成人18歳に、改正民法成立!! ~2022年から施行~ | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!


テーマ:

 『成人年齢の引き下げ』が昨日成立しました。

 

 成人の年齢を20歳から18歳に引き下げることを柱とした改正民法と、それに関連する22の法律の見直しが13日、参院本会議で可決・成立した。2022年4月に施行される。

 成人年齢を20歳とするのは明治9(1876)年の太政官布告で初めて定められ、29(1896)年施行の民法に引き継がれており、改正は通算約140年ぶり。

 飲酒、喫煙や公営ギャンブルは20歳未満禁止のままになる半面、有効期限10年のパスポートは18歳から取得できるようになる。

                                       ~平成30年6月13日産経ニュースより~

 

 

 若年者の社会参加の時期を早め、社会のさまざまな分野で積極的な役割を果たしてもらうことは、少子高齢化が急速に進むわが国の社会に大きな活力をもたらすという理由から引き下げられました。

 また、自分自身過去に成人したらできることの真っ先に浮かんだのが、飲酒・喫煙でしたが、この部分は成人が引き下げられても、20歳未満禁止のままになるということで(公営ギャンブルについても同様※パチンコは公営ではないので18歳未満ですが)、成人の定義が変わるとともに以前と同様のままという内容もあるので、慣れるまでしばらくの間は一つ一つ確認が必要になりそうです。

 

先月、ゴルフコースデビューしましたゴルフ

記念すべき第一打は比較的遠くに飛んでくれました音譜

・・・が、その後は登山のようでしたあせる

田中税理士・社労士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ