2016年7月第3週の傾向 | 3年前のしこうの楽しみ

3年前のしこうの楽しみ

ブログの説明を入力します。

先週はどのような様子だったでしょうか。
停滞気味になってしまったでしょうか。
それとも少しでも進むことができたでしょうか。

やる気が起きなかったという人もいたでしょう。
逆に習慣化がうまくいった人もいたかもしれません。
もしくは自己一致感が増してきて推進力が出てきたという人もいそうです。

いずれにしても体への負荷は強かった可能性が高そうです。
個人的には進んだ印象はないものの課題の答えが出たので中だるみでもありませんでした。
これは状態維持を意識した成果だったのかもしれません。

金曜日くらいからスッと何かとつながりはじめた感じがありました。
それは自分の中のものだと推測します。
ただ体感覚的には天地両方とのコネクトのような気もします。

もしかしたら自分の軸の安定感が増したのかもしれません。
これを維持するためにも状態の管理は引き続き注意しようと思います。
とかく背中が張りやすいので特にモニタリングしたいものです。

さて今週の傾向です。
概ねひとまずの落ち着きといった方向性でしょう。
なので比較的安定しやすいと言えそうです。

これは外的な力の影響度が下がるということでもあります。
そのため自分自身を見つめるには良いタイミングになりそうです。
今まで認識していなかったより深い課題が明確になるかもしれません。

場合によっては生まれてきた目的や過去生についての気づきがあるかもしれません。
この流れに乗ってより主体性を高めていくと効果的でしょう。
一方で依存心や期待が強く出るとバランスを崩しやすくなります。

場合によっては急激にネガティブスパイラルに入りかねません。
逃げ腰から後ろに転んでしまうようなイメージです。
ということで自分に起こる現象に責任を持ちつつ向き合うのが良いでしょう。

可能であれば気になっていたけど不安や怖れなどでできていないことに着手しましょう。
ある意味でそれは逃げてきていることだからです。
その蓄積はいずれ足元をすくわれる原因になりかねません。

だからこそ先手でいきたいものです。
注意点としてはスムーズに物事が進んだ結果として無理がかかるというところです。
そういう時はペース配分を意識して意図的にゆっくり行うのが良いでしょう。

あえて休息をとる余裕を持ちたいものです。

谷 孝祐
2016.7.11 9:18