2016年2月第2週の傾向 | 3年前のしこうの楽しみ

3年前のしこうの楽しみ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

2月のスタートはいかがだったでしょうか。
なんとなくスムーズになった感じがしている人は多いかもしれません。
落ち着いて考えやすくなったという人もいるでしょう。

今までよりも潜在意識の深い部分にアクセスしやすくなったという人もいたようです。
逆にまだまだ課題が出続けているということもあるかもしれません。
振り返ると個人的には初めて体験する類の変化の時期だったように感じます。

それは変わる実感の薄いまま何かが移行したかのような感覚です。
こういう時は今までであれば切り替わるような体感が伴ったのですがそれがありませんでした。
無段階的にやんわりと変わっていってあとから認識するというようなイメージです。

また長距離移動しながらの1週間だったので余計にそう感じたのかもしれません。
強く意図していないけれどちょうどうまくいくということが多い状況でした。
それは目的地に予定通り到着するという程度の軽いことですが積み重なると大きなものです。

結果的に順調だと思える度合いが増したのです。
こうなってみて初めてうまくいかないという選択肢がまだまだ自分の中に存在していたことに気づきます。
完全にそれがなくなったわけではないでしょうがまずはこの順調さを定着させていきたいものです。

さて今週の傾向です。
前半は道に迷いやすいかもしれません。
それは現実的に行き先に着かないということもありえますが心理的に見失うということの方が多いでしょう。

すでに自分の軸が定まっている人は影響を受けやすいととらえることもできます。
なのでいつもよりも自分自身の状態を維持しようと注意しておくと良さそうです。
ここでブレなければより自分らしさの安定感が増すことでしょう。

かといって一概に翻弄されることが悪ういわけでもありません。
その中にも得られるものがあるはずです。
もしそうなってしまっても焦らず今までとは違う視点でとらえるようにしてみましょう。

そうすることで視野が広がり見えていなかったことが認識できるかもしれません。
そしてまだ自分の軸が弱い人は仮定的で良いので自分にとって有益な行動指針を決めてみましょう。
できる限りそれに従うことで自分を取り戻す流れに乗れるように感じます。

このタイプの人は何となく今週が過ぎていくというのは避けたいものです。
後半になると安定感のある活性という状況になっていきそうです。
前半に受け取ったものをしっかり定着させる期間ととらえておきましょう。

特に大きな変化があった場合は変化後の状態を維持することに努めましょう。
この1週間はふらつきながらも真っ直ぐ進んでいくというイメージで過ごしてみようと思います。

谷 孝祐
2016.2.8 8:40

谷孝祐さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス