晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

今度の浦江塾は
4月7日(土)です。

3月27日(火)に妙壽寺を訪ねた折、
案内ハガキをいただきました。
文面は以下のとおりです。

 

郷土誌を見直す『浦江塾』のご案内
大阪を描いた錦絵師初代長谷川貞信の「浪花百景」を
取り上げて、幕末から明治初頭にかけての大阪の情景を
探ってみます。神社仏閣、波止場などのマチの描写から
物売り、遊興、参拝などの人々行動を読み解い
てみます。水の都大阪の案内のため資料集めをしました。
 日時 4月7日(土曜日)午後7時より9時迄
 場所 妙壽寺(福島区鷺洲2-15-10)駐車可
 テーマ 「錦絵に見る水都大阪の情景」
       大阪民俗学研究会代表 田野 登
          文学博士 田野 登先生
4月2日(月)夕5時、関西TV「報道ランナー」に
田野登先生が出演されます。是非ご覧下さい。

 

以下、田野による書き込み。

関テレの「モーリーJAPAN」の「水の都」の編集は
さぞ順調に進んでいることでしょう。
ディレクターとの事前取材に応じ、
あれこれ話す中で、
初代長谷川貞信による錦絵「浪花百景」の内から
水都を画材とした情景を提案しました。

 

そんな訳で
今回の浦江塾では
時間の制約のあるテレビの画像では表せなかった
水都の情景を
丁寧に90分かけて話します。

 

例えば、この「川口の真景」です。
写真図 「川口の真景」(写真浪花百景 上編中編)
  長谷川貞信/画;一荷堂半水/著
  大阪:綿屋喜兵衛 [1868頃(明治初年)]
  大阪市立中央図書館蔵


  
現在、住友倉庫が建つ場所を
中央卸売市場側からの
南向きのアングルです。

 

画讃に依って絵解きをしましょう。
この絵は、巍々たる船番所に
フォーカスされています。
昼夜を問わず、
水都の喉元で睨みを利かしているのです。
喉元を過ぎて
雑喉場に漕ぎ行く漁船からは
棹歌、舵取りの声が
聞こえてくるというのです。

 

初代長谷川貞信の「実景」を
彷彿とさせる画風に
戯作者一荷堂半水の
筆のすさびを読み解こうと思います。

 

話す用意をしている錦絵は
以下の17点です。
 ①樋の口の春景/②桜乃宮春景/③築地蟹島
 ④高麗橋/⑤北新地樋之橋白雨/⑥中の嶋蛸の松
 ⑦玉江橋より天王寺塔遠景/⑧合羽嶋より東を望む
 ⑨川口の真景/⑩安治川橋/⑪川口の新大橋
 ⑫雑喉場/⑬松が鼻/⑭天満宮御旅所
 ⑮四ツばし/⑯住吉高灯籠/
 ⑰*木津川口甚兵への小家 *木津川口:実際は「尻無川口」

 

浦江塾とて
浦江周辺の
福島の「五百羅漢」、「浦江の聖天」
「大仁邑一本松の社」(大仁の八坂神社)を
「水都」に加えます。

今回は、リクエストに応えて
画讃に沿って読み解くという趣向は
如何でしょう。

 

いつもどおり、
参加費無料、手続き不要です。
大阪の歴史と民俗に興味のある方は
どなたでもご参加ください。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「桜満開」は、
移り気な人の心もさることながら、
気がかりなことです。


おととい2018年3月27日(火) の光景が
もう疾くに過去のものになってはいないかと。

「鷺洲」の読みを確かめるための
調査の日が
桜満開の時季と重なりました。

 

現在の町名の「鷺洲」ではありませんが、
この界隈の桜の名所となりますと、
JR神戸線のガードを潜っての
浦江公園(北区大淀南)を挙げます。

写真図1 ガードの先の桜

浦江公園の桜は
ABC朝日放送が北区大淀南にあった頃、
お花見のロケ地であったとか・・・。

写真図2 浦江八坂神社の参道

浦江の八坂さんの参道を挟んで
見事に咲き誇っています。
週末でもない昼日中に
お花見をされてます。

 

鷺洲に戻って、
浦江の聖天さんの桜が気になるところです。
山門を潜ると、この光景です。
写真図3 浦江の聖天さんの桜

芭蕉句碑の立つ池の畔の桜も
気になるスポットです。

 

他に鷺洲での桜といえば、
鷺洲中公園にも植わってます。
写真図4 鷺洲中公園の桜

鷺洲中公園は近世の古地図では
「古田蓑島」と表記される場所です。
当時、井路川に囲まれた田圃であった
この場所に
歌枕「田蓑の島」を語るモノはありません。

 

その鷺洲中公園を南に行った
昭和50年まで「鷺洲南一の一」だった街角に
懸案の「さぎしま」を刻む石があります。
ボクの子どもの頃の記憶でも
現在の場所か否かは定かではありませんが、
この辺りに、その石はありました。
写真図5 「さぎしま」を刻む橋柱のある街角

正面の道路を出た所で、
公園西側交差点からの道路を渡って、
関西スーパー福島店に出ます。
橋柱は写真の右隅で
黄色のペンキが塗ってあって
町内のゴミ収集の場所とのことです。
写真図6 「さぎしま」を刻む橋柱

「□ぎしまは」とは読めても「□ぎすは」とは読めません。
「さぎしま」であっても「さぎす」ではありません。


この「石」については、
「鷺洲衛生組合二十年史」1933年出版の付図にある
「鷺洲橋」と推定されます。
このことにつきましても
いずれ《「鷺洲」考》に記すことにします。

 

《桜満開の「鷺洲」での再発見》は、
再発見を目論んで歩いた時季が時季で
桜を訪ねましたが、
桜は、この地区でも随所に見られるものの
ガードの先の浦江公園に若くは無しということで
お仕舞いにします。

 

今回の「さぎしま」探訪は、
明後日3月31日(土)
福島区歴史研究会のセミナー
「浦江マチ歩きの栞
 -鷺洲界隈の再発見-」で話します。
詳しくは、
  ↓ここをクリック
https://ameblo.jp/tanonoboru/entry-12359318555.html
《忘れかけている福島区の「浦江」(1)
 :2018-03-11 10:07:12》を
ご覧ください。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日2018年3月27日(火)、
会友であって
福島区歴史研究会セミナー担当の
水谷浩一さんと大阪市立鷺洲小学校を訪ねました。
早速、レポートを頂戴しました。

 

◇今日はいろいろありがとうございました。
 おかげさまで新発見が出来ました。
 鷺洲小学校の庭に
 橋柱があるのは認識していましたが、
 表示まで気にしていませんでした。
 5柱のうち平仮名で「さぎしま」と書かれているのを
 発見しました。
 鷺洲「さぎす」ではなかったのです。
 31日の福島区歴史研究会のセミナーでの
 先生のお話が楽しみになりました。

 

水谷浩一さんは昭和20年生まれで
鷺洲小学校のボクの先輩でもあります。
お孫さん太一君のお迎えの間に
小学校をご一緒していただきました。
桜花爛漫の鷺洲小学校でした。
写真図1 桜花爛漫の鷺洲小学校

校庭の東側にかつての
井路川に架かっていた橋の橋柱が
保存されています。
そのうちの一つが「鷺島橋」と刻まれた
橋柱です。
写真2 「鷺島橋」と刻まれた橋柱

 

現在の町名の「鷺洲」ではありません。
読み方は、当然「さぎしま」です。
写真図2 「さぎしまはし」と刻まれた橋柱

「鷺洲中二」の町会長をなさる水谷さんにとっても
自明とされた「さぎす」ではなくて
「さぎしま」だったのです。

 

却って地元の方は見ていないものです。
ボクのように他郷に移り住み、
「ふるさと」を探訪する者には
分かっていないことが
意識されるもののようです。

 

架橋の年月日が刻まれている橋柱もあります。
写真図3 架橋の年月日も刻まれている橋柱

「大正十三年一月架設」とあります。
大正13(1924)年当時、
この学校は「鷺洲尋常小学校」でした。

 

今も歌い継がれる校歌の歌詞にある
「・・・鷺洲の里は賑わえり」の
「鷺洲」は「さぎす」であって
これは、けっして「さぎしま」ではありません。

「さぎす」か「さぎしま」かの問題は、
《「鷺洲」考》に委ねることにしまして、
本ブログは、
もう一つの「さぎしま」の確認に
桜満開の鷺洲の街を歩くことにしました。

 

究会代表

『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

前回、一荷堂半水による画讃を取り上げると
予告しました。

『大阪春秋』2008年9月第132号には
次のように記しました。

 

◇いっぽう賛辞の著者・一荷堂半水については、
  俗謡の蒐集家として知られ
 初代長谷川貞信は
 そのような唄本の表紙・挿絵を
 作画するなどして親交があった。

 

『浪花百景』で組んだ
初代長谷川貞信と一荷堂半水について
もう少し知りたいと思って
インターネットで検索していますと
自分の書いた
《初代長谷川貞信と一荷堂半水
2015-07-29 10:21:57》に出くわしました。
https://ameblo.jp/tanonoboru/entry-12055778099.html

 

このブログによりますと、
一荷堂半水の生没年を複数の情報が
文政11(1828)~明治15(1882)としています。
初代長谷川貞信より19年後れて生まれ、
3年後れて死没したことになります。

 

また半水の作品について
次のとおりに記しています。
◇「笑談貧福軍記」「梅迺栞」
 「男女狂訓華のあり香」といった
 艶福本から「英語土渡逸」まで
 売文で生計を立てていたと想像されます。
 先に挙げた複数の情報のいずれにも
 記載されていますのは「臍の宿替 : 穴さがし」なる
 書名の「芳梅 画」のシリーズ物の図書です。(中略)
 およそ「浪花百景」の風景を叙するのとは
 別の戯作者の顔が見えてきて
 幕末から開化の時代に生きた物書きの
 生涯の一端が見せつけられます。

 

このような戯作者としての
人生を過ごした半水ですが、
「安治川橋」の画讃は如何なものでしょうか?

この「安治川橋」につきましては、

関テレ「モーリーJAPAN」水都取材の際には、

中之島の西端をターンしたころ、

口頭で述べました。

半水は、この画讃において
初代貞信の精緻な画風と
相俟って、
具体的で精確な記述をしています。

写真図 安治川橋(写真浪花百景 上編中編)

  長谷川貞信/画;一荷堂半水/著
  大阪:綿屋喜兵衛  [1868頃(明治初年)]
  大阪市立中央図書館蔵

ルビは省略、適宜、句読点は打ち、改行します。
◇安治川橋ハ
 安治川口にかけわたして是を橋の終りとす。
 北詰ハ新堀の妓楼立つらねて
 泊り船の船頭を浮し
 南詰ハ冨嶋の船問屋軒をならべてかまびすく
 橋下は諸品を積て元船にはこぶ。
 上荷船又ハ網舟釣ふね遊山船より
 ピンシヤウ船にいたるまで登るあり、
 下るありて、
 実に扶桑第一の大みなととはいふべきなり。

 

新堀の妓楼を叙し、
港を行き交う
上荷船、網舟、釣ふね、遊山船に
続いて「ピンシヤウ船」を挙げています。
港町ではしばしば、
遊女が舟人相手の一夜妻となります。
錦絵では、右下に
碇泊する廻船の間を
漕ぎ行くの舟が描写されています。
オツムの禿げ上がった船頭の漕ぐ舟に
二人の女性が乗っています。
この舟が「ピンシヤウ船」です。

 

4月7日の浦江塾では、
幕末から明治の初頭に描かれた錦絵を
絵解きする作業を通して
水の都に集う人々の暮らしぶりを
探ることにしたいと思います。

妙壽寺からの浦江塾案内ハガキを待ちます。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月7日(土)の
第79回浦江塾で「錦絵に見る水都大阪」を
話すことにしました。

 

準備の時間を取れませんので、
関テレ「モーリーJAPAN」水都取材の際、
用意した錦絵を宛てます。

 

10年程前、『大阪春秋』に書いた
*「失われし水都の情景」の記事を
加工して使うことにしました。
 *「失われし水都の情景」:『大阪春秋』
  2008年9月第132号、2009年4月第134号、
  2009年7月第135号

 

今回も初代長谷川貞信『浪花百景』を挙げて
一荷堂半水による画讃を読みながら
絵解きをすることにします。

 

そもそも初代長谷川貞信って
どなた?
以下、拙稿『大阪春秋』からの引用です。

 

◇絵師・初代長谷川貞信、
 賛辞の著者・一荷堂半水について略述しておこう。
 初代長谷川貞信は幕末から明治初頭にかけて
 大阪を中心に活躍した絵師である。
 文化6年(1809)に大阪南船場の商家に生まれ、
 明治12年(1879)に病没している。
  注:大阪城天守閣編集、1980年『特別展錦絵にみる浪花風物誌』
   「ごあいさつ」

 

初代長谷川貞信の生きた時代の大阪は
未だ浪花情緒を残す世界でした。
拙稿からの引用の続きです。
◇その画風は、
 人物描写において「デフォルメの少ない几帳面」であって、
 「背景を加える場合は、
 その描写は詳細で、
 劇場や家屋などに遠近法にも狂いはない」と
 評されている。
 (注:松平進、1997年
 『初代長谷川貞信版画作品一覧』和泉書院)。
 この評価は、「浪花百景」においても遺憾なく発揮されている。

 

『浪花百景』には、貞信の他、
芳瀧、芳雪、国員によるものがあります。
そちらの方は大胆なアングルで
際立ったデフォルメで目を惹きます。
それに比べて
リアルで精確な描写です。
それだけに風俗の実態を知る手がかりとなります。
とりあえず、「安治川橋」を挙げます。

 

この絵は拙著2007年『水都大阪の民俗誌』和泉書院の
巻頭グラビア写真と同じ錦絵です。
今回は、大阪市立中央図書館による
デジタルアーカイブをアップします。

写真図 安治川橋(写真浪花百景 上編中編)

長谷川貞信/画;一荷堂半水/著
大阪:綿屋喜兵衛
[1868頃(明治初年)]
大阪市立中央図書館蔵

 

さぁ、この一枚の錦絵から
いかなる風俗が見えてくるでしょうか?

次回は、一荷堂半水による画讃を取り上げます。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。