晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。

NEW !
テーマ:

《『大阪春秋』170号の特集は一枚地図の無い村です
 2018-04-17 18:11:22》を載せましたところ、
千早赤阪村から
ブログアップ直後に
「千早赤阪村周辺地図」がメールで届けられました。
ボクの身勝手で性急なリクエストに
申し訳ない気持ちでおります。

送られて来た「千早赤阪村周辺地図」はこれです。
写真図 「千早赤阪村周辺地図」

この地図は

「金剛山(こごせ)の里山の里ツーリズムビューロー」
(以下「ツーリズムビューロー」)が
平成28(2016)年に作成したとのことです。
「ツーリズムビューロー」については、
*「金剛山こごせの里ツーリズムビューロー」についてに
次の記述があります。
 *「金剛山こごせの里ツーリズムビューロー」
www.vill.chihayaakasaka.osaka.jp/...ka/.../gaiyou.pdf

 

◇(上略)民間的な経営手法による

 迅速な意思決定システムを構築し、
 民間のビジネス感覚を導入した
 観光をはじめとする様々な事業展開を行います

 

民間の発想を取り入れての
観光事業の展開をめざしています。
したがいまして、「千早赤阪村周辺地図」は
観光マップです。
この地図には生活臭が感じられません。
生活情報マップではありません。

この地図をいくら読んでも
学校もなければ郵便局も病院も見当たりません。
「小吹植田診療所」というのがあって
高校の同級生が勤めているはずです。
「小吹台」というニュータウンもありません。

 

ウィキペディア「千早赤阪村」によれば
教育施設は、千早赤阪村立こごせ幼稚園
千早赤阪村立赤阪小学校、

千早赤阪村立千早小吹台小学校、
千早赤阪村立中学校があります。
郵便局は、
千早赤阪小吹郵便局、千早簡易郵便局、
水分簡易郵便局、東阪簡易郵便局があります。

 

そりゃそうでしょう。
「総人口:5,130人 (推計人口、2017年10月1日)」とあります。
5000人を超える人たちが住む所なのです。

このような観光マップに
黒字で記入されている施設名58を
大雑把にまとめました。

 

城跡:6
神社:7
古墳・塚・墓:3
遺跡:3
寺院:3+1
博物・資料館:2
屋外施設:5
農林産業施設:3
駅:2+2
駐車場:2
宿泊施設:1

 

「+」の後の数字は
千早赤阪村の周辺の都市にある施設です。
城跡、神社、古墳・塚・墓、遺跡といった
歴史遺産が観光資源として
多く取り上げられています。
そのいっぽうで、
屋外施設、農林産業施設もあります。
ちなみに「駅」は、
鉄道駅ではなく、ロープウェイ駅です。

 

南朝方の武将・楠正成にまつわる史跡と
金剛山の自然をコンセプトとする
千早赤阪村の観光戦略が
ぼんやりと見えてきました。

 

次回は大字に分け入って
施設を通じて、このムラの
現況を探ってみたいと思います。
何よりもツツジの綺麗なこの時季に
足を運びたい思いに駆られます。

 

究会代表
 『大阪春秋』編集委員
 大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月5日(土)大阪あそ歩で
ディープな海老江を歩きます。
一昨日4月21日(土)下見をしました。

 

まずは集合場所の
阪神本線野田駅改札口を下りたところの
藤棚です。
写真図1 阪神本線野田駅改札口を下りたところの藤棚

福島区といえば、野田藤の街。
今年の藤の咲き具合はどうだったのでしょう。

 

阪神国道を渡って
海老江西に入り石畳路地です。
写真図2 石畳路地

 

住宅地を静かに通り抜けます。
「海老江の芦屋」とも称された
石畳路地にも歴史があります。

 

路地を抜けると、国道2号線です。
大衆食堂の看板が残る元の店舗があります。
写真図3 大衆食堂の看板が残る元の店舗

「朝定食」などの品書きが掲げられています。
夜勤明けの労働者が食したのでしょう。

 

高野寺から海老江中歩道橋を渡れば、
昔の海老江村の中心地です。
八坂神社や南桂寺があります。
漆喰の蔵のある旧家もあります。
写真図4 漆喰の蔵のある旧家

近江の国を出郷して16代目に当たる方から
正月行事について
平成3年度の大阪市民俗調査のため
聞き書きに伺ったお宅です。

 

淀川に出ました。
第一鷺洲橋から南西を眺めました。
写真図5 第一鷺洲橋からの眺め

洗濯物を干しておられる女性に
この橋の名を尋ねました。
たしかに「サギス」と仰いました。
ここでも「サギシマ」が忘れられて
小学校の名の「サギス」に置き換えられたと
ボクは解釈します。
手前の緑地は中津運河の埋め立て跡地で
松の立つあたりに樋門があって、
井路川の口でした。
更地は、昔、
スレート瓦などを造っていた工場跡地とのことです。

 

海老江上公園の北を西に戻りますと
たかの巳社があって
突き当たりに俳人・松瀬青々の旧棲の顕彰碑があります。
写真図6   たかの巳社からの松瀬青々の旧棲の顕彰碑

 「草の春田は年々に家となる」の句は
青々が海老江に住んだのは
*大阪市立図書館HPによりますと、
1906(明治39)年から1921(大正10)年までとあります。
  *大阪市立図書館HP:www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=mue577o40-8993
当時、水郷・海老江が都市化するさまを
詠んだ秀句です。

 

海老江に青々の残したモノの一つに
朝日地蔵堂に揮毫した扁額があります。
その地蔵堂の絵馬がこれです。
写真図7 朝日地蔵堂の絵馬

母と子が参る姿が描かれています。
この他、賽の河原を描いた絵馬も
奉納されています。

 

かつての長閑な農村が
淀川開削によって
急激な都市化を図るも
ディープな海老江には、
そこかしこに郷愁をそそる
風景を覗かせます。

 

海老江を発って
浦江の聖天さんまで
まっすぐ東に行きます。
高層ビルの林立する梅田は
もうすぐそこです。

写真図8 鷺洲の交差点

 

 

大阪あそ歩海老江・鷺洲コースについての
詳しい情報、お申し込みは
大阪あそ歩事務局まで
  ↓ここをクリック
https://www.osaka-asobo.jp/course227.html
お一人でもガイドします。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『大阪春秋』170号の特集は
*一枚地図の無い村です。

  *(注)千早赤阪村まちづくり観光課から

    「千早赤阪村周辺地図」が

    ブログアップ直後に送られてきました。

特集のタイトルは
「千早赤阪-大阪唯一の村」です。

 

今号の表紙は、
棚田での早乙女の田植えです。
写真図1 棚田での早乙女の田植え

「千早赤阪-大阪唯一の村」特集は、
まず村長さんのインタビュー記事から
読まれるのも一興。
副題は
「感激をお金にかえる千早赤阪村の野望」で、
棚田を見ての感激を
如何にしてお金にかえるかの大事も述べています。

 

その千早赤阪には、
名所・旧跡が散在しているのですが、
*役場に問い合わせても
「千早赤阪村」全体を版図とする一枚地図は
無いようです。

 *(注)のとおりで、

  「千早赤阪村周辺地図」の読図を

  ブログアップするつもりです。

勿体ない限りです。

 

それを繋げるのが『大阪春秋』です。

中島大侑「大阪府内唯一の過疎地域
  ~過疎脱却をめざして~」の
「千早赤阪村都市計画図」
「表 地域公共交通」なんぞ
一枚地図と云えなくもありません。

 

和泉大樹「地域資源考
 ─地域は楠木ゆかりの史跡とどう向き合うか」に
述べられているように、
今後の可能性を孕む、観光途上の空間のようです。

若干の記事を挙げましょう。

 

吉光貴裕「千早赤阪村の文化遺産」には、
言い伝え等の伝承で残る
古墳、城跡、古塚を載せています。
神様の声を聴きに行きたくなる「不本見山」など
パワースポットにもなりそうな神奈備山です。

 

北浦秀明「金剛山と山上の施設・四季」は、
金剛山を取り上げ
「信仰の対象から登山の対象へ」として、
歴史ある寺社による年中行事のほか、
山の自然を生かしたイベントなど、
新しい趣向を綴っています。

 

伏井信之「大阪府民の森ちはや園地」の

 ネイチャーウォッチング」は
金剛山の星空と自然を紹介する
「ちはや星と自然のミュージアム」の活動を取り上げ、
住民参加の観光を通じて
生きがいのある地域づくりと
農林業の振興を目指すも
道半ばと述べられています。

 

「村で暮らそう
 「 なんにもない」の魅力を発信する
  ちはやあかさかくらすの挑戦」中
囲い込み記事の田中力哉「私の村民脱出計画」は
昔ながらの伝統や
おばあちゃんの生活の知恵袋を挙げ、
“辺鄙が最先端”と
現代の都市生活で忘れかけている何かを
思い起こさせるエッセイです。

などなど編集の都合で取り上げられなかったけれど、
一枚地図の無い村「千早赤阪」を
熱っぽく、あるいは資料性ふんだんに
論じる記事が盛りだくさんあります。

 

写真図2 170号「千早赤阪-大阪唯一の村」チラシ

いつもの『大阪春秋』編集の
何でもありの妙を
堪能してください。
お買い求めは、
お近くの書店で注文するも良しです。

 

究会代表
 『大阪春秋』編集委員
 大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阪俗研会友でもある、
難波宮と大阪・熊野街道連絡協議会事務局の
島田浩三さんからのご依頼で
「やじきた浪花の旅」を話します。

 

今朝方から久々に
十返舎一九『東海道中膝栗毛』八編上中下を
小学館日本古典文学全集で
通して読みました。


講演の副題は「近世大阪の都市民俗」です。

今や学界では「都市民俗」という領域が
忘れ去られた感がします。
近世にあって三都および城下町は
周辺の農村とは一線を画す空間でありました。
弥次喜多が
高津社の高殿の遠眼鏡で
眺めたモノは、いったい何だったのでしょう。
写真図 「やじきた浪花の旅」表紙

弥次喜多を待っていたのは
遠眼鏡の触れ込みであった。
あまり上品ではないが、
市井の暮らしの細部までが
覗き見ることができると
触れ込んでいる。
◆遠眼鏡の言ひ立て
 「サア見なされ、見なされ。
 大阪の町々蟻の這ふまで見へわたる。
 近くは
 道頓堀の人群聚、
 あの中に坊さまが何人ある。
 お年寄りに、お若い衆、
 お顔の*みつちやが何ぼある。
  *みつちや:あばた

 

高津社から道頓堀の芝居町を
ご両人は眺めております。
この歓楽街には
さまざまな人たちが蝟集していました。
その空間は
人の気をそそる巷でした。

 

◆・・・まだまだ不思議は、
 此の眼鏡をお耳にあてると、
 芝居役者の声色、
 つけ拍子木の
 かたりかたり、
 残らず聞こへて見たも同然。
 お鼻を寄すれば、
 大庄の鰻の匂ひ、
 ふんぶんとあがつたも同然。
 ただの四文では
 見るがお得じや。
 千里一目の遠眼鏡
 これじやこれじや。・・・

 

 「かたりかたり」とは
舞台裏の効果音です。
役者の立ち回りや駆け足が聞こえてきます。
食欲をそそる鰻を焼く匂い・・・。

近世の大阪人の暮らしぶりを
江戸っ子を弥次喜多の失敗談をとおして
相対化して見つめます。
彼らにとって大阪の習俗は
異文化であったはずです。

 

コンテンツは以下のとおりです。
 1 はじめに
 2 やじきた『道中膝栗毛』浪花の世界
 3 装いの不思議
 4 不思議な食い物
 5 住まいの不思議
 6 生業の不思議
 7 むすび

 

当時の暮らしぶりを解くのに
三都の習俗を記録した
喜田川守貞『守貞謾稿』(『近世風俗志』)を援用します。

はたして、そこから「都市民俗」が
再構築される可能性が見出せるか否かは
ボクのプレゼンテーション能力に
掛かっています。

申込み締切は本日消印有効です。
    ↓ここをクリック
https://ameblo.jp/tanonoboru/entry-12367485217.html

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阪俗研会友でもある、
難波宮と大阪・熊野街道連絡協議会事務局の
島田浩三さんからのご依頼で
「やじきた浪花の旅」を話します。


2014年の秋、阪俗研セミナーで話した
「弥次喜多道中の都市民俗」を
リニュアルして臨みます。

写真図1 「やじきた浪花の旅」表紙

やじきた浪花の旅
~近世大阪の都市民俗~
難波宮と大阪・熊野街道連絡協議会講演
2018年4月28日(土)pm2:00
阿倍野区民センター
大阪民俗学研究会代表 田野 登

 

表紙の背景に使った挿絵は
大阪府立中之島図書館所蔵の
『滑稽膝栗毛』です。
近世後期から
近代初頭にかけて
十返舎一九『東海道中膝栗毛』になぞらえて、
いくつもの道中記が書かれます。

その一つの『滑稽膝栗毛』は
奥付には「東海道中」を冠して
「東海道中滑稽膝栗毛」とあります。

 

「発起 栃面屋 弥次郎兵衛
 講元 神田八丁目
    栃面屋 喜多八
 世話人 諸国本屋仲
     同 板元」とあります。
講元なんぞ、ふざけた名前ですね。
出版年月日は記載されていません。

 

どうも怪しげな版本ですが、
これには一九の『東海道中膝栗毛』の挿絵にない
場面が描かれています。
『滑稽膝栗毛』の挿絵には、
髙津社から遠目で
道頓堀界隈を覗く
弥次喜多が描かれています。

「高き屋に登りて見れば」と来れば
仁徳天皇の国見歌ですが、
ご両人は、はたして
浪花の如何なる
国ぶりを眺めたのでしょうか?
たっぷり「近世大阪の都市民俗」を
画像を駆使してお話しします。

 

島田さんたちの一連の企画は、
弥次・喜多珍道中を
追体験する趣向のようです。
写真図2 「なにわの弥次・喜多珍道中」のチラシ

 

主催・宛先・問い合わせ先
事務局 島田宛(06-6309-3590)まで。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。