GLOBAL GAPへ!?

テーマ:

 

農業は環境破壊だ。
「環境保全補助金がもらえるって!!」
と嘘をついて父を引き連れ国際水準GAPの講習に盛岡へ。笑 


昨年から少しずつ
GoodなAgriculturalのPractice
略して「GAP(ギャップ)」の実践を念頭において農業の生産活動に取り組もうと思ってます。

GAPは農業における食品安全・環境保全・労働安全・人権の保護等の持続可能性を図るための手法であります。

これは国際社会の要請でもあり、今を生きる農家としての次世代への責任でもあると思ってます。
目まぐるしく変化する世の中で、
実際に近代日本農業を生きてきた父と、新参者の私とではすでに世代間の思考の格差を感じてました。

幸い、父は勉強熱心なオヤジなもので、こういう最先端の目新しい場所に投入すれば、
私のやりたい農業の実践も容易だろうなと。笑

案の定、講習を受けた後の帰りの車の中での2時間の会話は
今後のリスク管理と改善策の話であっという間に家につきましたわ。笑

 

 

GAPという言葉は最近いたるところで耳にする機会も増えてきたかと思いますが、
Global GAP以外はなかなか現状国際水準ギャップとはいえず、
私もこの水準まで数年計画で認証までもっていけたらなと思ってます。

私はGlobalGAPの手法のもと、国際競争力を兼ね備え、うまいにんにくを作る農業家になりたい。



って、
あぁ、デカいこといっちゃたなー
かなりハードルも高いですが、追い込まないとやらない人間なので、
頑張ります。。。トホホ

てか、国際水準GAPの同等水準の認証機関は日本に10社、
東北には盛岡に1社。
盛岡けっこう遠いよ~~
このあたりの整備も早急にお願いしたい。汗

 

 

【種子にんにく農園】
種子にんにく農園WEBサイトはこちら

種子にんにく農園FBページはこちら