2016年10月第3週の傾向 | 3年前のしこうの楽しみ

3年前のしこうの楽しみ

ブログの説明を入力します。

やっと過ごしやすくなってきたというところでしょうか。
もしくは朝晩は少し冷えるという人もいるかもしれません。
10月もそろそろ半ばにさしかかり秋も深まりそうだと感じます。

そんな時期ですが先週はどのような様子だったでしょうか。
うまく進むことができたでしょうか。
それとも緩慢になってしまったでしょうか。

ゆっくりながらも着実に積み重ねられたという人もいたことでしょう。
より深い自分の本音に気づけたということもありそうです。
一方で思ったよりもやるべきことができなかった人もいるでしょう。

集中力が続きにくかったということもありそうです。
また疲れが溜まりやすかったという人もいたかもしれません。
何となく体のだるさが取れないということもあるでしょう。

全体的には緩やかながらも変化のうねりがあったような気がします。
そのため思っているよりも負荷がかかっていた可能性はありそうです。
それは肉体的にも精神的にも気づかないレベルで何らかの影響を与えているかもしれません。

もしそうであるとしたら早めにケアして整えておきたいところです。
その実感がないとしてもセルフチェックくらいはしておきたいものです。

さて明日からの第3週の傾向です。
スロースタートで急坂になっていく印象です。
なので前半は静かな動きの少ない感じかもしれません。

仕事などへのエンジンもかかりにくいこともありそうです。
特に朝が弱い人は要注意です。
その調子のまま気づいたら夕方になっていたということも起こりえるでしょう。

とはいえこういう時は落ち着いて思考するのには向いています。
あらためて内省する時間を取ることで次の方向性が見えてくるかもしれません。
後半に入ると荒々しい様子になりそうです。

これは突発的なことが生まれやすい状況です。
それが望ましいものである場合は浮かれないように注意したいものです。
アップしすぎると落とし穴が待っているかもしれないからです。

適度に懐疑的になりながら受け取るくらいがちょうど良いバランスだと推測します。
逆に望ましくない事象であるなら悲観的にならずにチャンスととらえてみましょう。
きっとそこにはステップアップへの重要なエッセンスが含まれているはずです。

これが大きな一歩を踏み出すことになる現象ということもあるでしょう。
そんなわけで自分自身はひとまず何が起きても俯瞰できる意識を保っていこうと思います。

谷 孝祐
2016.10.9 23:02