合計から、残りを引く【会計恒等式】

NO.096 2017.1121

 

日は、広島市内で大人気、

ますます店舗展開が好調な

『餃子 龍』に行ってきました。

 

う、何個餃子食べたか

わかりません。爆  笑爆  笑
普通の餃子、チーズW餃子、

ネギかけ、その他もろもろ・・・。

べた数を数えながらなんて

食べませんよね?ウインク

 

でも何個たべたかはわかります。真顔

 

初め、テーブルに餃子はなかった。
当たり前ですが、・・・。
8人前(一人前6個)注文した。

食べ残しはしなかった・・・。

 

48個です!爆  笑爆  笑爆  笑
餃子はダイエットにも良いそうです。

チャーハンは抜きました♪照れ

 

『問題は、量だよ!量!ムキー

と思った人は、こちらをクリック!おねがいおねがい
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

昨日の振り返り

日は売上がそのまま今月

入金されるわけではないことを

お話しました。
 

 

売掛金が回収されるのでしたね。

 

 

日は右上にある売上原価の

お話をしたいのですが、その前に

お話しなくてはいけないコトがあります。

 

会計恒等式と棚卸しについてです。

 

会計用語は、わかりにくい

般的な製造原価報告書と

損益計算書です。

 

れを見ながら進めようと思い

ましたが、かなり項目数を減ら

して簡単にしたにも関わらず、

わかりにくい。

 

 

やる気が起きませんね…。

見ていたくない。

 

 

こで、小学校5年生にもわかる様な

日本語にに書き直してみます。

 

簡単な言葉に書き換えてみる

少、言葉の正確性を欠くかとも

思いますが、ザックリつかむと言う

ことで、ご了承ください。

 

うでしょう?

これなら何とか、いけるのではない

でしょうか?

 

さらに、色をつけてみます。

 

て欲しいのが、この色をつけた

部分の規則性なのです。

拡大します。

 

 

れも先月までの残り(青)に、

今月分(緑)を足して合計(黄)を

出して、そこから残った分(橙)を

引いて使った分(赤)を計算して

出していますね。

 

 

れが、会計恒等式の考え方でした。

 

会計恒等式がわからない方は、ここで一旦、

下記のブログを参照下さい。

右矢印082 同じ量でも、同じモノとは限らない【会計恒等式】
右矢印083  季節変動する商品の適正な【在庫数量】

 

 

 

 

の式を変形しています。

左側をまず計算して、合計を出して、

その合計から、残った量と引けば、

使った量が出るという考え方です。

 

 

ぜ、そんなまどろっこしいコトを

するのか?

 

 

良いところに気がつきましたね!

 

 

それは、正しく作った量の計測が

行われていない可能性が高いから

です。

 

日々、動く量の計測は、間違える

可能性が高いです。

 

 

 

 

れに対して、

先月から残っていた量(青)、

今月の残っていた量(橙)、

買った量(作った量)(緑)は、

明らかだからです。

 

棚卸しが利益を決める

ると、残った量を数えることが

非常に重要な業務になるコトが

わかります。

 

 

ぜなら、その数によって売上原価

が決まります。そして、その額を

売上から引いて粗利を計算するわけ

です。

 

 

つまり、この数を数える業務は、

利益を決める重要な業務なのです。

 

 

際に数えた数字と、計算上の

数字を比べて、間違いがないかを

確かめるのが棚卸しです。

 

もし、実際より多く数えてしまえば、

その分使った量が減ったコトに

なって、利益が上がるコトになります。

 

 

に、少なく数えれば、その分

使った事になり、利益が下がる

ことになります。

 

 

どちらにしても、正確な現状把握が

出来なくなることになります。

だから、数えやすいと言うことは、

それだけで価値があります。

 

 

も、『棚卸し、めんどくさいなぁ~』

と思っていました。

 

 

の時、この業務が利益を決める

業務だと知っていたら、

鯖をよむことはなかったと思います。

 

 

棚卸し業務が好きな人は、中々いない

と思います。少しでも、棚卸し業務が

好きになってくれればと思います。

 

 


 

あなたの在庫は
数えやすいですか?

 

 

明日の予告先発投手             ■
買掛金と言う名のツケ

 

 

   OK今日のタナーの一言OK

右差し 棚卸しは、利益確定業務

  

   

 

■あなたの想いは、従業員の皆さんに伝わっていますか?
 

 経営者の想いや考えは、経営者自身が考えている以上に伝わっていません。

 私は、経営シミュレーションゲームであるマネージメントゲーム(MG)をとおして、

  1. 経営とはなにか、
  2. 会計とはなにか、
  3. 儲け方はどうすればよいか

を伝えます。
経営を疑似体験する事で、

経営者の考えている事が
伝わりやすくなります。 


さらに、繰り返し受講することで、

  1. 教えるとはなにか、
  2. 教わるとはなにか、

に気づき、主体的に行動する様になります。

 

継続することで、チーム全体の意識と、

行動と、雰囲気が変わります。


開催予定など、より詳しく知りたい方は、

右矢印株式会社 IMPACTのWEBサイトはこちら

 

右矢印メールでのお問い合わせは、こちら。

 

 

後までお読みいただき
ありがとうございます。おねがい
 

 

いつもクリックしていただいて
ありがとうございます。おねがいおねがい

ダウンダウンダウンダウンダウン

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

AD