなかったのです!

こういうもので、こういう所で売っている、と話すと、なぜか彼は言いました。

「でも僕、不器用だからなあ」

?とは思ったけど、彼がどんな勘違いをしていたか、その時の私には知る由もありませんでした。


誕生会に間に合うように、弟はプラモデルを買ってきて息子に渡しました。

「いやー、昨夜は大分遅くまでかかっちゃったよ」

とニコニコ顔の弟。息子が包みを開けると、そこには赤いポルシェのプラモデルの箱が。蓋を開けると・・

「え〜〜〜!」

息子、夫、私が見たものは、組み立てられたポルシェが一台。しかも、いかにも不器用な人が組み立てたらしい、あちこちにセメダインが貼りついているボロ・・な車。


「苦労したよ。え?何がおかしいの?」

息子はぶうたれるし、私と夫は死ぬほど笑いころげました。

プラモデルというのは、作る工程が楽しいのであって、完成するヨロコビを味わうものだ、という話をすると、

「ぼく、組み立ててからプレゼントするものだと思ってた・・」

嘘のような本当の話です。


その弟が、プレゼントをくれました。

5リットルのペール(ゴミ箱)です。(^o^)

なんでなんだ〜!