ネットラジオ討論会・10 | キーボードで昇龍拳

キーボードで昇龍拳

背負い場やシンソニードラジオの復活を願いながら

ポッドキャストの感想等を書き流すブログ


テーマ:

ネットラジオ討論会。


の前に、前回書いた”民放ラジオ局のネット同時放送解禁”の記事の、訂正と謝罪。

頂いたコメントを読んで分かったのですが、”関西圏の人は関西のラジオのみ、

関東圏の人は関東の人のみが聞くことができる”ということらしいです。

https://www.radiko.jp/


よく調べもせずに間違った記事を書いてしまってすいません。

つまり東京在住の自分は、関西圏のラジオを聴くことが出来ないと。チェップンプン

これじゃあんまり嬉しくないなあ。




さて、ネットラジオ討論会。

ネットラジオを普及するにはどうすればいいか、について。

ネットラジオ討論会についての記事はこちらからどうぞ

http://ameblo.jp/tanpinsanshiki/entry-10437334585.html



今回掲載させていただくのは、桜川マキシム(http://sakuragawa-maxim.sakura.ne.jp/ )の

JUSさんからの2通目のメール。

ご意見メールは以下のとおり。


”まず、“ネットラジオのクオリティはまだまだ低い”と書いた事について。

 確かにちょっときつい書き方ではありましたがw、プロの持つノウハウにもっと興味が集まっていいよな~という思いもありまして。
 広告収入とからめて書かせて頂きます。

 で、タンピンサンシキさんのおっしゃる番組数が膨大になっている事の方が問題というのはうなずける話です。
 番組数が増加する事のメリットとしては、面白い番組も増えるってのがあると思います。それも乗数的な増え方をするんではないかと。刺激し合うって部分もありますから。マジ高さんの「儲かるという風潮がバブルを生む」という御意見はこの辺も含んでいるかと思います。

 ただ、タンピンサンシキさんの懸念の通り、母数が増えれば目的の番組にたどり着く手間が増えて、わずらわしさがあるってのもその通りだと思います。
 また、幾つかの番組を聞いて、メジャーラジオ以下のクオリティの物に当たっちゃうと「やっぱり」という印象も与えてせっかくのラジオを聞く意思を持った人を逃しちゃうと思うんですね。

 そこでポータルサイト。10選的な物も必要ですし、また、各ユーザごとの性向を基に聞いた事の無い番組をポータルから推薦してくる、という様なシステムを作ればいいのではと考えています。

 ウチや某番組の今後のネタとかぶっちゃうので詳しくはちょっとはしょるとしてw、そういうシステムを作れば広告との連携…、と言うよりは既存の広告代理店と連携する事だって可能になって来ると思うんです。各ユーザごとの性向を基に広告を送る事だって出来る訳ですから。

 例えば、ポータルサイトが音声ファイルサーバの役割も持てば、広告収入を期待する配信者は音声ファイルの置き場所をそのポータルにする。ポータルにユーザ登録しているリスナーがアクセスする際には、ポータル側でそのリスナーに適合した音声CMをそのファイルに付加した形で渡すといった形で広告配信が可能ではないかと。
 ブログでアフィリエイト広告が表示されそのリンクから商品紹介ページに飛んだとしても果たしてきっちり読んだか読んでいないか判らない現状の広告と比べて、音声ファイルに混ぜ込んでしまえば確実に広告は届きますからね。

 読んだかどうかあやふやな1クリックで数十円なら、確実に聞いてる1ダウンロードに広告主が幾ら出してくれそうか。
 実は広告による経済効果の高いメディアに成長する可能性が高いと思ってます。
 また、この形式ならスポンサーに対する悪口になるとか想定も出来ませんから、広告が足かせにもならないと思います。どの広告が付くかは判らないですからね。

 と、こんなポータルを作るのは、技術的には会社組織じゃなくても全然出来る話じゃないかなぁと思います。
 既存の音声ポータルとはちょっと連動が難しそうですけどね。その時は過去の物でもいいんじゃないかなぁw

 ポータルから離れれば、タンピンサンシキさんも仰るとおり、僕みたいな人が増えるってのもいいと思います。
 正直、ポッドキャストが市民権を得ていればそれぞれ別個に楽しくやってるって状態もアリかな~とは思うんですが、まだまだ黎明期なので例え多少滑稽でもソムリエ的な目線は必要かと。
 そういう意識でウチのサイトでもコンテスト企画をやっています。
 同じ様に思う方が何人かいれば、ちょっとポッドキャスト界ってのが形になって行くかな~、なんて。

 僕も正直な事を言うと、山盛りキャベツさんと同じ様に好きな番組だけになっても全然困りませんw

 次に、携帯電話との連携について。

 取り回しの不便さってのは現状ありますね。
 例えば、Bluetooth内蔵の機種とかであれば、無線のイヤホンと連動したり出来ますからその辺で解決出来そうな気がします。

 後、トリカゴさんの仰る地方問題は…。これは僕も想定外でしたw
 地方だと通信速度の向上も難しそうだってのも考えると、やはりQ2なんかの音声回線の使用の方向を突き詰めたくなりますね。

 既存のメディアのポッドキャスト進出は、なるほど進んでいませんね。
 やっぱり収益モデルが確立されていないってのが問題じゃないかと思います。
 上記ポータル案みたいに、ユーザ登録しないと聞けなくて、そして登録した個人情報から音声広告が入った状態で音声を配信ってすればいいのになぁ、とか思うんですけどね。”



以上です。

JUSさん、ありがとうございました。


まずはお断り。

このメールは今月16日にいただいたのですが、このメールを読んだだけでは、

JUSさんの思い描くポータルサイトのイメージが描きづらいのではないかと自分は感じました。

そこで、桜川マキシムとトリカゴ放送(文章中の”某番組”)にてこの件を取り扱った放送が

アップされるのを待ち、このたびの掲載とさせていただきました。

もちろん、JUSさんのご了承は取ってあります。


ということで、このテーマにご興味ある方は以下の放送をぜひお聴きください。

桜川マキシム・201回・ポッドキャスト考の九 それにつけても金の欲しさよ(このタイトル・・・w)

http://sakuragawa-maxim.sakura.ne.jp/2010/02/201.html

トリカゴ放送・第215回・ポッドキャストに広告代が入ってくるシステムの構築についてhttp://www.tkago.net/blog/2010/02/215.html



本日は、この”ポータル構想”以外について。


携帯との連携、Bluetoothはイイ!と思います。

ただ、いかんせん価格が・・・3000円くらいになれば自分も真剣に考えるんですが、

こればっかりはどうしようもないですね。

あとはバッテリーかな。



JUSさんが書いたように、地上波ラジオのポッドキャスト配信の収益化は、なかなか難しいようですね。

ただ、TBSやtokyo FMなど頑張っているところもあるようで、

もう少し時間が必要なんだろうと思います。

ああいう会社がシステム自体を変えていくのは大変でしょうからねえ。


>ユーザ登録しないと聞けなくて、そして登録した個人情報から音声広告が

>入った状態で音声を配信ってすればいいのになぁ、・・・


ユーザー登録必要ならきかねえよ、って人が多そうな気がします。

地上波は、ネットラジオリスナーより思い入れが浅くてライトなリスナーが結構いそうなので。




長くなったので、ポータル構想については次回。

てゆうか、”おやすみプンプン”一気読みしたので、今夜はこれ以上書く気力がありませんww

プンプンしんど過ぎ


タンピンサンシキさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス