書き加え『大阪春秋』170号の特集は一枚地図の無い村です | 晴耕雨読 -田野 登-

晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

『大阪春秋』170号の特集は
*一枚地図の無い村です。

  *(注)千早赤阪村まちづくり観光課から

    「千早赤阪村周辺地図」が

    ブログアップ直後に送られてきました。

特集のタイトルは
「千早赤阪-大阪唯一の村」です。

 

今号の表紙は、
棚田での早乙女の田植えです。
写真図1 棚田での早乙女の田植え

「千早赤阪-大阪唯一の村」特集は、
まず村長さんのインタビュー記事から
読まれるのも一興。
副題は
「感激をお金にかえる千早赤阪村の野望」で、
棚田を見ての感激を
如何にしてお金にかえるかの大事も述べています。

 

その千早赤阪には、
名所・旧跡が散在しているのですが、
*役場に問い合わせても
「千早赤阪村」全体を版図とする一枚地図は
無いようです。

 *(注)のとおりで、

  「千早赤阪村周辺地図」の読図を

  ブログアップするつもりです。

勿体ない限りです。

 

それを繋げるのが『大阪春秋』です。

中島大侑「大阪府内唯一の過疎地域
  ~過疎脱却をめざして~」の
「千早赤阪村都市計画図」
「表 地域公共交通」なんぞ
一枚地図と云えなくもありません。

 

和泉大樹「地域資源考
 ─地域は楠木ゆかりの史跡とどう向き合うか」に
述べられているように、
今後の可能性を孕む、観光途上の空間のようです。

若干の記事を挙げましょう。

 

吉光貴裕「千早赤阪村の文化遺産」には、
言い伝え等の伝承で残る
古墳、城跡、古塚を載せています。
神様の声を聴きに行きたくなる「不本見山」など
パワースポットにもなりそうな神奈備山です。

 

北浦秀明「金剛山と山上の施設・四季」は、
金剛山を取り上げ
「信仰の対象から登山の対象へ」として、
歴史ある寺社による年中行事のほか、
山の自然を生かしたイベントなど、
新しい趣向を綴っています。

 

伏井信之「大阪府民の森ちはや園地」の

 ネイチャーウォッチング」は
金剛山の星空と自然を紹介する
「ちはや星と自然のミュージアム」の活動を取り上げ、
住民参加の観光を通じて
生きがいのある地域づくりと
農林業の振興を目指すも
道半ばと述べられています。

 

「村で暮らそう
 「 なんにもない」の魅力を発信する
  ちはやあかさかくらすの挑戦」中
囲い込み記事の田中力哉「私の村民脱出計画」は
昔ながらの伝統や
おばあちゃんの生活の知恵袋を挙げ、
“辺鄙が最先端”と
現代の都市生活で忘れかけている何かを
思い起こさせるエッセイです。

などなど編集の都合で取り上げられなかったけれど、
一枚地図の無い村「千早赤阪」を
熱っぽく、あるいは資料性ふんだんに
論じる記事が盛りだくさんあります。

 

写真図2 170号「千早赤阪-大阪唯一の村」チラシ

いつもの『大阪春秋』編集の
何でもありの妙を
堪能してください。
お買い求めは、
お近くの書店で注文するも良しです。

 

究会代表
 『大阪春秋』編集委員
 大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。