今日のニュース 保育所拡充で出生率はあがるのか? | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!


テーマ:

保育所の不足や保育士の低賃金が昨今大きな話題となっている


政府も大きな課題として捉え、少子化対策として保育所の増加は欠かせないとの認識を示している


子供を預けたいけど、預け先がない

言うまでもなく、両親としては大きな問題であり、出産を考えている夫婦にとっても懸念材料になるだろう


しかし、保育所を増やしたところで本当に出生率があがるかは疑問だ

韓国では保育所の無料化し、一定規模以上の企業に事業所内保育所の設置を義務付けている

日本の少子化対策を先取りした感じだか、出生率は改善していない

原因は経済の先行きに不安が大きな原因のようである


日本、韓国ともに性別役割分業の意識がまだまだ根強く残っており

男性は働き、女性は家事をするという感覚がある

経済の先行きが不透明ななか、男性は結婚に対して不安を感じている

妻と子供を金銭的に支えることが可能なのか不安なのだ


性別役割分業の意識が強く残っているあいだは、いくら女性が働きやすい環境や、保育所の拡充をはかったところで、出生率は上昇しないように思える


たしかに昔に比べると女性の管理職は増え、女性のキャリア形成の幅は広がったが、意識の根底には性別役割分業が少なからず残っているように思える


男女ともにその意識を変えていかなければ出生率の上昇は見込めない



田中税理士・社労士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ