晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

恒例の12月30日の天保山で夕陽見る会は
2017年は「西淀川デルタ地帯を歩く」コースでした。
今回は前回以降のレポートを載せます。

写真図1 天保山で夕陽見る会

 

①西 保國さんからの歳末の夕陽を見る会の感想
 今は倉庫・工場が叢生する。
 海の底から新田となり、

  青物市場が開かれるほどに生産力は高まった。
 その後台風で海に沈むも蘇える。
 訪問した地点にはかつての住人の思いが籠っていた。
 しかし、自分はどこまでその実際を把握し得たのだろうか。
 外島保養院をはじめとして・・・
 天保山での一句「歳の締めくくりとしての入日かな」
②『大阪春秋』編集主幹の長山公一さんからの感想
 一年の厄を西の海に祓いました。
 今回は、神崎川・淀川デルタ地帯のまち歩きのあと、
 天保山サンセット広場で夕陽を拝みました。
 大阪春秋の167号で新田特集を組みましたが、
 まち歩きをしてみて、西淀川区の新田地帯の、
 農村から工場地帯、住宅地への変貌のようすがよく分かりました。
 ただ、まちの周辺部なので歴史的スポットが少なく、
 物流センターが集まるあたりはやや単調。
 年の瀬にもかかわらず

  大型トラックが猛スピードでバンバン走るので怖い。
 それでも天候に恵まれ、
 サントリーミュージアム前から移設されたマーメード像と
 海に沈む夕陽の光景はなかなかに美しく、
 たのしいまち歩きではありました。

 

お二方のコメントに沿いながら写真をアップします。
まず「今は倉庫・工場が叢生する」
「物流センターが集まるあたりはやや単調」との
コメントの工場地帯です。
写真図2 神崎川と淀川を繋ぐ西島川

西島橋上から南向きの撮影。

写真左(東)は西淀川区出来島、大野から百島方面、
右(西)は西島、橋の先の木立は西島住吉神社。
1928年アムステルダムオリンピックメダリストで
1964年の東京オリンピックで水泳日本代表総監督を務めた
高石勝男氏の姪にあたる高石勝子さんが
平成20(2008)年に荒廃した西島住吉神社を改修しました。
高石選手は、小学生時代、このデルタ地帯で泳いでいたことを
『九十年のあゆみ』大阪市立川北小学校、1963年発行に
寄稿しています。

 

写真図2 西島水門

西島川が淀川に出る場所に西島水門があります。
ボクは門が大好きです。
門の先にはUSJ(此花区島屋)のジェットコースターの曲線、
その先には、港大橋の赤いトラストが見えます。
長くて単調な西島川の終着です。
その後、大野川漁港から阪神なんば線福駅まで出て
西区九条で途中乗り換え、天保山まで出ました。

 

今年のマーメイドは夕映えに輝いてました。
写真図3 夕映えにはにかむマーメイド像

昨年まで水上警察署手前の海で
さびしく咲洲を見つめていたマーメイド像が、
何を思ったのかサンセット広場に移設されました。
何を思ったのでしょう?
その謎は容易く解けました。

 

写真図4 大阪港開港150年記念碑

マーメイド像の傍らに
「大阪港開港150年記念碑」が建っています。
為政者の思惑で
ようやくマーメイド像にも
観光客のまなざしが注がれるようになりました。

 

今年もサンタマリア号が天保山桟橋まで
落日にあわせるかのように帰ってきました。
写真図5 サンタマリア号の帰港

「歳の締めくくりとしての入日かな」とは、
去年今年句を跨げての入日とは
絶妙です。
おとなしく
おのおのの思いで眺めていました。

 

この虚脱感の後の打ち上げ会でのハイテンションは
自重を促されました。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。