晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

2017年10月15日(日)の
日本民俗学会年会での発表が
気になるところですが、
まずは浦江塾での
10月7日(土)の発表
「水辺の妖怪譚―堂島蔵屋敷の狸騒動など―」が
先です。
  ↓ここをクリック
https://ameblo.jp/tanonoboru/entry-12314209712.html

 

朝からPowerPoint版を
手直ししていて、
ようやく、エンディングテーマを
思いつきました。
下地の写真は、
堂島中津藩蔵屋敷跡です。
前方に架かるのが玉江橋、
先の中之島には大阪国際会議場が見えます。

写真図  エンディングテーマ

事の発端は
堂島川の精霊流しでした。
流されるのは、どなたなのでしょう?
水辺には
都で射落とされた
鵺が漂着しました。
水辺からは
風の神が送られました。
天神祭の橋の下には
大江山からのひもじがる鬼が出張してました。
水辺の蔵屋敷は
狸の住み処でもありました。
今回は福島近辺の水辺に
異界を探訪しました。   (おしまい)

 

今回は、妖怪オムニバスです。
画像だけのもあれば、
数コマに亘るのもあります。
青森のネブタの作り物もあれば、
「餓鬼草紙」の画像もあります。
無いのは現代の創作された妖怪です。

 

もっとも、水辺の蔵屋敷の
狸騒動も
原作の小説・島本久恵「長流」を仔細に読みますと、
次の記述にたどり着きます。
創作の手が加わっているようです。
◇そこで与平にやっとして、
 「わてがいまはなしたのも、
  つまりそのにわかで見たんや、
  そやのうて何しに分りまひょ、
  こっちが治三公で向うが狸やがな、
  わはははは、わははは」

 

「にわか」とは俄狂言です。
即興の笑い話です。
今回はネタ晴らしをしてしまいました。
噂話や笑い話といったジャンルは、
真鍋昌賢『浪花節』(2017年、せりか書房)が、
そうであったように、
切り口を、演者、書き手、話者に焦点を絞れば、
じゅうぶん民俗学の研究対象になります。
「昔」のお話でほったらかすのはもったいない。

 

文芸性を帯びた書き物をも
研究対象とするならば、
妖怪譚など
まだまだ発掘されそうです。
いずれ中之島図書館所蔵*『浪華奇談』を
テキストに取り上げてみたいものです。
 *『浪華奇談』:拙稿「翻刻『浪華奇談』怪異の部」
        『大阪府立図書館紀要』第 36 号
         2007年3月

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阪俗研の「便り」に
お彼岸の記事を
会友で市岡の29期生の田中和雅さんにお願いしました。
早速、メールが届きました。

 

◇お彼岸に墓参りをされた方も多いかと思いますが、
 私の家ではお彼岸に墓に参る習慣はなくて、
 墓参りはお盆の行事でした。
 ではお彼岸には何をするかと申しますと、
 仏壇におはぎを供えます。
 春のぼたもち、秋のおはぎ。
 父の里ではなぜか春でも秋でもぼたもちでした。
 高校生の時、
 余ったそのぼたもちをお弁当に持って行ったことがあります。
 同級生女子がのぞきこむので
 「ひとつ食べる?」と聞くと
 遠慮したのか首を横にふりました。
 それが40年も経って同窓会で
 「あの時もらっておいたらよかったな」と。
 お彼岸ではなく、おはぎの思い出。

 

以下、田野による書き込み。
ちょっぴり甘酸っぱい思い出と
現在の心境を綴られました。

ところでボクの春秋お彼岸の中日は、
檀那寺の妙壽寺での法要にお参りして
オハギを戴いて帰って
家族と食します。
檀那寺での法要の後、
四天王寺での日想観を修す行事に参加して
夕陽の沈む時に、
参集した一同と
般若心経を上げたりすることもあります。

 

田中さんは
「仏壇におはぎを供えます」と記してます。
ボクの場合、実家には仏壇がありますが、
住んでいる家には仏壇がありませんので、
日々のホトケ祭りはしていません。

 

そこで田中レポートによって
子どもの時代、
親の代でのお彼岸のホトケ祭りを
思い出してみました。
たしかに、わが家でもオハギをお供えしておりました。
田中さんは
「同級生女子がのぞきこむので
 「ひとつ食べる?」と聞くと
 遠慮したのか首を横にふりました」と
綴っておられますが、
ボクは、
近所のお宅が毎年、お彼岸に
自家製のオハギを作られては、
ありがたく、いただいていました。
それが味つけや柔らかさが
わが家と微妙に違ったりしたものです。

 

この長屋の家どうしの、
オハギのやりとりは、きっと
お相伴に与るといったものでしょう。
「相伴」という言葉の意味を
*『広辞苑』で確かめました。
 *『広辞苑』:新村出編2008年『広辞苑第六版』岩波書店
第2項目に次の記述があります。
 ◇饗宴の座に正客に陪席して
  同じく饗応を受けること。

お彼岸のオハギの場合でしたら
「饗宴の座」の「正客」とは、
お仏壇のご先祖さんでしょう。
何だか抹香臭いと思われるでしょうが、
ご家庭のご先祖さんへのお供えの品の
お相伴に与ったものです。

 

田中さんが40年前、
「ひとつ食べる?」と言わはったのには
お相伴の意味合いが有ってか無かってか存じません。
ただ、40年後の同級生女子の言葉
「あの時もらっておいたらよかったな」に
如何ほどの意味があるのでしょうか?
40年後の彼女には
お彼岸のお相伴の
世間的な意味が理解できたのだと
ボクは解釈しますが、
いかがでしょうか?
しかし、これは、確かめられない方がよいかもしれません。

 

それにしましても
田中レポートから
年中行事での配り物の
心意の一端を考えさせられました。

 

究会代表 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今度の浦江塾で水辺の妖怪を話します。
写真図1 浦江塾の表紙

下地の絵は、
大阪府立中之島図書館所蔵の
貞秀「浪速天満祭」(おおさかeコレクション)です。
この賑わいに
大江山からの鬼が身を潜めているのです。
ちょっと見つけるのは難しそうですが、
藤本義一、1987年「わが天神祭り」では
そのありさまが語られています。

今回の案内ハガキが住職から届きました。

 

写真図2 案内ハガキ

文面は以下のとおりです。

 郷土誌を見直す『浦江塾』のご案内
 堂島の川沿いは蔵屋敷が鬱蒼とし塀を連ねていて
妖怪等の纏わる話題が巷間の楽しみの一つでした。
ムジナも川辺では普通に徘徊していました。従って
関する譚が自然と発生流布した様です。今回記録に
残された譚を取り上げ当時にタイムスリップします。
 日時 10月7日(土曜日)午後7時より9時迄
 場所 妙壽寺(福島区鷺洲2-15-10)駐車可
 テーマ 「水辺の妖怪譚」
       ―堂島蔵屋敷の狸騒動―
        大阪民俗学研究会代表 
         文学博士 田野 登先生

 

以下、田野による書き込み。

臆面もなく称号もそのまま添えています。
「堂島の川沿いは蔵屋敷が
鬱蒼とし塀を連ねていて」とあります。
先達て、住職にPowerPoint版をご覧にいれました。

写真図3 目次

水辺の妖怪譚―堂島蔵屋敷の狸騒動など―もくじ
 1 玉江橋での精霊流し
 2 水辺の妖怪や異類のモノたち
 3  蔵屋敷の景観
 4 堂島蔵屋敷の狸騒動

 

 《3  蔵屋敷の景観》で
たっぷり蔵屋敷の夜景の
薄気味悪さをご覧に入れます。
対岸の中之島「蛸の松」の夜景を想像してください。

 

このPowerPoint版は
8月8日実施の中之島精霊流し関連のイベント時
作成したものを
ヴァージョンアップしたものです。

お盆に送るのは、
どなたでしょうから始まります。
先祖さんだけやないでしょうから始まります。

 

《4 堂島蔵屋敷の狸騒動》は、
島本久恵「長流 一」(昭和36(1961)年 みすず書房)より
抄出しました。
さながら狸のオンパレードです。
原作には中津の屋敷(堂島蔵屋敷)の狸の他、
浦江の提灯火、
難波のだんじり囃子、
海老江の蜘蛛の火、
これら、みんな狸の仕業なんです。

「難波のだんじり囃子」を除き
朗読します。

 

今回、初出の「海老江の蜘蛛の火」の出だしは・・・・
◇ 性のわるい狸、えぐい化け方する奴もたんといて、
 それにも段々があります。
 恐ろしい奴は海老江の蜘蛛の火、
 蜘蛛の火ちゅうのんで分かりまっしゃろ、
 お寺の横手で両方から孟宗の藪が
 上の方大方つきおうて陰気にかぶさった道や、
 そこを晩に「淋しいなあ」思て通ると、
 不意に頭の上へ
 ぎらっとまっ蒼に光って大けな蜘蛛の巣、
 わあッとそこへへたばってしまう、
 そいでもへたばったら堪忍しよるねけど、
 何くそッと、抵抗(てむこ)うて

 棒の一本も振り上げたらおしまいや・・・・

 

流暢な大阪弁で綴られる妖怪譚です。
この顛末や如何?
浦江塾で語ります。

 

浦江塾は参加手続き不要、
参加費無料、
興味がある方は30名まで
参加いただけます。

 

究会代表 

『大阪春秋』編集委員    田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今秋2017年秋の大阪あそ歩が
スタートしました。
会期は9月23日~11月26日です。

ボクはまち歩き市岡1コースと
福島区2コース、
それに、まち遊びセミナーを1回実施します。

まち歩きは、いずれも出発時刻は
午後1時です。

 

市岡1コースは、今秋は安治川コースだけで
尻無川コースはお休みです。
市岡安治川コース「懐かしの別府航路いまいずこ
 ~弁天埠頭解体後の今を見る~」の日程は、
10月21日(土)です。
何と言っても「弁天埠頭解体後の今」です。
往時の写真と見比べましょう。
万博当時の大阪案内地図は撤去されたそうです。
写真には、朽ち果て錆びついた案内地図を保存しています。
当時、在阪球団はいくつありました?
大阪市内に野球場は、いくつありました?
今の京セラドーム大阪は、ありませんよネ。
当時、大阪タワーというのがあったのをおぼえておられますよネ。
観光都市大阪の万博当時を
弁天埠頭案内板の写真で偲びます。
もちろん近世市岡新田の過去
会所跡、波除山跡も訪ねます。

 

福島区2コースのうち
「石畳路地の郷愁に誘われて大和田街道をゆく
 ~水郷・海老江から浦江聖天を経て「売れても占い商店街」まで~」の
実施日は10月29日(日)です。
先ほど、アップしました
「大和田街道をガイドしました」の逆回りコースです。
   ↓ここをクリック
  https://ameblo.jp/tanonoboru/entry-12313580417.html
ただし松下幸之助記念碑、
西野田工科高校一帯の池沼地帯は、
縮地の術でドロンどろんと
ご覧に入れます。

 

あと一つの
「田蓑島・王仁博士伝承地の検証!
 ~ゴールはスカイビル「紅葉の森」~」の日程は、
11月25日(土)です。
何で、期間最終日近くて?
梅田スカイビルでのドイツのクリスマスマーケットが
開催されているからです。
昨年2016年は11月18日(金)からの開催でした。
それにスカイビルから梅田に繋ぐ
梅北地下道が
「東側の165メートルが12月ごろに閉鎖。
2024年ごろに残り40メートルも閉鎖予定」とのこと。
   ↓ここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00010008-asahibcv-l27
「12月ごろ」が微妙です。
今秋が見納めです。

 

今回、この浦江大仁コースで
ガイドでは、いくらなんでも伝えきれない話を
セミナーでたっぷり話すことにしました。
「【中之島図書館コラボ企画】歌枕「田蓑の島」の世界
 ~近世「浦江村」との関係~」です。
日程は11月18日(土)で
浦江大仁コースのまち歩きの1週間前です。
場所は大阪府立中之島図書館です。
ボクが卒論以来ですから、
40年以上、お世話になっている図書館です。
PowerPoint版約100コマを90分で話します。
現地の写真に、古文献、古地図を駆使します。
今日2017年9月24日の
「なにわの宮リレーウォーク」の聖天さんで
話せなかった話を
実証的に話します。
その次の週11月25日(土)は、現地で検証します。

いずれも詳しいこと、お申し込みは、
大阪あそ歩HPをご覧下さい。
  ↓ここをクリック
https://www.osaka-asobo.jp/guide/detail/id/15

その他、大阪の歴史、とりわけ
民俗に関心のある方は、
ブログトップの「阪俗研」
tano@folklore-osaka.org
まで、直接メールをいただきますようお願いします。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

本日、2017年9月24日「なにわの宮リレーウォーク」
「旧街道を歩く ③大和田街道」の
ガイドをしました。

JR福島駅から福島→鷺洲→海老江→大開
野田新橋筋商店街入口で野田担当に
バトンタッチをしました。

先発は福島区歴史研究会幹事長の末廣訂氏で
ボクは第2班で25名の参加者を
約2時間ほどでガイドしました。
コースは、
いつもの大阪あそ歩の海老江・鷺洲コースの
逆回りですので
難なくこなしましたと言いたいところですが、
下見の時、聖天さんで時間を取りすぎ
主催者から注文がつきましたので、
あそ歩の時と比べて多少、端折りました。

売れても売らない「占い」商店街では、
南の方に見える福島公園が
五百羅漢のお寺・妙徳寺の跡とて
写真・錦絵を使って、今回は説明をしました。
聖天さんでは、今回「田蓑の島」の話はしませんでした。
何でって、時間が押しているせいでですが、
今度、大阪あそ歩のセミナーで中之島図書館で
歌枕・田蓑の島と浦江村をたっぷり話します。

鷺洲の聖天通り商店街では、
その名も聖天キネマで見た、山本五十六の映画のことを
チラッと話しました。

海老江に向かう途次、塩野義研究所、大日本住友製薬の
跡地の現況を案内しました。
高層マンションと商業施設が、これから建ちます。

海老江では、末廣 訂さんからいただいた、
大きな楠の前のお屋敷の写真をご覧にいれました。
現在、駐車場になっております。
今回、南桂寺に立ち寄り、俳人・松瀬青々のお墓と
郭公塚を見学しました。
郭公塚は、ホトトギスを祀る墓です。
八坂神社に詣で、
国道線を渡り、石畳路地を
静かに通りました。

この先、「梅田街道・大和田街道道標」から大きく逸れます。
石畳路地の詳しい話は、
海老江七丁目の公園でしました。
もう目の前は、阪神本線を挟んで
大開です。

松下幸之助記念碑のある大開公園では、
西野田工科高校から、
海老江の辺りが池沼があったことを
元禄年間刊『摂陽群談』の尼ヶ淵の伝説の記事から
説明しました。
聖徳太子の時代、廃仏毀釈で尼さん三人を池に沈めたとのこと。
それが祟ってか雨夜に火の玉が出るとの話。
元禄年間当時から作り話やと気づいていたようです。
この話は民俗学者・柳田国男も
伝説として取り上げております。
それにしても松下幸之助操業の地が「大開」とは
験のええ話ですが、
参加者から「その時代、土地も安かったのでしょう」との発言。
なるほど、さようでございましょう。

野田阪神では、昭和30年代、ナショナルの広告塔が
確かに建ってました。
通天閣が日立電気に対し、
幸之助操業の地の地元、
野田阪神にはナショナルの広告塔が
小さく聳えてました。
ボクが小学生だった頃です。
それが昭和45年の万博の頃には
無くなってました。
その時代、地下鉄千日前線「野田阪神」ができました。
もちろん、当時の写真で実証しました。

後は野田藤の野田へバトンタッチをしました。
以上、駆け足で2時間のガイドの要約です。
福島区歴史研究会から頼まれての仕事を終えて
ホッとしました。
今回、主催者側から配付された地図をアップできずに
お許し下さい。
無断転載はいけませんので勘弁ください。

ご参加の方々のご感想を
ブログトップの「阪俗研」

mailto:tano@folklore-osaka.org

までお寄せください。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員  田野 登

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。