水都大阪の異界を覗きます(10) | 晴耕雨読 -田野 登-

晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

今回も前回に引き続き
20年ほど前に書いた*拙稿を
 テキストとして話を進めます。
  *拙稿:「水都の異界を覗く」『まほら』20号、
      1999年7月、旅の文化研究所

 

今回2018年6月2日の下見では
坐摩神社行宮から
八軒家浜に下りて
天神橋の橋の下に向かいました。
写真図1 八軒家船着場

ウィキペディア「八軒家船着場
最終更新 2017年11月20日 (月) 08:45」によりますと、
2008年3月29日、
八軒家浜船着場が開設されたとあります。
19年前には
このような洒落た、常夜燈などありませんでした。

 

鬼が舌なめずりして待っていたという
天神橋の橋の下ですが、
今回は、若者たちが
遊び戯れていました。
写真図2 天神橋の橋の下

天神橋の橋の下空間も
公園緑地の一部なのでしょうか?
もはや「闇」でなくなり、
ガタロや鬼が入り込む
スペースではありません。

 

テキストは天神橋より
一つ上流の天満橋に視線を投げかけ、
中世の道筋を想像しています。
◇天満橋の下は大江の岸である。
 天満橋から天王寺までの
 上町台地の麓の道は、
 古来、熊野詣での道筋で御祓筋といった。
 往時、西に海を見ての
 信仰の道が通っていたのだ。

 

天満橋から御祓筋の角までは
土佐堀通を300m西に行きます。
往古、
上町の崖っぷちの下には、
海水がひたひたと迫っていたのでしょうか?
波間に入日を拝む聖なる道が
蜿々延びていたことでしょう。

 

テキストを続けます。
◇今度の休みには、
 もう一つの龍宮界からの駅場・
 天保山に連れてやろう。
 海遊館の水槽を覗けば甚平鮫が泳ぎ、
 鯛や平目が舞い踊る。
 しかも海に沈む夕陽の観光スポットでもある。
 龍宮界からの土産物ならたぁんとある。
 水都の異界を覗く旅はまだ半途なのだ。

 

こんな決意をしたものの
末っ子を連れて
天保山の海遊館に行った記憶がございません。
その後、長男と三人で舞洲に行って、
瀬戸内海を眺めたことは憶えています。

 

本シリーズ《水都大阪の異界を覗きます》は、
7月2日大阪区民カレッジ天王寺校での講義の
ウォーミングアップに綴りました。
当日は錦絵など図像を交えて
PowerPoint版で話します。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

田夫野人(田野 登)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス