電力小売り自由化から2年 | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!


テーマ:

おはようございます。スタッフスリーです。

 

 

平成30年3月30日(金)北海道新聞朝刊より

「新電力 続く攻防 北電」

 

2016年4月の電力小売り全面自由化から4月1日で2年になる。

道内は電気料金の高止まりを背景に、新電力は契約が好調-

 

全販売電力量に占める新電力の割合は、昨年10月に18.1%と北電管内が全国で最も高くなった-

 

 

 

         バタビじゃないよ、こどもは飲めないんだよ!

 

 

 

電力の小売り完全自由化からまる2年が経ちました。消費者が自分で消費したい会社を選ぶことができるようになりましたが、新電力使用割合が18.1%に留まっているのか、というのが個人的な感想です。料金的なこと、原発再稼働に反対する気持ち、エコな電力を使いたいという思いで、自由化後すぐ切り替えたい人がもっといるのではないかと思っていたからです。

 

しかし北電にもこれまで北海道の電力を支え続けてきたという信頼もありますね。また賃貸住宅では戸別ではなく建物全体での電力会社契約が主ですので、アパートマンション暮らしの人で、本当は新電力を使いたいのに、ともどかしい思いをしている人も多いのではないかとも思います。

 

 

 

電気も商品ですから、自分が納得のいくものを購入し使えるのが良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田中税理士・社労士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ