今秋の浦江・大仁の下見 | 晴耕雨読 -田野 登-

晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:


今秋の大阪あそ歩「浦江・大仁コース」は、
2018年11月24日(土)にガイドします。
先週土曜日に下見をしました。
街を歩けば
毎回、発見があるものです。

集合場所のJR福島駅を出て
福島聖天通商店街を西へ、
昭和初期の聖天川跡の道路を渡り
振り返ってワンショット。
写真図1 聖天通から福島聖天通

福島聖天通は、

お馴染みの「売れても占い商店街」
こちらの鷺洲側の聖天通ゲートは、
聖天さんのシンボルの一つ、巾着をあしらってます。
性愛の神・大聖歓喜天と巾着とは、
意味深長です。

「だいこん祭り」の幟を発見しました。
早速、商店街理事長さんの店に立ち寄り
チラシを頂戴しました。
許可を得て、ブログアップします。
写真図2 チラシ

「聖天さんの表参道で
  食べて参ろう 聖天だいこん」とあります。
聖天さんは東寺真言宗のお寺です。
正面の石の鳥居は弘法大師御遠忌1150年記念に
建立されたものです。

大根と弘法大師と云えば
寒夜、訪ねられた弘法大師さんに
大根を振る舞ったとかいう話は
全国各地に伝わります。
大根と云えば、もう一つ。
大聖歓喜天では二股大根がシンボルです。
こちらの聖天さんは
二股ではなく何故か交叉しています。
写真図3 交叉する大根の紋章


聖天さんにはさまざまな神仏が
祀られてます。
ただ、祀られているだけではありません。
触れると御利益があるそうな。
ビンズルさん、重軽さん、役行者の下駄など
今や参拝者参加型の願掛けが案内されています。

お隣の妙壽寺は、
「浦江のお稲荷さん」の赤い幟があるお寺。
ガードを潜れば北区大淀南。
浦江八坂さんこと素戔嗚尊神社。
参道の桜の秋は紅葉が見ものです。
写真図4  素戔嗚尊神社の参道

はたして今秋は如何なものでしょうか?
桜の木は四季を通じて気を揉ませます。

ゴールは新梅田シティ。
11月24日(土)当日は
「ドイツ・クリスマスマーケット大阪2018」の
期間中です。
下見当日は準備中でした。
写真図5 新梅田シティワンダースクエアは準備中

浦江・大仁コース秋の魅力は、
下町風情の泥臭さを感じ、
最後は新梅田シティでクリスマス気分に浸る。
これぞ近場のツーリズムです。

大阪あそ歩「浦江・大仁コース」の詳しくは
  ↓ここをクリック
https://www.osaka-asobo.jp/course562.html

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

田夫野人(田野 登)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス