晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

 

 《『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』を読む》の
続きです。
  *『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』:
  森隆男、2017年3月30日初版発行
 『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』清文堂

写真図 『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』表紙

今回は、
《第三章 オクと女性の領分》、
当該書の核心の紹介をします。
次の《第二節 南西諸島の住まいを貫く女性原理》の
記述では、
前回、判然としなかった
クチと解釈できる座敷がみえます。

 

◇南西諸島の一般的な住まいは、
 母屋のオモテ側の一番座は接客と儀礼、
 二番座は親しい人との接客、
 三番座は家族の団らん、
 ウラ側の一番裏座は就寝と家財道具の収納、
 二番裏座は就寝と出産、
 三番裏座は調理と食物の保管という
 機能をもつ部屋で構成されている。

 

母屋のオモテ側の一番座を
家屋の出入口に最も近い「クチ」と理解しました。
その座敷は接客と儀礼が行われる
公的な部屋です。
以下、二番座、三番座と
家人の居住空間がオクにかけて連なります。
さらにウラ側の一番裏座、二番裏座、三番裏座は
家人が食住を共にする
プライベートな部屋となります。
引用の続きを載せます。

 

◇部屋の管理は
 その部屋の機能と関わる性を反映しており、
 住まいを構成する部屋のうち、
 男性が管理する部屋は
 ほぼ一番座に限られているといってもいいだろう。
 年中行事や正式な客の応対は男性が管理する。

 

ジェンダーにより異なる部屋の管理を
著者は主唱します。
ようやく男性の領域が見え始めました。

著者は、この章の最終節
《第三節 対馬の住文化と女神》において
女性の祀る神を取りあげます。

 

◇とくに注目したいのは
 ダイドコロで祀られるホタケサンと呼ばれる
 女神の祭祀である。
 住まいのウラ側に祀られた穀霊の性格をもち、
 しかも女神の性が濃厚に反映している点に、
 氏神や有名神社の神札を神体とする神棚以前の
 神祭祀のありかたをみることができよう。

 

この「ホタケサン」とは、
ナンドに祀られたウチノカミとともに
住まいのウラ・オクに
「穀霊」・「家の盛衰に関わる神」・
「女神」の属性をもつ神であって、
中国地方と九州北部地方にかけて分布する
納戸神と類似すると
既述されています。

 

まさに家屋の深奥には、
門や玄関に祀られる
外来の邪霊を遮る神とは異なる
暮らしの根源に関わる神を
主婦が祭祀していたと
著者は推論します。

この段に至って、
日本の住まいを究めんとする著者の
民俗宗教への強い関心が
感じ取られます。

最終章《第四章 集落に伝承されるクチ―オクの観念》は、
住まい空間の解析を
集落空間に発展させる論究であります。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。