晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

 

今回も大阪府立中之島図書館所蔵『浪華奇談』を
取りあげます。
本ブログは、該書についての
拙稿「翻刻『浪華奇談』怪異之部」(『大阪府立図書館紀要』第36号
2007(平成19)年3月31日発行)に基づき、
適宜、加筆、削除しています。
「拙稿」につきましては、以下のアドレスで確認ください。
   ↓ここをクリック
https://www.library.pref.osaka.jp/uploaded/attachment/475.pdf

 

今回は「天狗清兵衛」の続きです。
清兵衛は天狗に誘引されて後、
天空を飛行します。
大阪のわが家の上空にも飛来します。

 

以下、本文を挙げます。
◇我が家を出て百日目には
 百ケ日の仏事を家内にて勤行するを
 屋上よりくわしく見聞せり。

 

清兵衛は今や天狗の眷属です。
彼の家族にとりましては、
いきなりの失踪です。
神隠しに遭ったとボクは解釈します。
天狗による神隠しについて
*柳田国男は次のように記述しています。
 *柳田国男:1909年3月「珍世界」第3号「天狗の話」
      (小松和彦校注『新訂 妖怪談義』
       2013年角川学芸出版)
●そこで自分の考えでは
 今日でも片田舎でよく聞く神隠しということは、
 少なくも一部分は
 この先生の仕事にして天狗様の冤罪である。

 

神隠しと語られることの中には
「天狗様の冤罪」もあると断じています。
一部は天狗への濡れ衣だと述べているのです。
注目すべきは「この先生の仕事」です。
この文脈での「先生」とは、
先住民族を意味するようです。

 

柳田は、この「天狗の話」の前の箇所で
次のように記述しています。
●播磨風土記を見ると、
 今の播但鉄道の線路近くに
 数部落の異人種が奈良朝時代の後まで住んでいた。
 蝦夷が遠く今の青森県まで遁げた時代に
 丹波の大江山にも伊勢の鈴鹿山にも鬼がいて、
 その鬼は時々京までも人を取りに来たらしい。

 

柳田の家郷の近くにも
奈良時代の後まで「異人種」が住んでいたというのです。
この「異人種」は、別の文脈では、
「我々日本人と全然縁の無い一種の人類」とも
表現しています。
ここで柳田が挙げる大江山や鈴鹿山にいる
「鬼」というのは、
同論文にいう「山中の蛮民」と表現する人々を
このような妖怪に仕立て上げたもので
明らかに先住民族のことです。

 

神隠しの真実は、
天狗といった妖怪の仕業ではなく、
山に密かに住む先住民族が
孤独に堪えかねて
里に下りてきて、
里人を引っ提げて帰るというのです。
明治末の柳田国男の
日本列島に住む民族への
強い関心が読み取られます。

 

天狗清兵衛の話で、
自宅では
百か日の仏事が執り行われている様を
清兵衛自身
「屋上よりくわしく見聞」したことが
語られています。

 

次回は、失踪して三年後のことを
取りあげる中で、
この百か日の仏事の訳を探ることにします。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。