晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

前回、野田村小字名①~⑧と
*地方文書「享和元年蛭児之宮神祭取締リ請印形帳」記事中の
地名との照合から始めると予告しました。
 *地方文書「享和元年蛭児之宮神祭取締リ請印形帳」
  野村豊、1958年『漁村の研究-近世大阪の漁村-』三省堂
   以下「1801エビス祭礼陳情書」と表記

 

その前に「1801エビス祭礼陳情書」に
「蛭児之宮」とある
野田恵美須神社のHPに立ち寄ることにします。
  ↓ここをクリック
http://www.noda-ebisu.com/yuisho.htm

 

「由緒」の「地車」の項です。
◇むかし野田村は、
 六つの町に分かれていまして、
 そのうち一町が太鼓を、
 一町が神輿(みこし)を、
 そして他の四町が地車を持っていました。
 すなわち四台の地車があったのですが、
 老朽化したため大正の中ごろから廃絶していました。
 それを復活しようという気運が起こったのが、
 昭和六年で、このとき昔の四台のかわりに、
 一台の大きな地車を作ろうということになり、
 岸和田の専門家を招いて、

  一年がかりで作らせたのが今の地車です。

 

そういわれてみますと、野田のエベッサンの地車は
近くの福島の天神さんや、
海老江の八阪さんよりも、たしかにでっかい。
写真図1 野田恵美須神社地車
     撮影:2015年1月十日戎

 

「四台のかわりに、一台の大きな地車」を拵えたのでした。
注目しますのは「むかし野田村は、
 六つの町に分かれていまして」の記事です。

「1801エビス祭礼陳情書」記事中に

「本郷六町」という言葉を見かけたことがあります。
 
◇乍併古例相止候儀者神慮之恐も有之、
 新家より者幟提灯ニ而社参仕、
 野田本郷六町者御輿・太鼓・地車ニ而
 他村へ参リ候儀者無之、村内ニ而出し来リ候

 

「野田本郷六町」は「新家」と
並記されています。
この記事は、
古例中止後の新家と野田本郷六町の
取り決めです。

それまで祭礼に御輿・太鼓・地車を出していた
「野田本郷六町」の「六町」とは、
何町でしょう?

 

「1801エビス祭礼陳情書」を溯ります。
次の記事があります。
◇其砌より
 当村内弓場町と申所ニ御輿人足出し来り候、
 東町と申者太鼓人足出し来り候、
 堤町・大野町・奥町・北野町四町者地車四ツ出し来り候、
 新家者幟提灯ニ而、
 右御輿御迎ニ参リ、
 則野田西ノ口と申所より
 御船ニ而新家御渡有之候儀古例ニ御座候

 

祭礼の「古例」をしたためています。
「弓場町と申所ニ御輿人足・・・」
「東町と申者太鼓人足・・・」
「堤町・大野町・奥町・北野町四町者地車・・・」
「新家者幟提灯・・・」

 

新家は「野田西ノ口」まで
幟・提灯を仕立てて迎えに行き
御輿渡御をしていたのです。
その際、弓場町、東町、堤町
大野町、奥町、北野町の六町が
御輿に供奉していたのです。
「野田本郷六町」の「六町」は、
御輿に供奉した六町です。

 

この町名は、
*藤論考に挙げた
8つの小字名と重なるようで重ならない。
それに、ここでは「新家」が出て来ました。
   *藤論考:藤 三郎「野田城と戦国三好一族」
 『なにわ福島ものがたり』福島区歴史研究会、2012年初版

往時の「野田城」周辺の
町が見え出したところで
次回まわしです。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、

《『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』を読む(4)》に
『なにわ福島ものがたり』(福島区歴史研究会、2012年初版)
藤 三郎「野田城と戦国三好一族」記事中に
「城之内」「奥」の小字名を表記する地図のことを挙げました。
写真図1 『なにわ福島ものがたり』表紙

その「明治19年の地図」を

藤 三郎氏からメールで送っていただきました。
写真図2 藤 三郎氏から送られてきた地図

この地図を大阪市立図書館デジタルアーカイブの古地図と
照合しましたところ
明治21(1888)年

「内務省大阪実測図」であることが判明しました。

 

そこで送られてきた地図を読図しました。
たしかに「字城之内」「字奥」等の
小字名が判読できます。

「野田城」はとなりますと、
この地図には反映されていません。
摂津の地誌中、
もっとも古く詳細をきわめた私撰地誌研究と
評される*『摂陽群談』には
「野田古城」の記事が見えます。
    *『摂陽群談』:蘆田伊人、編集校訂、1957年『摂陽群談』
    (大日本地誌大系38)雄山閣
          元禄14(1701)年岡田徯志編纂

 

◇野田古城:
 *同郡野田村にあり、細川氏綱在城、
 織田信長等の城郭なり。
 今俗、其古跡を指て城の内と云へり。
 当村極楽寺に於て、慶長の戦死、秀頼公吊之、
 報施の寄付状、于今伝来あえり。*同郡:西成郡

 

「今俗、其古跡を指て城の内と云へり」とあって
極楽寺が「城の内」を伝承していたと読み取られます。

 

寛政8(1796)年~寛政10(1798)年に刊行された
通俗地誌『摂津名所図会』には、
「今俗・・・云へり」の箇所を
「字を城の内といふ」と書き換えています。
万延元(1861)年以前の未刊本『摂津名所図会大成』には、
『摂津名所図会』の「字を城の内といふ」を
そのまま記述しています。

こららの小字名の記事により「野田城」の存在が
明らかになったのです。

 

この「字城之内」「字奥」を始め
「野田城」の周辺地域について
*藤 三郎「野田城と戦国三好一族」は詳しく
記述しています。
      *藤 三郎「野田城と戦国三好一族」
   :『なにわ福島ものがたり』福島区歴史研究会、2012年初版

付図《明治時代初期の地名と地形から推定される「野田城」》には
18箇所の地点を挙げています。
写真図3 
『なにわ福島ものがたり』付図

 「明治時代初期の地名と地形から推定される「野田城」」

そのうち小字名と一致するものには「*」を付けます。
( )には原図小字名の表記。
 

 ①*奥/②*城之内/③*北乃(ノ)口/④*堤
 ⑤*大北/⑥*大南/⑦*弓場/⑧*村東
 ⑨舟往還の通路/⑩井路川/⑪衛濠
 ⑫発掘調査地点/⑬(仮称)浦江口/⑭(仮称)福島口
 ⑮浦江城に通じる道(仮称)浦江街道
 ⑯堀城に通じる道(山田道)
 ⑰馬洗淵/⑱「野田城跡」の石碑

 

次回、ここに示された小字名①~⑧と
地方文書「享和元年蛭児之宮神祭取締リ請印形帳」記事中の

地名との照合から始めて
「野田城」を取り巻いたであろう
空間を探ることにします。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

《『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』を読む(3) 
2017-10-12 18:46:11 》に
「最終章《第四章 集落に伝承されるクチ―オクの観念》は、
 住まい空間の解析を
集落空間に発展させる論究であります」と
予告しました。
   ↓ここをクリック
https://ameblo.jp/tanonoboru/entry-12318973407.html

 

それから早くも3ヶ月半が経ちます。
森隆男氏からの「阪俗研便り」通号265号
2018/01/26配信の便りによりますと、
「クチ―オク」の視座が、
「聖地」の「集落空間の分析」にも
有効であると予想しているとのことです。

もうこれ以上、ボクの都合で
先延ばしにはできないと観念して
同書における「集落空間の分析」を紹介します。

 

本ブログは
《『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』を読む》を
「テキスト」として取り上げます。
  *『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』:
   森隆男、2017年3月30日初版発行
  『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』清文堂
  
写真図 『クチとオク―住まいの民俗学的研究の一視座―』表紙

 

テキストの《第四章 集落に伝承されるクチ―オクの観念》に
次の記述があります。

 

◇城下町は城や町人の住まい、
 寺院が整然と配置され、
 防禦を目的につくられた完結した空間といえる。
 そのためクチとオクが明確な秩序を形成している。
 本節では兵庫県豊岡市出石を事例に、
 城下町に内在するクチ―オクの秩序をさぐってみたい。

 

「防禦を目的につくられた完結した空間」であれば、
オクへの物流を受け入れ、
オクへの浸入を阻止するのが
クチと考えられます。

 

◇城下町のクチとは城下の出入り口であり、
 オクとは城を指す。

 

豊岡市出石の場合、船着場に注目しています。
◇城下の外れの出石大橋東詰め付近に
 「お竜灯籠」と呼ばれる大型の灯籠が残っている。
 ここはかつて谷山川の船着場跡で、
 灯籠は灯台の役割を果たした。
 文政年間には円山川を遡って
 魚積船が航行していたことが分かっている。

 

往時、船着場は城下町の喉元であります。
物流の拠点であります。
◇城下町を一つの空間とみなしたとき、
 船着場も重要なクチといえる。
 後年、出石大橋の西方に出石鉄道の駅が置かれ、
 新しいクチになった。

 

ここまでは、駆け足で

テキストにみえる「クチ―オク」を

辿ってみたのですが、

地名として挙げられているのは、
大阪市福島区にかつて存在した
「野田城」であります。

 

付近のかつての井路川・町名・衛濠・村内外を結ぶ道から
推測して城の建っていた場所は、
小字名「城之内」「奥」との報告があります。

*藤 三郎「野田城と戦国三好一族」には次の記事があります。
      *藤 三郎「野田城と戦国三好一族」
   :『なにわ福島ものがたり』福島区歴史研究会、2012年初版

 

◇「野田城」はこのように歴史に登場するがその跡は全く判らず、
 長年「幻の野田城」と言われていたが、
 明治19年の地図に残っていた「字城之内」「字奥」などの地名から、
 岡倉光男氏により、ほぼその位置は特定されており、
 本稿はそれに従った(6)。
   (6)『野田新報(7)』岡倉光男 1972

 

稿を改め「大阪福島・野田城の空間」と題して
地方文書「享和元年蛭児之宮神祭取締リ請印形帳」の記事に
照らして
城下町の空間概念「クチ-オク」についての
一事例として報告してみたいと思います。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログは、
昨年末、西淀川区の中島から
かつて存在した「外島保養院」を望見した折、
阪俗研メンバーの方からいただいた*冊子の
記事に導かれて
折口信夫の「大阪詠物集」中の千日前「かたゐ」歌を

考察しようとするものです。
 *冊子:『大阪にあったハンセン病療養所-外島保養院』
  大阪市保健所感染症対策課「外島保養院の歴史をのこす会」
  2017年2月発行

写真 冊子表紙

 

この冊子の「第1章 外島保養院の開設と移転問題」に
次の記事があります。

 

◇外島保養院の『統計年表』の職業別分類によると
 1909(明治42)年開設から1912年(大正1)まで
 隔離収容された人は、
 「四国遍路」、「浮浪」が上位をしめています。
 ハンセン病を発症して、
 四国八十八ヶ所まいりの「遍路」に出されたり、
 家族のことを思い
 自分から家を出る人もあった歴史がみえてきます。

 

今回、着目しましたのは「浮浪」という熟語です。
「浮浪」なら「マレビト論」を主唱した折口信夫の
文学世界に描かれています。
《折口信夫の「なにわ・大阪」を探る(4):2015-07-02 04:52:30》に
次の記事を載せています。
    ↓ここをクリック
https://ameblo.jp/tanonoboru/entry-12045574578.html

 

◇「大阪詠物集抄」につきましては
 『折口信夫全集24』(中央公論社、1997年)の
 「大阪詠物集」には、次の場所が挙げられています。
 梅田、中之島、日本橋、道頓堀、
  千日前、木津、木津鷗町、西の宮えびす舞し、天下茶屋、
  十日戎、逢坂、合邦个辻 、一心寺、
  四天王寺、舎利寺、今宮中学校、天王寺中学校の
 17個所が載せられています。

 

今回、俎上に載せる*「千日前歌」は
次の歌です。
 *「千日前歌」:『折口信夫全集』24、1997年、
   中央公論社、「春のことぶれ」
      昭和5年1月10日、梓書房から刊行

◇千日前/(二首目)
 もろ膝を あらはに 土のうへにゐる
 かたゐを見れば、 かれ笑ひけり

 

「かたゐ」とは
浮浪者?
*『広辞苑』に当たりました。
   *『広辞苑』:新村出編2008年『広辞苑第6版』岩波書店

 

◇かたゐ:かた‐い【乞丐】‥ヰ
      (傍かた居の意)
      ①道路の傍らなどにいて人に金品を乞い求めるもの。

       乞食こじき。
       ハンセン病。また、その人。
             ②人をののしっていう語。ばか者。
       土佐日記「このかぢとりは日もえはからぬ―なりけり」
       
道の傍らに居る人から
派生してハンセン病患者にまで及ぶ語です。
千日前歌の「かたゐ」の「笑ひ」とは、
いったい何を語るのでしょう?
家・家郷を捨て、あるいは放逐を
余儀なくされたハンセン病患者の笑いは
自嘲?へつらい?諦め?

 

ちなみに折口の浮浪者へのまなざしは
大阪・中之島での情景にも
向けられています。

 

◇河波の夜の やはらぎを
 聴き剰し
  洲に臥る人を

 

むつかしい訓みの歌です。
ルビに従って
「剰し」は「アマし」と
「洲に臥る」は「スにヌる」と訓みます。
 「洲に臥る人」とは
河原に寝起きする

 路上生活者です。

 

折口の捉えた都市の闇は、
民俗研究にとっての都市への
一視座を示すもので、
さまざま生活者へのまなざしを
閉ざしては都市の民俗学研究
成り立たないことを示唆します。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今度の浦江塾では蜆川の今昔が聴けます。
昨日、住職から案内ハガキが届きました。
以下、文面を載せます。

 

郷土誌を見直す『浦江塾』のご案内
 “水都”と呼ばれた大阪ですが、往年の美しい景観は
見られません。今回は堂島の北側を東西に流れていた
曾根崎川(蜆川)と、架かっていた10の橋を取り上げ
川の成立から消滅までの歴史と橋の名残を訪ねます。
 日時 2月3日(土曜日)午後7時より9時迄
 場所 妙壽寺(福島区鷺洲2-15-10)駐車可
 テーマ 「蜆川の面影を求めて」
       大阪府立大学
         大阪検定客員研究員
             湯川 敏男先生

 

以下、田野による書き込み。
近松門左衛門の「曾根崎心中」にも
蜆川、梅田橋が語られています。

 

〽・・・恋風の 身に蜆川 流れては 
 そのうつせ貝 現なき 色の闇夜を 照らせとて 
 夜毎にともす 灯火は 四季の蛍よ 雨夜の星か 
 夏も花見る 梅田橋・・・

 

内本町の醤油屋平野屋の手代徳兵衛と
堂島新地天満屋の遊女お初が
はたして蜆川に沿って
曾根崎の森まで手に手を取って
死出の旅に出たかどうかは疑問です。
湯川敏男さんの発表から
その真実が明かされるのを期待します。

 

蜆川跡は今日、辿れなくはありませんが、
上流の北区に入りますと、
曾根崎新地二丁目、一丁目になりますと、
川を埋め立てた上に新地の飲食店が建ってます。
「蜆川の面影」を
いかに表現されるのかが楽しみです。

 

近松の「心中天の網島」には橋づくしがあります。
いくら蜆川に架かる橋が挙げられていることでしょう。

〽…いとしかはいと締めて寝し
 移り香もなんと
 ながれの蜆川、西に見て
 朝夕渡るこの橋の
 天神橋はその昔
 菅丞相と申せし時
 筑紫へ流され給ひしに
 君を慕ひて大宰府へ
 たった一飛び梅田橋
 あとおひ松の緑橋
 別れを嘆き悲しみて
 跡にこがるゝ桜橋
 今に話を聞渡る
 一首の歌の御威徳
 かゝる尊きあら神の
 氏子と生まれし身を持ちて
 そなたも殺し我も死ぬ
 元はと問へば分別の
 あのいたいけな貝殻に
 一杯もなきしゞみ橋・・・

 

天神橋は度外視して、
梅田橋、緑橋、桜橋、しゞみ橋。
今日、顕彰されているのもありますが、
今回の「蜆川の面影を求めて」で
その場所が明らかにされることでしょう。

 

蜆川畔跡の大手会社にお勤めになられた
湯川敏男さんにとりましては、
さぞかし、庭のような世界でしょう。

なお湯川さんは『大阪府謎解き散歩』(新人物文庫)を
共著で出しておられます。

 

2月3日の浦江塾が今から楽しみです。
いつもどおり、
浦江塾は参加費無料、参加手続きは無用です。
興味のある方は時間までにお越しください。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。