久しぶりにご一緒させて頂いた
露木達也さんとのDUO 
@渋谷リビングルームカフェ&ダイニング



5年前のこの位の時期だったのではないかしら…
同級生バイオリニストがボサノバを弾くと知り、胎教ボサノバ育ちの私は、バイオリンでボサノバ⁉️と目が丸くなった覚えがあります。

そんな事から当時 彼とレコーディングしていた達也さんを渚小屋で紹介して頂いたのを皮切りに私の険しいボサノバ山の登山が始まってしまったのでした💧

器用に見られますが、実は昔から人並みにこなすのに 時間の掛かる方でして。練習も多分 周りより結構な量やらないと人並みにならない方だと自覚しています。
そんな私が新しい事に挑戦する訳ですから。
そりゃもう簡単なはずがないのです。

あれから5年。
亀の歩みながら少しずつ進ませて貰っていること。
何より沢山の素敵な共演者始め、お客様、
お友達、ダンスの枠を超えた師匠。
出会いの宝物がいっっぱい‼︎

どれもスタートは「やってみましょうよ」と声を掛けてくれた達也さんのひと言からだなぁと感謝の気持ちで一杯になりました。

という事で今日は初心に戻る気持ちで初めてブラジリアンライブを開催した時の衣装を引っ張り出して来たのでした。

大好きなお友達も会いに来てくれて^ ^


がしかし帰りがバタバタし過ぎて肝心な達也さんを撮り忘れる💧あーあ。。

9月で丸5年。
また次の5年もマイペースでノソノソ進もうと思いますので、見守っていて下さいね。
5/19赤羽泉美バースデーライブ@KAMOME


泉美ちゃんの大切にするユニットを全部やってしまえ!というスペシャルバースデーライブ。
14時に始まり終わったのは18時過ぎ。
私は最初のボサノバ室内楽とフィナーレのみですが、ひたすら演奏し続ける泉美ちゃんとピアニスト今井亮太郎さんの集中力たるや脅威です!


ボサノバ室内楽


フルートパラダイス、



赤羽泉美カルテット、そしてフィナーレはフルメンバーで。




それぞれ違った魅力を一度に確認出来るスペシャルな日。
それにしたってメンバーの皆さん、ほんっとに素晴らしい。。それぞれカッコ良すぎた。
今井さんが手掛けて下さったアレンジのお陰で私もバイオリンの魅力をお伝え出来たのではと思っています^ ^ 

段々お客様のお尻や腰が心配になって来たのですが、終演後の皆さまは本当に目がキラキラされていて。もっと聞ける!と仰って下さる方まで。嬉しかったなぁ。

メンバー、お客様、お店。皆んなから愛されキャラな泉美ちゃんへのたっぷりの愛情を感じられる素敵な日でした。泉美ちゃん、改めましてお誕生日おめでとう!

皆さんに頂いたお写真が良いものばかりで選べず!!!嬉しい悲鳴であります^ ^


いらして下さった沢山のお客様、
快く無理を引き受けて下さったスタッフの皆さま
素晴らしい演奏の仲間たち、本当に感謝です‼︎



イチベレワークショップ

テーマ:
先日ブラジル音楽界の奇才、エルメートパスコワール率いるバンドのベーシスト、イチベレ ズワルギ氏のワークショップへ参加しました。


《ムジカ ウニベルサル 》
誰もが参加出来る偏見なき音楽。
楽譜なし。イチベレ氏が断片的に思い浮かんだ即興のメロディを、それぞれのパートにピアノや歌で伝え続け、耳を頼りに一曲を作りあげる。4時間休憩なし。




目の前で繰り広げられる即興作業。
その神業にただ驚愕しつつ、見知らぬ者同士、ブラジル音楽の達人もブラジル音楽に関わりのない人もいるこの環境で、喜びに溢れたこれだけの音楽が成り立つ理由を探していました。

いつ自分に役割が巡って来るかの緊張感。
1つのフレーズが出来上がった時の感動。
リーダーの元、誰もが少しの不安と達成感とを共有する事でお互いを受け入れる温かい気持ちと、同じ方向へ向かう喜びが会場に蔓延していたと思います。
誰かが達成した喜びを仲間として共有し自然に拍手が沸くような環境では愛情ある音楽しか生まれようがなく。
世界平和の縮図のような光景にさえ見えると言ったら考え過ぎなのかな…と漠然と感じた気持ちは最後のイチベレさんのご挨拶で腑に落ちたのでした。

「人類の未来は我々ミュージシャンが担っていると言っても良いのではないか。政治家が喧嘩をしている間に、私達は愛ある音楽を奏でよう」

この日学んだ同じ方法を、イチベレさん抜きでも出来るようになる事。お互いの音、存在に尊敬を持って耳を傾ける。受け入れる。

日本人ミュージシャンにとって、とても難しい課題を突き付けられた気がします。でも、愛ある音楽はそこからしか生まれないのでは。


このワークショップを紹介してくださり
参加に迷う私こ背中を押してくれた友人達と
主催のギタリスト、阿部浩二さんに心から感謝します。