セルフメディケーション税制ってご存知ですか? | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!


テーマ:

 2017年1月1日から、特定の医薬品購入に対する新しい税制「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まりました。

       ~発表当初、スイッチOTC税制と呼ばれた税制です~
(正式名称
特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例)

 

 この「セルフメディケーション税制」は、きちんと健康診断などを受けている人が、一部の市販薬を購入した際に所得控除を受けられるようにしたものです。

■対象となる医薬品

医薬品のうち特定一般用医薬品等として認定を受けているもの。

パブロンSゴールドW微粒(大正製薬)』、『ロキソニンS (第一三共ヘルスケア)』、『ガスター10 (第一三共ヘルスケア)』『コーラックソフト(大正製薬)』など、ドラックストアでよく見かける一般的な市販薬が対象となっています。

 

■対象となる人

・予防接種【定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種】

・勤務先で実施する定期健康診断【事業主検診】

 を受けているなど、比較的多くの方が対象になるかと思います。

 

■対象となる控除額

保険金などで補填される部分を除いた実際に支払った特定一般用医薬品等購入費の合計額が12,000円を超えた場合88,000円を限度として所得から控除できます。

※1万2,000円を超えた金額が減税額(戻ってくる金額)になるわけではありません。

 

 また、確定申告が必要ですが、セルフメディケーション税制の申告だけの場合であれば、還付申告といって確定申告の期間以外に申告することが可能です。

 還付申告の期間は、セルフメディケーション税制を申請したい年の翌年1月1日から5年間となります。

 

詳しくは矢印

厚生労働省HP をご覧ください。

 

日曜日にJRタワーホテル日航サッポロ 35Fのレストランで

ランチしてきました音譜ナイフとフォーク

 

お天気も良く、景色は最高でした晴れ

 

 

 

田中税理士・社労士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ