晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

*橋 昇氏の「〈戦争の記憶〉学童疎開と空襲体験」には、
吉野町三丁目の「六道の辻」の写真が載せられています。
    *橋 昇氏:2013年10月『福島区歴史研究会会報』創刊号

次の写真は、福島区歴史研究会所蔵のものです。

 

写真図1 戦時中の吉野町二丁目の「六道の辻」

キャプションには次の記述があります。
◇六道の辻で防火演習
 昭和十七年三月頃
 左 愛生薬局  中 衛生会館  右 カガシ屋 

 

写真の向きは、橋氏によりますと、
西から東です。
前回の地図に照らしますと
吉野町三丁目から二丁目を撮ったものです。
新家側から市中を向いてのアングルです。

 

時は昭和17(1942)年3月頃とあり
「六道の辻」の南西の橋氏の実家が空襲により
焼失するのは昭和20(1945)年6月のことで、
3年前の写真です。

 

「六道の辻」一帯が戦禍で焼失したのは
次の地図から読み取ることができます。

写真図2 「大阪市戦災焼失区域図」
      日本地図(株)1946年4月発行

地図の左下(南西部)の「西野田」を
道路(現在の北港通、かつての聖天川跡)が
中央の鉄道ターミナルの野田阪神から
斜め下(南西)に描かれています。
その両側が黄色く塗られています。
それが焼失区域です。

福島区は、あまり焼かれていないにもかかわらず、
この地域は黄色く塗られています。

道路を挟んで下側(南側)が吉野町、新家です。
「六道の辻」一帯は、焼失区域に含まれます。

 

先日12月23日(土)に「六道の辻」に出向きました。
写真図3 現在の「六道の辻」(福島区吉野4-24-15)

写真は、福島区歴史研究会所蔵と
同じアングルで撮りました。
西から東です。
写真の右の建物は元の「衛生会館」です。
昭和17年の建物は焼け残り、
今日まで健在なのです。


現在はKICビルとして、
自動車・二輪車用商品の企画及び輸入、
TV通販商品等の並行輸入、
国内メーカー製品の輸出に事業展開をしているようです。

この建造物など
戦時の被災を物語るものとして
大事に見守り続けたいとボクは思います。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。