2016年5月第3週の傾向 | 3年前のしこうの楽しみ

3年前のしこうの楽しみ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

この5月もちょうど折り返しのタイミングです。
いよいよ気候も夏に向かっていく頃かもしれません。
そんな時期ですが先週はいかがだったでしょうか。

グラウンディングが進んだ感じはあったでしょうか。
おそらく何となく実感があった人もいたかと思います。
逆に何だかふわふわしてしまったという人もいるでしょう。

もしくは向き合うべき課題が明確になったということもありそうです。
人によっては手放す作業が進んだことでしょう。
自分のことを振り替えると流れの切り替わりだったのかもしれません。

もしくはその準備が整った気がします。
喜ばしいことではありませんが祖母の他界はその象徴ととらえることもできるでしょう。
それだけでなく大学院にやっと主体的に関わりだせたようにも感じます。

また新たな生活スタイルにも慣れてきた様子です。
そして何となく今までとは違う気持ちになっている気もします。
これが具体的に何かはまだわかりませんが様子をみていこうと思います。
いずれにせよ今まで以上に日々の積み重ねを大切にしたいところです。

さて今週の傾向です。
どうやら以前とは異なるパターンの出来事が起きやすそうです。
特に変化がスムーズに起きている人ほどその可能性は高いでしょう。

それは意外なことだったり理解しがたいことだったりするかもしれません。
主観的には望まないことである場合もありそうです。
もちろん気づきにくい些細な変化であることも多そうです。

どうであれ基本的にそれは今までと違う感覚を引き起こすものになるでしょう。
そのために反応が強く出たり逆に無視してしまったりということになりやすそうです。
なのでどんな違いが生まれるのかを意識しておくと良いかもしれません。

あえて変化を発見しようという意図を持っておくということです。
その上でもし見つけられたら意味づけせずにそのまま認識したいところです。
つまり否定も肯定もせずにそのまま受け取りたいということです。

そうすることで新たな自分の状態が安定しやすくなるでしょう。
まずはこの蓄積が進んでいく力になる感じがします。
そんなわけで日常のすべきことに気を取られすぎずにその瞬間を味わえる感性を保っておきたいものです。

谷 孝祐
2016.5.16 8:57