金や名誉に屈しなかった男が予知したスノーボードの未来 | プロスノーボーダー 谷口尊人のブログ
2018年02月13日

金や名誉に屈しなかった男が予知したスノーボードの未来

テーマ:スノーボード

 

スノーボード競技が長野オリンピックから開催が決定された時

 

その時代で1番強かったスノーボーダー、Terje Håkonsen(テリエ・ハーコンセン)は

 

オリンピックをボイコットした。

 

その理由は色々あると思うけど

 

スノーボードを目の敵にしてきたスキー連盟がオリンピックのスノーボードの大会運営を

 

することになった為に彼はボイコットした。

 

 

当時自分はなぜ?その理由でボイコットしたのかわからなかったし、

 

彼の滑りをオリンピックで見たかったと思っていた。

 

 

それがきっかけで、スノーボードブームを牽引した国際スノーボード連盟は潰れた。

 

 

選手がオリンピックを出れる大会に出るようになった。

 

 

 

もしかしたら、テリエはボイコットした時に今の未来を見据えていたのかもしれない。

 

 

 

世界で1番上手いスノーボーダーは世界中の名誉より

 

 

スノーボーダー達の未来を守る選択をしたのかもしれない。

 

 

その後テリエはTTRというスノーボーダーの為の大会を作り、選手の為の大会を作った。

 

 

 

その時代、プロを目指すスノーボーダーからプロスノーボーダーの誰もが憧れるであろう

 

アークティックチャレンジという大会をテリエが開催した。

 

当時ものすごいインパクトがあった。

 

アークティックチャレンジで勝利した人が今一番上手い人と言えるくらいかっこよかった。

 

 

 

そのアークティックチャレンジに自分が出場した時運営サイドの考え方が素晴らしく

 

 

悪天候ならば、大会スケジュールを延期し、その日は選手をバスでスキー場に連れて行ったり

 

 

彼の生まれた国、ノルウェーの観光スポットに連れて行ってくれたりと

 

 

選手のモチベーションが下がらないように常に配慮してくれた。

 

 

希望者は朝サーフィンに連れて行ったりととにかく愉快な大会だった。

 

 

 

スノーボード連盟が大会運営に関わっていたら、とか思うけど

 

 

オリンピックだからね。

 

アークティックチャレンジも4回かな?出場したけど

 

 

すげーダメなクォーターパイプ作ってた時もあったから

 

 

そんな時もあるのかな〜とか思っちゃう。

 

 

ただXゲームとかエアーアンドスタイルとか良すぎる物見ちゃってるから

 

 

世界で1番の人を決める!!って事が一番有名なオリンピックで失敗しちゃうと

 

 

残念すぎる。

 

 

上手い奴は決めてくるけど

 

 

どうせならその上手い奴が全開で滑った滑りを見たいよね。

 

 

 

ハードな中果敢に攻めた選手達は本当にかっこよかった。

尊人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス