あー幸せ幸せ(o^^o)

毎日楽しいよー楽しい

生きてるって感じー


職場と家との往復で同じ作業の繰り返しの毎日だからこそ感じられる、季節の変化や自然の移り変わり。自分の人間としての成長。仕事技術の向上。

同じ事の繰り返しが心の安定を作り、時々訪れる変化に対応する余裕を生む。変化を感じ、楽しめる心の余裕を生む。

社会への恐怖から家に引きこもって経済的に何不自由なく完全自由な環境でいた頃には、感性も嗅覚も死んでた。毎日気分で動き、刺激であふれ行動は変化しまくりなのに、常にイライラしてほんとに辛かった。でも今は、職場に縛られてるのに、大好きな夏の匂いが分かるようになった。心はどこまでも落ち着き、自由になった。

休日出勤だからこそ感じられる休日の街の活気がとても楽しい。昔はあんなに嫌だった休日出勤が今は楽しくて仕方ない。

家でずっと休み、嫌いなことは避け楽しいことだけ選び、旅行に行ったり買い物したりカフェ行ったりと、消費活動してた頃には休日モードなんて一切感じられなかった。

でも今は体に染み渡る、週一回のお休みのゆったりした雰囲気。すごく楽しいしリラックスできる。最高。

私にとって「自分を生きる」とは、ちょー普通の社会人生活だった。社会に適度に縛られてこそ私は自分を生きれるみたい。


全てがあべこべで面白く、若い頃に気持ちが元通り。学生時代の元気な私が戻ってきた。体がどんどん動く。やりたいことがどんどん沸いてくる。物事を楽しいと思える感性がどんどん戻る。


子どものようにパワフルに生きたければ、子どもの頃と同じ環境を取り戻せば良いだけだったんだ。簡単だったんだ。学校や親に適度に縛られ、嫌なことも嫌々ながらこなし、時々休みがあったあの頃の環境。ルールや人間関係に悩みながら、自由への渇望をパワーとして、心だけはどこまでも自由だったあの頃に。


でも今の元気が戻るまで、家でさんざん引きこもって何年も休む練習してやりたい放題やって消費活動しまくったから、嫌と言うほど自由を満喫したから、だから、今の社会に縛られる生活が苦なく楽しく感じられるのも本当。

私は休みが苦痛になるくらいまでしっかり休んだから、今度はしばらく働きまくりたいだけ。そういう生き方の好み、そういう波なだけ。

うつ病のひとはとことん休んでね。いま動けない人は無理せずとことん休んでね。いつか必ず動けるようになるから。


あなたの一番元気で楽しかった頃の環境はどんなでしたか?その頃あなたはなにをやってて、どんな心でいた?どんな環境だと安心できた?



昔から「文武両道」っていうけど、この言葉がなぜ子ども達に言い伝えられてるかが分かったよ。

文武両道って、大切な自分の命と自由を守るためにあるんだね。あと、大切な人達を守るためにも。

きっと、昔の人たちは散々悔しい思いをしてきて、大切な子孫達に自分を守る方法を残したかったんだろうなあと感じた。私たちの幸せを願って。


最近、ちょっとした出来事があって、自分を守れなくてすごい悔しい思いをして、その時こんな思いが沸々と沸いてきたんだ。


「あーあ、自分に強い体と武力があったらなあ、どんな相手にでも堂々とNOと言えるのに。

あーあ、自分に、どんな詐欺師をも余裕でかわせる賢さがあったらなあ。おかしいと思ったら冷静に対処できるのに。

でも、体が強いだけでも、頭が賢いだけでもダメなんだよなあ。両方ないと自分の自由を守れない。」


そう、体が強いだけだと、世の中のことを知り尽くした賢い人達に、知らぬ間に上手いこと手玉に取られて支配されてしまうし、

頭が賢いだけだと、腕力戦になった時には、あっけなくヒネり潰されて支配されてしまう。武力の強い相手には、常にビクビクしてなきゃいけない。

両方を持つ者だけが、自分の自由を謳歌することができる。。。



ここで、ハッと気づいた。だから文武両道なのかと。


ただ、かっこいいからとか、人から賞賛されるからとか、能力が高いからとか、そんな理由じゃなかったんだねえ。

自分と大事な人を守るためだったんだ。



このことを感じるきっかけになった出来事を説明しよう。

ちょっと前に、単発の派遣アルバイトをしたんだけど、そこの会社の対応が、何かすごい嫌な感じでね。詐欺師が出す、あの独特の気持ち悪いしゃべり方やオーラに似てた。

(詐欺師に会った事がある人は分かるはず。例えばあの、マンション売買の営業電話のしゃべり方とか、ああいう類の。)


仕事内容も、事前にはあまり知らされてなくて、実際にやってみると、多くの個人情報を渡さなきゃいけなくて。勤務期間も、実際はかなり長くて。

仕事の直前にされる事前説明の段階で、もう「うわー、話と違うじゃん。嫌だなあ。やりたくないわー。」ってストレス半端なかったんだけど、奴隷意識と責任感と恐怖が、無意識に働いてしまって、我慢してやってしまったんよ。

で、ムカムカと違和感と不満を抱えながら、それでもなんとかやり切った。

でも、これだけ苦しんでやったのに、給料が一部ちゃんと支払われなくて、マジで詐欺にあったんじゃないかと絶望して。何度も「全額支払われますよね?」って前もって確認してたのに。

あー、事前説明の段階で断ればよかったと。「仕事内容が納得できないので辞めます」と、それを言えなかった自分に、すごく後悔した。


で、一旦とことん凹んだら、そこから持ち直して。これは良い社会勉強だし、自分を守る術を学べる良い機会だと思えた。(無理やりポジティブ思考したんじゃなくて、とことん凹んだら自然とそう思えたんだよ。ここ重要。)

給料もらえなかったの、1000円だし、その小さな額の段階でこんな出来事に出会えてラッキーだったなと。もしこれがもっと金額がでかくなってからだったら、もっと大変だったなと。


私はいつも、規模の小さい段階でこうやって、きちんと死ぬほど後悔して悩んで次の対策に繋げられる性格なので、今までもあまり大きな失敗はしたことがない。

「まあ、いいか!」ができない繊細な性格なので、周りの人達からも嫌がられて来て、今まで苦しんできたけど、実はこれは私の強みなのだと、ここ数年で理解した。

(四柱推命でいうと、「傷官」持ちです。むちゃくちゃ完璧主義で繊細。あと、アップダウンの激しい「絶」も関係してるのかな。小さな事を繊細に一つ一つ感じられるの。)


で、このまま泣き寝入りするのは悔しいので(過去に何度か泣き寝入りしたことがあって、二度としたくないと誓ったから)、ちゃんとその派遣会社に電話して、1000円支払ってくださいと頼んだ。冷静に、丁寧に、「私はこう感じて、こうしたいと思っているのだけど、それは可能ですか?」と提案し、お願いしてみた。

ここで、昔の私なら、相手を責めるエネルギーを出して喋ってただろう。でも、今の私は変わった。相手を責めたり詐欺師扱いする前に、相手の事情を一旦落ち着いて考えられるようになった。それは、私自身が自分の人間としての不完全さを受け入れているからだ。とことん自分に優しくしてきたからだ。だてに中退やうつ病や離婚してねぇなwww 紆余曲折によって器が広がった。


もしかしたら、単純に社内の連携がとれてなくて、手続きができてなかっただけかもしれない。社内の雰囲気が悪くて、社員の人が快適にコミュニケーションができずに、きちんと働けていないのかもしれない。私にもそういう時はある。気持ちは良く分かる。同じ人間として。


で、そういう姿勢でいくと、今回の相手はちゃんと理解してくれた。もちろん最初は向こうもやんわり抵抗はするんだけど、私が「でもここは○○と言う理由で納得できないので、こうしてくれませんか?」と攻撃オーラ抜きで冷静にお願いすると、きちんと理解して謝罪してくれ、ちゃんと千円もすぐに支払ってくれたし、電話の対応も、今までよりも感じよくしてもらえた。悪意のある詐欺師じゃなかった、良かった。すごくホッとした。

(もしこちらが正当な理由で丁重に要求したのに、何度やっても相手が応じなかったら、そこはちゃんと「舐めたことしとったら、ただじゃおかねーぞ!」という気持ちで怒るべき時なんだろうね。)


ここで、とても嬉しくなった。私成長したなって。こんな風に、角を立てずに相手に自分の要求を伝えられるようになったんだなと。自分のことも相手のことも傷つけずに、自由に生きられるようになってきたなって。


今回、最初こそ自分の違和感を守れなかったものの、その後悔から諦めずにもう一度トライできて、最後には自分を守ることができて、とても勉強になった。

次は、最初の違和感の段階で断れるように、もっともっと世の中の仕組みを知りたいし、法律の知識や社会のルールも学びたいなと思った。

そして動じない自信のためにも、もっと体を鍛えて強くなりたいとも思った。護身術とか合気道とかも学びたい。筋肉の量は、心の安定や自信にも繋がってることを最近発見したから。

筋力=気ん力!
筋力=金力!!

マジで!筋力つけるだけで人生好転するよ!!特にスピ系の人、肉体は大事だよ。グラウンディングしたいなら、手っ取り早く筋トレしようぜ!


自分の自由を守るために、できることは何でもやりたい。


そしていつしか、誰からも雇われなくてすむように、誰にも従わずにすむように、自分で仕事作って好きに人生を生きたい。

そして私の理想の職場環境を作り、生き辛さを抱える人たちを雇用し、快適に社員の人が働けるように、みんなが気兼ねなく休んでゆったり働けるように、ありのままの自分を大切にできるような雇用形態を、日本社会を作っていきたい。


そうか、

こうやって志が高まり、世の中の社長が生まれ、政治家が生まれるんだなあと思った。

私そういえば、政治家のようなことを小さい頃から毎日考えてるわwww

もっと自分に優しくて、エネルギッシュで、軽くて、子どものようにピュアで平和で面白い政治家がいたら、日本の政治も面白くなるし投票に行くのが楽しみになるのになあと思うんだけど、将来、私、立候補したりしてwww って、んなわけねー!!

世の中を変えるなら、政治の世界よりも日常の中からだろうなと、私は思ってる。政治は裏で世界規模のでかい組織と大金が絡んでるんだろうから、入ったら好き勝手できないんだろうなって。どんなに志高く持ってても。上に従わなければ殺されるとかありそうよね。知らんけど。


とまあ、そんなこんなで、文武両道の話でした!チャオ☆

離婚して私本来のエネルギーが戻り、経済的自立をする決心が付き、いよいよ仕事で外の世界に出て行くと、私の中の隠れていた色んな観念がモリモリと顔を出してきて凄く面白い。

例えば最近、私は、楽しく働いているはずのバイト先でこう思うことが続いた。

「私なんてどうでもいい存在なんだろうなあ。ただの社会の歯車の一部で、都合よく使えるかどうかだけしか見られてなくて、いてもいなくても良い存在なんだろうなあ。私はどうせ大切にされないし、心の底では人からウザがられてるんだろうなあ。」

実際はそんなことはないんだけど、ちゃんと色々と考えてもらって大切にしてもらえてるのだけど、ちょっとしたきっかけでそんな風にいじけてる自分が出てくる。そして虚しさを感じる。

そんなことを感じている自分にとても興味深かった。あっ、なるほどこういうことかと。誰かに雇われて、誰でもできる仕事をやっていて、職場の先輩達に気を使いながら真に自分のペースでは動けない状況になると、こんな風に感じるのねと。

どんなに働きやすい環境であっても、“雇われる”ということ自体がやはり、根っこには、「雇い主の望みを叶えるためにそこに自分を合わせなきゃいけない」というのがどうしてもあるからね。だからお金を貰えるんだもんね。で、それが嫌なら、自分で起業して仕事作れと、こういうわけだ。なるほど。

私もこんな風に感じる時がきたんだと。大多数の社会人が通ってきた道を、私も通ってるんだと。雇われる側の気持ちが理解できるようになって、日本人の気持ちがまた少し分かるようになって、嬉しい。

ちょっとした出来事や他人との関係で、ああ、私はこんな風に自分のことを見ていたのだと気づかされる。通りで私は今の地球にいるわけだと納得する。

今の私がいる日本、今の私がいる地球の辛く悲しい現状がなぜ起きているのか?(なぜそこばかりに目がいき嘆くのか?なぜ素晴らしい点にも注目しないのか?)私の中にその本質が眠っていたことを発見する。


と、ここまで書いていたのがついこの間。


今は、このダウン期間が抜け、ニュートラル期を経て、またまた楽しいアップ期間になっている。

仕事楽しい。全然苦にならない。もっと色々覚えたいしやってみたい。私、役に立ってるし必要とされてる。先輩達にもあまり気を使わなくても大丈夫になってきた!とけ込んできた!!快感!!


人間の心の波って本当におもしろいね。人間楽しいね。複雑で予測不可能で、むちゃくちゃしんどいけど楽しいね!!生きてるだけですごいね!!みんなえらいね!!



とりあえず生きてたら大丈夫だ。問題はかならず勝手に過ぎていく。時間が解決してくれることがほとんどだ。そして時間で解決できないことは、自分がもうイヤー!ってなった時に勝手に解決に向けてものすごいエネルギーで行動しちゃうし勇気でちゃう。そうでなければ病気で強制ストップ。人間て上手いことできてるね。(この行動力は、四柱推命でいう行動の星「偏官」持ちの私だからなのか?それとも人間みんなに備わってるのか?そこは謎。)

しんどいことも楽しいこともただただ私を通過していく。私だけの色のフィルターで彩られた世界。唯一無二。それを楽しんでいる私の背後の創造主。素晴らしく美しい。どんなにつまらなくて汚い私の姿であっても。みんなも一緒よ!