超高齢社会ニッポン(2) | 晴耕雨読 -田野 登-

晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

前号から続きです。


 9月22日は秋のお彼岸の中日。


月例浦江塾の会場である妙寿寺(大阪市福島区鷺洲)では、


今年、特別老人ホームの施設長の方の法話がありました。


「介護する人、される人」でした。


健忘症と認知症の違いを述べられた上で、


「認知症は脳の障害による病気で、誰もがかかる可能性があります」とのこと。


介護が必要になれば、「要支援1・2」の認定を受けることから始まります。


 翌日、たまたま、市岡高校時代の同級生と喫茶店で話しておりました。


彼には90歳を超えて一人住まいの母がいます。


最近、会えばお母さんの話が出ます。


ボクは言いました。


「お母さんのことが気にかかるのなら、『要支援』の認定をしてもらったら」と。


 かつて、ボクの父が福島区内の特別養護老人ホームに入所しているとき、


施設長の方から聞いたことがあります。


「肉親の方なら、つい昔のことを知っているだけに、


年老いた姿を見てつらく思われるものなんです。


かえって、昔を知らない私たちの方がお世話できるのです。


私たちは、今の入所者の方の状態をそのまま受け入れることができるからです」と。



人間は思い出を背負い込んで生きる動物です。


それだけに、過去の姿と重ね合わせて、年老いた現在の姿に悲しくもなるものなんです。


老親のありのままを認めることことは大変つらいことです。


家事労働が社会化しているニッポン社会のこと。


老親介護もまた、社会にゆだねることも大事な選択肢ではないでしょうか。



 2000年4月に介護保険制度が施行され12年が経過しました。


しかし、案外、その制度を活用するのにためらいを感じている人も多いようです。


「超高齢社会ニッポン」では、家族やご近所で老親を支えきれるものではありません。




ボク自身の父とのやりとりを綴った、失敗ばかりの体験談を、


「老父を支えるご近所ネット」(「福島てんこもり」11号2004年6月発行)、


「老父とめぐるふるさと今昔」(同誌13号2006年6月発行)


に書いています。


お手元にある方は、お時間のある時にお読みくださいませ。


http://homepage3.nifty.com/osaka-web-museum/tenko11.htm


http://homepage3.nifty.com/osaka-web-museum/tenko13.htm




田夫野人(田野 登)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス