トライアル小雪、もう返さんよ家族だからと嬉しい言葉 | 種子島アニマルレスキュー

種子島アニマルレスキュー

種子島に移住して、たった一人で動物の保護と里親探しの活動を頑張っています

こんにちは、種子島アニマルレスキューの吉岡です。

 

夏の終わりを告げる南西諸島のセミ、

クロイワツクツク(ツクツクボウシと同じ種類)

鳴き声が珍しいんです。聞いたことない鳴き声

興味ある方はググってみてくださいね。

 

そのセミ達も私と同じ早起き、今朝も4時頃から鳴いています。

今月末までかなぁ、クロイワツクツク達の命・・・最期になります。

来年の夏の終わりごろだろうね、又君たちの子孫と会えたら嬉しいです。皆んなの地球、命のバトンタッチ、ありがとうね。

 

 

 

昨日ブログで紹介した、トライアル中の白柴MIXの小雪は、とても良い子にしているそうです。

 

↓ブログを書いているときに足元で寝ている数日前の写真

右側の白いワンコが小雪

小雪は粗相もせず、お父さんにくっついているそうです。

 

お父さん曰く

「あんたには返さんよ、小雪は我が家の大切な家族になった」と。

はい喜んで♪

でも決断、早っ!かなり情が沸いている様子でした((´∀`))

 

お父さん、正式譲渡の時には迷子札の連絡先をお父さんの携帯に作り替えますね。

私は種子島で親戚が増えた感覚で安心しています。

小雪のお父さん、明日は仕事帰りにフィラリアのお薬を届けますね。

 

家では小雪がいないので、チワワのゴロンが探しています。

あれ??土間にいつもいる小雪おらんやん。どこ行ったん?

ゴロンは生まれつき下半身不随、12年前子犬の時に、大阪の枚方市の山田川公園に段ボールで捨てられてました。

 

ゴロンにはテンカンと脳障害があり、頭をずっとグルグル回す犬でした。

 

公園の管理事務所からの依頼で一時保護をしてくれた動物保護施設では、この子は生きている事が苦痛なので麻酔をかけての安楽死をしてあげましょうと(思いやりの安楽死です)なっていました。

 

だったら私が責任をもって育てます!!!

と無理やり引き取った犬です。

 

引き取った後、MRIなど検査もたくさんしましたが、何がどうのって不思議と分からなかったみたいです。神経など全部正常でした。

そのうちグルグルやテンカンも無くなり、歩けないけど普通に元気です。

ゴロン:「お母ちゃん、親孝行は長生きする事だよね」

12歳になってから気管支虚脱で咳き込む時も多いけど、ゴロン長生きしてね!(^^)!

 

 

 

今夜は、子猫や犬を、時々お手伝いをしたいと言ってくれている親子さんが遊びに来てくれる予定です。情操教育にもなるのかもね。

晩ごはん作り、頑張ろっと(^^)☆

(何にしようかなぁ)

 

 

今、奥の部屋では大運動会

朝4時から7時半まで子猫のフリータイム、

(かわいそうだけど、お昼はケージでお留守番)

 

 

雪よ岩よ、我らが宿り、俺たちゃ町には住めないからに♪

歌詞合ってたかな?

吉岡コネコ東大登山隊、広げていたよしずもこのように遊びアイテムです。

遊びざかりのケージでのお留守番は、かわいそうだから、

もう少ししたら子猫8匹をワクチンを済ませ

↓の猫ハウスに1日中フリーにしようかと考えています。


 

猫ハウス、ドアを開けるとババーっと猫が母屋に入ってきます。

猫たち:「ごはん🍚まだかなァ」

 

猫ハウスの住人のチョロ君

:「ちびっ子は落ち着きが無いのでお断りしたいんですけどぉ・・」

 

 

同じく猫ハウスの住人、カワウソとスキャットガールも↓

以下同文で

うざいからちょっと迷惑

母:「仲良くしたってね(=^・^=)」

 

 

 

台風の時に家に入れていたサボテン、今日は外に出そうと思ってた矢先、ジャンボ猫のアメちゃんが邪魔します。

狭い所にはまってるのが好きみたいです

アメちゃん、めっちゃ可愛い

 

私はと言うと、最近おしゃれなカップにはまっています笑↓

食器棚からカップを出すのが面倒くさくて、目の前にかけてあるお米のカップで・・・あかんやんね((´∀`))

このように大雑把な私、でも動物の幸せに関しては細かいです。

 

 

↓保護予定だった、種子島に一年間だけの宇宙留学中のYさんの相談の子猫です。吉岡さん、情がわいて手放せないので大家さんと相談して飼いますと。

私: はい、Yさん、そのお気持ちすごく分かります。

種子島の留学が終わった1年後は必ず関東の家へ一緒に連れて帰ってくださいよ、置き去りは絶対ダメですからねと念を押しました(^^)

 

そんなこと当たり前だのクラッカー(関西人には分かる笑)

もちろん分かってくださる方だと信じています。

幸せになってね子猫ちゃん。

 

 

それでは、私もボチボチ外猫のエサやり、

その後はお仕事に行く準備始めます。

 

今日も皆様にとって平穏無事な一日でありますよに。

最後までお読みいただきありがとうございます(^^♪

 

 

 

種子島アニマルレスキュー

吉岡裕美(よしおかひろみ)

 

〒891-3601

鹿児島県熊毛郡中種子町納官4220-1

090-1593-8485

zrocchi1@docomo.ne.jp

 

欲しいものリスト書かせていただきます。

・子猫フード(ドライ・缶詰・パウチ)

・成猫フード(ドライ・缶詰・パウチ)

・猫砂(燃えるゴミで出すので軽い素材・おからや紙砂など)

・爪とぎ

・猫2段ケージ

・猫のキャリー

・ペットシーツ(ワイド・スーパーワイド)

・ドッグフード

・古新聞

・古いタオル(洗っている物)

 

・募金を考えてくださっている方は、

 上記のメール、HPからのご連絡、

 または直接のお電話をお願いします(^^)

 

 

島内・島外からのボランティア様もお待ちしています。

島外の方は、お昼は十分時間があるので種子島観光も連日できます。種子島は釣りやサーフィンのメッカ、海が楽しめます。

女性なら我が家にお泊りも(犬猫の添い寝付き)、無料です。

軽自動車を無料でお貸しできます。ボロボロですが(^^)

 

 

HP↓

https://tanegashima-animal.com/

 


 

 

ランキングに参加しています。

ランキングが上がれば閲覧数が多くなり、保護活動をよりたくさんの方に知っていただけるチャンスが増えます。

宜しければ、下のボタンをクリック宜しくお願いします!

 


保護活動ランキング

 

 

 

追記: 昨年から今までの活動の様子はほんの一部ですが、インスタにあげています。

もし宜しければ、下のリンクをクリックしてご覧ください。

 

 

 

もし宜しければ、下のリンクをクリックしてご覧ください。