「女性の活用」や「現場女子」など | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!


テーマ:

おはようございます。

スタッフ・スリーです。

 

「昨日のニュース」です。

 

平成30年8月9日 北海道新聞朝刊より

 

「現場女子」もっと進出を

 【室蘭】人手不足に苦しむ製造・建設業の現場への女性の進出を促そうと、室蘭市はパンフレット「現場女子」を製作した。女性採用に積極的な市内の企業の取組を紹介している-

 

 ①「育児休暇明けの女性社員は夜勤を避ける」

 ②「職場で女性が一人だと、子育てで仕事を休むのが心情的に難し  

 いので、複数の女性を同時採用した」などと工夫を紹介している-

 

 

まわりでは人手不足は製造業・建設業にとどまらず飲食業、美容業を営む方たちも苦労しているところです。

政府は女性の活躍への取組として、上場企業の有価証券報告書に役員の女性比率の記載を義務づけているという事です。

 

それでも「女性活用」でインターネット検索をしてみると、女性活用が「進まない」現状を表しているページが8割ほどでしょうか、目につきます。

 

          袋がぱんぱんだー きあつのせいなんだって!

 

 

記事では女性が働きやすい職場にしようという企業努力が伝わってきます。上記②の、複数の女性を同時採用した、というのは良いですね。

ワークシェアの考え方ですね。

 

さて室蘭市は、明治5年の開港以来、100年以上にわたって港を中心に製鐵、製鋼、石油精製、造船など「ものづくりのまち」として発展し、北海道の中心的な工業都市として発展してきた地域です。

 

 -いわゆる「男性職場」でも、女性の働きやすい環境を作ることができる-

 

 企業と地方は今日も頑張っています。

 

 

田中税理士・社労士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ