配偶者控除対象パート年収を150万円に引上げか? | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!


テーマ:

2016年11月29日

自民党税制調査会の2017年度の税制改正案によると、

どうやら、配偶者控除の対象の妻の年収を、

現在の103万円から150万円に引き上げるようだ。

 

女性の活躍の場を狭めている「103万円の壁」を

崩し、年収150万円迄に見直す方向。

ただし、夫の年収に一定の制限を設け、

年収1,120万円以下の場合は、配偶者控除額が38万円だが、

 

夫と妻の各々の年収に応じ、

現行の配偶者特別控除のように段階的に差をつくり、

夫の年収が1220万円超えると、

配偶者控除額は、0(ゼロ)になるということか。

 

専業主婦か共稼ぎかを区別しない

「夫婦控除」の創設の方がすっきりする気がするが・・。

 

また、社会保険の130万円との壁の差が出来てしまう

が、今後、女性の働き方が変わるのか?

 

 

 

 

田中税理士・社労士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ