科学は
平均寿命を百歳にするより先に


死の原理を
明らかにしなければならない。


明らかにしているのであれば
それを公にしなければならない。


それは 人間の存在価値を大きく変え
終末医療のみならず 国家をも動かし


結果、


第一者……病苦、生活苦、孤独感。

第二者……介護、家計負担による閉塞感・疲弊。

第三者……公共料金や増税に対する疑念。


これらを健全に
解消へと導くアイデアが


民の間から
生まれ出るに違いない。





おじいちゃんおばあちゃん
お母さんお父さん

ランキングに参加しています。
1クリックして頂けると嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村