わたしの足るがあっての

他者に対する優しさは

今日も世界中に溢れてる。

でも

わたしの不足があってのそれは

今日も世界中で枯渇してる……って。

でも

仕方ない。

だってそんなの当たり前だ。

でも

そんなことを平気で

やってのける集団なんだって

和を命じた人が、

あの新元号の、

真の名付け親が言う。

なぜ

前者でなくて後者が

世界の和に必要なのか

細かいことは

知らないけど。





誕生日ケーキ
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。m(_ _)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村