高知 一泊三日

テーマ:

こんにちは、衛生士の金本です。

 

先日、高知に行って来ました。

321日に出発し、高知市内で一泊しました。

残念ながら、1日目は、ずっと雨でした。

 

高知市内に入ってすぐに、ひろめ市場で昼食をとりました。

 

高知で一押しのご当地グルメと言ったら「鰹のたたき」ですよね!香ばしく燻された皮と、味がギュッと締まった身は、食べ始めたら止まらない一品です。

目の前で藁で焼く光景は食欲をそそります。

 

その後、高知城、桂浜とお決まりのコースをたどり、今回の宿泊先の「かんぽの宿」に到着。

夕食は、高知ならではの「皿鉢料理」をいただきました。

 

2日目は、お天気になったので、四万十川まで足をのばし、屋形船に乗る予定で車を走らせ現地に着いてガッカリ

増水しているので、沈下橋の下を船が通れないのです。

前日が雨なので欠航してると思い2日目にしたのに、リサーチ不足を後悔しました。

でも、三ヶ所の沈下橋を渡ることができました。

増水して川の流れが速いので迫力がありました。

 

高知は暖かいので、桜が五分~七分先のところもあり、予想外のお花見ができ癒されました。

 

 

少し欲張って、柏島まで行ってきたので、帰宅したときは、日付が替わり、一泊3日の旅になりました 

 

最近では、桜の花見を目的に、日本に訪れる外国人観光客が多いようです。

 

桜の情報が報道されると、観光地に出かけたくなりますが、近所でも、3月末頃から桜が満開になっていました。

地元でも、充分楽しめました。

 

医療法人社団西宮市タニダ歯科医院ホームページ