晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

今回も大阪府立中之島図書館所蔵『浪華奇談』を
取りあげます。
本ブログは、該書についての
拙稿「翻刻『浪華奇談』怪異之部」(『大阪府立図書館紀要』第36号
2007(平成19)年3月31日発行)に基づき、
適宜、加筆、訂正しています。
「拙稿」につきましては、以下のアドレスで確認ください。
   ↓ここをクリック
https://www.library.pref.osaka.jp/uploaded/attachment/475.pdf

 

愛犬を亡くした九良兵衛が
跡を追うようにして
辿り着いた先は?
テキストを続けます。
◇九良兵衛、驚歎し
  「扨は此の所は畜生道なるが、
 早く立去らん」といふを、
 犬、九良兵衛の袂をくわへてとどめ、
 「逃たまふとも彼の者ども
 やわか逃がしはせじ。
 暫く待ちて食事をなし休息あれ。
 われらよき時分、案内し帰らせ参らせん。
 さりながら
 膳に向ひたまふとも青き物を喰ひたまふべからず。
 是を食すれば、
 忽ち獣類と変ず」

 

えらい破目に陥ったものです。
脱出しようにも追っ手がかかる。
それに、愛犬からは
野菜を摂ることを禁じられます。

 

テキストを続けます。 
◇九良兵衛、心得戦慄して着座しければ、
 犬は出行ける。
 しばらく有りて、 
 勝手より食膳を持ち来り、
 九良兵衛にすすむ。

 

恐る恐る席に着いたところ、
何やらお膳が運ばれてきました。

 

テキストを続けます。
◇九良兵衛、犬のおしへしごとく、
 青き物は残して食し、夫れより
 休足するかの畜るいどもは
 次の間に入りて物がたりして居たり。

 

言いつけに従って野菜を
食べ残しました。
畜生たちは
寛いでいる様子です。
今こそ逃げ出すチャンスです。

 

テキストを続けます。
◇此の間に白犬来りて
 「今の中に走りたまへ」といふ。
 九良兵衛、是れに任せて
 逃出しけるに
 猴牛馬の類、大勢追懸け来りて
 「残念なり。残念なり」と追かけ
 みなみな川岸に来るころ、

 

九良兵衛は脱出したところ、
牛馬も追っかけてきました。

 

テキストを続けます。
◇九郎兵衛はかの川を早渡り、
 はしりければ、
 獣どもとも怒りて
 「ぜひもなし」といふて、
 石を掴んで九良兵衛に向つて、
 手々に擲ち
 帰りけるが、
 此の川をかの者ども渡り得ざるこそ、
 ふしぎなりと思はば、
 夢の覚めたるごとくに蘇生せり。

 

もと来た川を渡りました。
畜生どもは悔しがって
対岸から石を投げつけてきます。
畜生どもは川を渡りきれません…
その時、九郎兵衛は、ふと目が覚めました。
この先、九郎兵衛は、
この不思議体験を語ります。
次回にまわします。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。