札幌のビール | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!

おはようございます。

スタッフ・スリーです。

 

 

令和元年6月23日 北海道新聞朝刊より

 

「札幌のビール飲み干される?」

 

9月に開催されるラグビーワールドカップ日本大会。

札幌ドームでも21日にオーストラリア‐フィジー戦、22日にイングランド‐トンガ戦と注目のカードが組まれ、約2万人の海外ファンが札幌に集結する。

「ちゃんと準備しないと札幌中のビールが飲み干されるぞ。大丈夫か」。

 

 

 関係者が真顔で心配したという。

ラグビーファンはビール好き、ビールのないラグビー観戦なんて考えられない、ということ。2015年イングランド大会ではサッカーの試合に比べ6倍超のビールが消費されたということ。

 

知りませんでした。すごいですね。

 

 

全国12の開催都市のうち、組織委が最も「ビール不足」を懸念するのが札幌市と大分市だ。特に札幌ドームは他の会場より収容人数が多いうえ、人気と実力を兼ね備えたチームが顔をそろえる。

‐07年のフランス大会では、実際にビールが枯渇する事態が起きた。

‐マルセイユでは、市内の大半のバーが品切れとなり・・・

 

 

          おいしいオーストラリアのワインです。

          もう売ってない。グズン。

 

 

 サッカーのW杯でしばしば問題になるフーリガン(暴走化したファン)ですが、ラグビーファンは飲みすぎによるトラブルはあまりないとされているそう。爽やかな感じがしますね。

 

 これからビールが美味しく飲める季節がきます。楽しみです。