大韓帝国最後の皇太子 李 垠 陸軍中将 | 戦車のブログ

戦車のブログ

戦車のことなど書いてます。
アメンバー・メッセージ、ペタは受け付けていませんので御了承下さい。
ブログの内容・文章・画像を許可無く無断転載を禁じます。
悪質な場合は著作権侵害となりますのでご注意下さい。


テーマ:

李 垠(り ぎん)1897年10月20日 - 1970年5月1日)は、大韓帝国最後の皇太子で、日本の王族、李王。大韓帝国時代の称号は英親王

 

李氏朝鮮第26代国王・初代大韓帝国皇帝高宗の第7男子。

 

母は純献貴妃厳氏。純宗の異母弟。妃は梨本宮守正王第一女子方子。

 

 

李氏朝鮮(朝鮮国)が大韓帝国と改称した年に生まれ、純宗の即位のときに大韓帝国皇太子(懿愍皇太子)となった。

 

 

 

幼少期に当時日韓併合による韓国および朝鮮半島一帯の統治を検討していた日本政府の招きで訪日し、学習院、陸軍中央幼年学校を経て、陸軍士官学校で教育を受けた。

 

その後、1910年(明治43年)に行われた日韓併合によって、王世子となる。

 

 

王族として日本の皇族に準じる待遇を受け、「殿下」の敬称を受ける。

 

 

その後、1920年(大正9年)4月に日本の皇族の梨本宮守正王の第一王女・方子女王と結婚する。

 

 

 

1945年(昭和20年)4月には、軍事参議官に補せられた。

 

 

また1926年の純宗の薨去に伴い李王家を承継したが、第二次世界大戦の日本の敗戦後の1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行に伴う王公族制度廃止により李王の身位を喪失した。

 

 

この日本の敗戦時、李垠は「どうかこれまでと同じ待遇を続けてもらえないか」と日本の内閣に哀願したという証言が残っている。

 

 

李承晩

 

在日韓国人となった李垠・方子夫妻は帰国を試みるが、日本と大韓民国の間の国交は樹立されておらず、その上王政復古を疑う李承晩大統領の妨害などもあり帰国できなかった。

 

朴正煕

 

1959年(昭和34年)3月渡米中に脳梗塞で倒れ、5月に日本へと戻る。

 

1961年(昭和36年)、渡米途中に日本に立ち寄った朴正煕大統領と面談。

 

翌年夫婦ともに韓国籍の回復の通知を受ける。

 

 

1963年(昭和38年)に日韓国交正常化交渉が始まると、同年11月夫婦ともに韓国へ渡るが病身であったため金浦空港からソウルの聖母病院へと直接運ばれた。

 

 

1970年(昭和45年)4月28日、結婚生活50周年の金婚式を病院で開くが、その3日後病院で死去した。

 

 

李垠は王への即位はなかったが、朴大統領の許可を経て王家の宗廟である永寧殿に「懿愍太子」の諡号で位牌がおさめられた。

 

 

方子妃との間に2男。

 

晋王世子の突然の夭折には日朝双方の暗殺説がある。

 

 

1897年(明治30年・光武元年)10月20日 - 出生

 

1900年(明治33年・光武4年) - 英親王に冊封される。

 

1907年(明治40年・光武11年)7月20日 - 大韓帝国の皇太子(懿愍皇太子)になる。

 

1907年(明治40年・隆熙元年)12月 - 日本に留学し、伊藤博文らが扶育する。

 

1908年(明治41年・隆熙2年)1月 - 学習院入学。

 

1910年(明治43年) - 日韓併合によって大韓帝国が消滅したことに伴い、王世子となった。

 

 

1911年(明治44年)9月 - 陸軍中央幼年学校予科入学。

 

1913年(大正2年)9月 - 陸軍中央幼年学校本科入学。

 

1915年(大正4年)6月 - 士官候補生。近衛歩兵第2連隊附。

 

 

1917年(大正6年)

  • 5月25日 - 陸軍士官学校卒業(第29期)。
  • 12月25日 - 歩兵少尉に任官。

 

1920年(大正9年)4月 - (梨本宮)方子女王と婚姻する。

 

歩兵中尉に進級。

 

 

1928年(昭和3年)8月 - 歩兵少佐に進級。近衛歩兵第2連隊大隊長。

 

1929年(昭和4年)8月 - 歩兵第1連隊附。

 

1930年(昭和5年)12月 - 教育総監部附。

 

1932年(昭和7年)8月 - 歩兵中佐に進級。

 

1933年(昭和8年)4月 - 教育総務課員。

 

1934年(昭和9年)4月 - 王妃とともに京城訪問。朝鮮神宮で行われた郷軍全鮮大会に臨席。

 

1935年(昭和10年)8月1日 - 歩兵大佐に進級。

宇都宮の歩兵第59連隊長。

 

1940年(昭和15年)

 

  • 5月25日 - 留守第4師団長。
  • 12月2日 - 陸軍中将に進級。
 
 
1941年(昭和16年)
  • 7月1日 - 第51師団長。
  • 8月12日 - 満州国の錦州へ動員。
 
1942年(昭和17年)8月1日第1航空軍附。
 
1945年(昭和20年)4月1日 - 軍事参議官。
 
 

1947年(昭和22年)

 

  • 5月3日 - 日本国憲法施行により身位喪失。
  • 10月18日 - 皇籍離脱により李垠となり日本国籍を喪失(無国籍)。
 

1970年(昭和45年)

 

5月1日 - 死去、満73歳。

 

 

1936年(昭和11年)の二・二六事件当時、李垠は宇都宮歩兵第59連隊長だったが、2月28日には連隊の一部である混成大隊を直率して上京した。

 

29日0時半に新宿駅に到着した後、九段のホテルを接収して本部を構え反乱軍を鎮圧すべく対峙した。

 

第一航空軍司令官当時、各地の航空隊を視察する時は必ず現地の神社を参拝した。

 

 

1944年(昭和19年)7月26日には副官や参謀を伴って空母鳳翔に乗艦し、海軍の攻撃七〇八飛行隊(一式陸上攻撃機装備)や攻撃四〇五飛行隊(銀河装備)とともに合同で夜間雷撃訓練を行なっていた麾下の陸軍飛行九八戦隊(四式重爆撃機装備)を視察した。

 

 

この部隊は後に海軍の指揮下で台湾沖航空戦に参加した。

 

戦車乗員さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス