完了検査 
建築基準法第7条第1項に定められた手続きで、建築工事が完了した場合に、特別の理由が無い限り4日以内に受けないといけない検査です。
建物を建てる前に受ける『建築確認申請』
そしてそれに合致した工事がどうか、工事途中で検査する『中間検査』を経て受ける検査で、これに合格すると『検査済証』を交付してもらえます。

しかしこの『検査済証』が交付された建物の数は、完成時期が古いものほど少なくて、国土交通省がまとめた資料によると、1998年度時点で建築確認申請を受けた建物の『検査済証』が交付された割合はなんと38%。そのより昔になると経験上、交付を受けている方が珍しい状態です。
しかし、現在はこの交付を受けていると受けていないとでは増改築等を行う時に手続きに大きな違いが出てくる事などからか、8割~9割まで上昇しているとの事ですが、まだ1割は受けていないのが現状。
随分ややこしい話となってしまいましたが、キチンと決められた事はキチンを行いましょうって事です!
増改築等の手続きについて書いた記事は こちら

お引き渡し前の工程や事務作業もひとつずつ終わっていって、手塩にかけたこのお家が嫁ぐ日も間もなく、住まい手にも可愛がってもらえるといいんですけどね~


最後まで読んで頂きましてありがとうございます!


お知らせ

谷中幹工務店H・P ←過去の施工例載ってます。
 和歌山県田辺市上秋津1951-3 
  電話 0739-35-0710  


ご感想やご意見を頂けると嬉しいです。
どうぞお気軽に
こちら