10月11日(金)亘理町・称名寺 100回訪問記念ライブ | 谷修(Tanisyu)のブログ

10月11日(金)亘理町・称名寺 100回訪問記念ライブ

お待たせしました!

 

亘理町訪問100回記念

先日の称名寺でのライブです。

 

10月、11月はたぶんなんですけど、

ミュージシャンのみなさんはすごく忙しい時期で、

奇跡的にスケジュールが合ったこの日に選びました。

もちろん、日帰りスケジュールが限界で(笑)

 

亘理町に着いて、まずはお昼ご飯。

 

祈りを捧げ、

 

ここで、大きなハプニング発生。

 

キャッチボールせずにはいられなくなりました。

 

やっぱりいつもよりは気持ちを整えるのが難しいライブで、

そんな中で、気持ちが大きくかき回されることが起きて、

フォトグラファーの宍戸さんにお願いして、

無理やりキャッチボールに付き合ってもらいました。

 

気持ちを落ち着けて本堂へ。

 

準備をひと段落させて、

亘理町の皆様に100回訪問のご報告をするべく、

こちらへ♪

 

仮設住宅で知り合った方も待っていてくれて、

お話できて、とても嬉しかったです☆

 

少しピリピリした時間の流れの中で、

とても良いひと時になりました。

 

再び本堂に戻り、

 

準備を終えて、

 

綿密な打ち合わせとリハーサル。

 

いよいよ本番。

 

とにかく慎重にではなく、

とにかく丁寧に滑り出そうと。

 

丁寧に歌おうとすると、

胸に手を当てたくなるのですかね。

無意識でした(笑)

 

スタートから7曲をMCなしで歌い続けました。

 

このセットリストに話を挟み込む余地がなかったというか、

入れる必要がなかったというか。

歌だけで伝わるだろうというか、

伝わる確信がありました。

 

柴さんや難波さんの気持ちを

推し量ることはできませんが、

少なくとも、私と一緒に演奏してもらってきた中では、

お二人とも、

 

見たことない表情で演奏されていました。

 

♪手紙

♪鎮魂の杜(歌を入れて)

 

この2曲をどのようにお届けするか。

もとい、歌うかどうか。

 

100回目の訪問とライブが決まってから

ずっと考えていました。

 

歌いきれてホッとしたのですが、

あれだけ悩んで、あれだけ考え抜いて結論まで導いた

セットリストなのに、ステージから降りて、

控え室に戻って来たときに後悔がありました。

 

♪手紙

♪鎮魂の杜

 

の順に歌ったのですが、

 

順番が逆だったかなって。

 

最終的に時制を優先したのですが、

手紙を歌うことへの恐怖心が大切なものをかき消していました。

 

歌ってみて、いつのまにか、

こんなに今の気持ちにリンクして、未来に溢れた楽曲になっていたことに、

気が付いていませんでした。

 

過去の自分にも謝りたいです。

 

先に鎮魂の杜を歌って、手紙でそれを受ければよかった。

ってステージ降りて真っ先に思ったんです。

正解はないのですが。

 

それでも、私が伸ばした手が、

みなさんに届いていたら嬉しいです。

 

とはいえ、本当に掛け替えのない時間となりました。

 

最後はいつも通り弾けちゃいましたし(笑)

 

誰一人欠けても作り出せなかったな。

 

そう思えるライブとなりました。

本当にありがとうございました。

 

余談ですが、本当はテレビ局の取材が入る予定でした。

台風の緊急放送により、直前でなくなってしまったのですが、

そのお話がしたかったわけではなく、

テレビや新聞に私の存在と100回目の訪問を伝えてくださった

方々がおられたということです。

そのご厚意とご行為が本当に嬉しかったです。

 

台風が迫っていたので、ライブ後は打ち上げもなしで、

急いで東京へ。

 

守谷SAに着いたとき、まだ比較的穏やかな天候だったので、

フードスペースでささやかに打ち上がりました♪

 

現在101回目の訪問も終了していて、

練馬文化センターコンサート前に102回目の訪問があります。

 

邁進します!