厚生年金保険料の変更(アップ) | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!


テーマ:

厚生年金保険料の変更


消費税の5%から8%への増額も本決まりのようです。




その前に、毎年10月分支払給料から変わるものがあります


社会保険料(健康保険料及び厚生年金保険料)のうち、10月分納付分から


厚生年金保険料が変わります。


厚生年金は、9月分より変わっているのですが、所得税と違い、


翌月に支給する給料からの控除分、及び納付分からとなるので、


今月(10月分)支払する給料から変更となります。


1.健康保険料 ( 北海道、本人負担額 )

  ①.40歳未満の介護保険料のない者

    5.06% (こちらは、4月払い給料から変更なので今回は据え置き)



  ②.40歳以上~65歳未満

    5.835% (こちらは、4月払い給料から変更なので今回は据え置き)


2.厚生年金保険料 (本人負担分)

   8.56% ( ← 変更前 8.383% )



3.厚生年金保険料の変更によって、所得税も若干変わります。

 

 ≪ 所得税の計算 ≫


 (給与支給総額ー非課税交通費)

-社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料+雇用保険料)=課税対象給料(A)


上記(A) 「その月の社会保険料等控除後の給与等の金額」に、


その者の扶養親族の数を考慮して求めた金額が、「所得税」の月額となります。



10月払いの給料計算時算数、再確認をして下さい。


( 給料計算担当スタッフより )



札幌の税理 札幌市の田中税理士・社労士事務所 はこちら

田中税理士・社労士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ