Road to 0721④ | 谷修(Tanisyu)のブログ
2018-07-19 20:44:55

Road to 0721④

テーマ:亘理町

亘理町に通い始めて1年近くが経ち、

震災から2年の年。

 

町民のみなさまから少し諦めにも似た言葉が聞かれるように

なってきました。

 

自分に出来ることは何か。

「一緒に頑張って行きましょう。」

と当時の私が言ったところで、自分の生活がある中で

真に伝わるところが欠けていると感じました。

 

「じゃあ、自分もゼロから何かを始めて

 実現させることで、それが叶った時に改めて

 「一緒に頑張っていきましょう。」と伝えよう。」

 

と決めました。

 

・被災地の方に勇気を持ってもらえるように

・中央公民館で舞台をプロデュースして

・自分も役者に挑戦して

・東京、亘理町のたくさんの方々に参加してもらって

・舞台を成功させる

 

と目標を設定。

 

脚本家の方に許可をもらうため、

群馬県まで会いに行きました。

 

亘理町でこの脚本で

舞台をやりたいことを説明

大江戸に降る雪

脚本:山口信乃介さん

 

快諾いただきました。

 

山口さんに紹介していただいた役者さん

お一人お一人にも会いに行って、

出演を快諾いただき、

「ただ舞台をするだけでなく、亘理町の方々と

 交流を深めた上で舞台をやりたい」

ということを説明。

 

役者さん達と月に1回亘理町を訪問し、

 

ボランティア活動を行いました。

 

こちらが

亘理のトマトケチャップの原料だったんですよ♫

 

東京では

 

舞台稽古を重ね、

 

舞台のフィナーレで降らせる紙の雪を

 

東京

 

亘理町のみなさんに

 

作っていただきました。

 

この頃、

練馬文化センターワンマンコンサートも同時進行

 

亘理町長(当時)や

 

マスコミの方々も巻き込んで

 

あ、テレビの方々も雪作りしてくださいました♫

 

ちょっとだけミュージシャン

 

舞台本番1週間前から現地に入り、

亘理高校の演劇部の方達にも参加してもらいました。

 

舞台本番

 

精一杯演じさせていただきました。

 

そして

 

みなさまが作ってくれた雪の上で、

ゼロからこの舞台を成功させた人間として、

 

「犠牲者の方々に鎮魂の雪を

 被災者の方々に幸せの雪を

 これからも一緒に頑張っていきましょう。」

 

とお伝えしました。

 

そして良く年、2014年に続きます。

谷修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス