こんにちは。

衛生士の金本です。

 

ハロウィンが終わるや否や、

TVのコマーシャルも町も

クリスマスバージョンに切り替わりましたねo(**)o

 

ハロウィン~クリスマス

甘いものを食べる機会が多いですよね。

年末年始に歯が痛くなって、

開いている歯医者さんを探す!という経験はありませんか?

 

虫歯のなりやすさは主に生活習慣など

環境に左右されることが多いです。

 

Newbrun(ニューブラン)

という学者が虫歯の絡み合う要因を4つの輪で表現しました。

 

 

 

 

 

 

※食事

※虫歯菌

※歯、唾液

※時間

 

です。

 

食事をすると、虫歯菌が食事の中に入っている糖分を

栄養に酸を出して歯の表面を溶かします。

しかし、食後は唾液の力などにより、

酸が中和され溶けた表面を元に戻そうとする

再石灰化」という作用がおきます。

ただし、だらだらとお菓子などをつまんでいると、

再石灰化する時間がなく、歯に穴があいて虫歯になります。

4つの要因から歯を守るために、

すぐにできることがあります。

食事やおやつは時間を決めてメリハリをつけて、

だらだらと飲食しない!

そして、しっかり歯磨きすることですね。

 

快適な食生活を続けるためにも、

セルフケアを充分に行っていただいた上で、

定期的な歯科健診にいらしてくださいね。m()m

 

 

 

医療法人社団西宮市タニダ歯科医院ホームページ