今日のニュース  セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長退任 | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!


テーマ:

まさかの急展開


セブンーイレブン・ジャパンの社長交代が大ニュースとなった翌日に親会社であるセブン&アイ・ホールディングスの会長が引退宣言


これはまさかです


鈴木敏文会長といえばコンビニを日本に根付かせた立役者

いまでもセブンイレブンはコンビニ業界でダントツの1位を走る絶好調企業だ


しかしながら、実は鈴木敏文会長は創業者ではなく、あくまで雇われ


創業者はイトーヨーカ堂の創業者である伊藤雅俊氏(現 名誉会長)である。

伊藤氏の懐刀として成長を牽引したのが鈴木敏文会長である。


現在セブン&アイ・ホールディングスの柱はセブンイレブンとセブン銀行

イトーヨーカ堂はの利益貢献は微々たるものであり、鈴木会長の発言権は非常に大きいものとなっている。


その中での子会社社長の交代決議、否決からの会長退任


一部では鈴木会長の次男が康弘氏が社長に就任するのではないかと言われているが、世襲は行なわれるのであろうか。

康弘氏の実績からみて取締役が納得するのは難しそうである


はたしてここからの展開はどうなるのであろう


すばらしいのは社外取締役がしっかり役目を果たし反対票を投じたこと

権力者の言いなりの社外取締役もいるなかでのこの結果はセブン&アイ・ホールディングスのガバナンスの強さを物語っているのではないだろうか





田中税理士・社労士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ